美容スペシャリストな自分になるために

更新:2018.01.18

作成:2017.05.16

ネイリスト

ネイリストが目指す目標とは?

マニキュア

 

ネイリストの目標って?

好きなことを仕事にできて充実できる仕事と人気のネイル業界。同じネイリストであっても、働く環境や目指す目標は人それぞれです。

ネイリストの多くは店舗のネイルサロンや、個人の自宅サロンなどで働いていますが、最終目標としてフリーネイリストやネイルメーカー、ディーラーなど独立を目指している人が多くいます。また、ネイルスクールの講師やプロネイリストなど経験や知識を生かし活躍する選択肢も。ネイリストは技術や資格があると活躍する幅が広がるため、高い目標に向かって働く人が多いようです。

ネイリストが活躍する場所

万国旗

 

独立する人が多くいるネイリスト。次の目標を目指すうえでどのような働き方があるのでしょうか。いくつかご紹介していきます。

独立して働きたい

ネイリストの多くが独立、フリーランスとして働くことを目標としている人が多くいます。独学で知識や技術を学べばフリーのネイリストになれます。独立するメリットは、収入面が大きくなる、やりたいことができる可能性が高い、時間の調整がきくなど。ネイリストの経験を積んだうえで、自分のやりたい方向性や専門性が定まった人は独立するようです。

ネイルメーカーやディーラーとして働きたい

サロンでお客様と接するのとは違い、商品の説明やネイルの知識・技術を使いながら企業を中心に仕事をします。営業や企画、店舗での販売など幅広く活躍できるので、自分の経験や知識を活かして働けます。

ネイルスクールの講師として働きたい

ネイルスクールの講師として働くうえでJNA認定講師・本部講師・常任本部講師などの資格があると有利になるといわれています。サロンのみのお店で働くと講師になる際に転職をしなければならないため、いずれ講師になりたいと考えている方はスクールと併用して運営しているサロンで働くことがおすすめです。

海外でも活躍できるネイリスト・やりがい

日本人のネイリストは手先の器用な細やかなデザインが評価され、海外で高く評価されています。グローバル化にともない、海外で活躍する日本人も増えているようです。また、自分の技術や知識を高めるために海外に留学する人もいます。

ネイリストは技術や資格が身に付いていれば、場所を問わず海外でも活躍できる技術です。

日本以外でも海外での活躍を目標にすることもできます。

独立開業したネイリストが設定すべき目標

ネイリストとして夢の独立開業を果たした時、とても大切になるのが目標設定です。無計画なサロン運営で長期的にお店を維持することは非常に困難。どういうサロンにしたいのかをしっかりとイメージしてから売り上げ目標をたててください。
 
安定した売り上げを望むなら、まずはターゲットユーザーを決めましょう。例えばオフィス街で常にネイルをしているようなOLさんを狙うのか、住宅街で子育てをしながらでも爪をキレイにしたいというネイル初心者の主婦をターゲットにするのか、比較的自由にネイルデザインを楽しめる学生さんを狙うのか。それぞれで戦略の立て方は異なり、提供すべきメニューや提供金額、サロンの雰囲気作りまで大きく変化します。
 
OLさんを狙うのであれば、他の競合ネイルサロンとの差別化をはかりましょう。オフィス街で働くOLさんは忙しく、なかなかネイルサロンに行く時間を捻出できないもの。働く女性をターゲットにするなら、仕事帰りでも通えるように営業時間を少し夜遅めに設定してみましょう。ネイル初心者の主婦層を狙うのならば、店内の施術メニュー表に詳しい説明書きをしたり、ネイル用語集を置いたりするとネイルアート初心者には安心ですよね。学生さんをメインターゲットに据えるならネイルデザインを豊富に取り揃えたり、友達と一緒に来店することで特典をつけたりと、ターゲットに合わせてサロンを目指すと良いでしょう。
 
ネイリストの仕事に資格は必ずしも必要ではありませんが、独立後に仕事を増やしていくためには多くのお客様から信頼を得ることが重要です。お客様からの信頼を得ることはもちろん、自身の技術向上のためにもぜひ資格取得を目指してみましょう。「ネイリスト技能検定1級」や「ジェルネイル検定上級」、「ネイルサロン衛生管理士資格」は、お客様へのアピールポイントにもなるはずです。
 
もちろん、独立した場合にはネイル以外の勉強も欠かせません。サロンの経営法や経済、簿記など、経営に関する幅広い知識を身につけるようにしましょう。パソコンを使って様々な管理を行うことも増えるので、まだパソコンに慣れていない、いまいち使い方が分からないという人は独立前にある程度のスキルを身につけておくと安心です。
 

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。