美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.05.25

作成:2017.05.23

ネイリスト

爽やかな押し花ネイルのやり方

押し花ネイルのやり方

一見難しそうな押し花ネイルですが、「ゆっくり丁寧に」を心掛ければ、誰でも簡単にできるようになります。ここでは押し花ネイルに必要なものと、手順・注意点などについて解説。ユニークでキュートな押し花ネイルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

必要なもの

  • 押し花
  • ラップ
  • ベースコート、またはベースジェル
  • お好みの色のマニキュア、またはジェル
  • トップコート、またはトップジェル

手順

ドライフラワーは100円均一や押し花専門店で購入するのがおすすめ!押し花作りから始めると、時間がかかってしまう上に、爪先サイズの生花を見つけるのに苦労する可能性が。まずは市販のものを使って少しずつ慣れていきましょう。

  1. ベースコートを筆で塗って、下準備をします。
  2. ベース部分が乾いてきたら、好きな色を1~2度塗っていきます。
  3. 接着剤代わりのトップコートを塗り、そこに押し花を付けます。ネイルから押し花が浮き上がってしまうようでしたら、花の中央部分をつまようじで押して形を整えてあげましょう。押し花を重ねる場合は重なる部分に、再度トップコートを塗布。
  4. ネイルに押し花を定着させるために、指先にラップを巻いて数秒待ちます。
  5. 最後にトップコートを塗って完成。ジェルの場合はライトでの硬化を忘れずに。

押し花自体は変色・退色しにくいのですが、ジェルやマニキュアに埋め込むことで退色することがあります。ジェルの場合はなるべく空気が入らないように仕上げ、マニキュアの場合はマメにトップコートを塗ることで、退色を遅らせることが可能。

押し花は自然のもので、直射日光や湿度が苦手です。できるだけ高温多湿な場所は避け、乾燥剤と一緒に暗い場所で保管しましょう。

押し花ネイルのおすすめデザイン

コスモスの画像

 

押し花ネイルで人気のドライフラワーが、結婚式のブーケに使われたりする「かすみ草」です。かすみ草の花はとても小さいので、いろんなデザインに取り込むことができます。白く可愛らしいのも人気を集める理由の一つのようです。

押し花の周りにワイヤー風ネイルシールやストーンをあしらうことで、より華やかにすることも可能。ドライフラワーのサイズによって使用できるパーツが限られてくるので、無理なくスペースを使うことが綺麗に仕上げるコツになります。

セルフで押し花ネイルをやるのが苦手な人は、押し花シールがおすすめ。ドライフラワーのような自然な質感はありませんが、変色がないので誰でも気軽に挑戦できます。

押し花ネイルはコツさえ掴めば、いろいろなネイルに組み合わせることができます。筆やシールではできない一味変わった押し花ネイルを、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

Author:美プロ編集部

関連求人を都道府県から探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。