美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.30

ネイリスト

ネイリストはどんな職場で働けるの?

ネイリストはどんな仕事ができるの?

ネイリストは、持ち前のスキルが上がるほど幅広い仕事ができるようになる職業です。お客さんにネイルを施す仕事だけではなく、サロンの管理を行うディレクターや最新のファッション情報を発信する雑誌・メディアの企画、新米ネイリストを育てる講師など幅広く活躍することができます。

持ち前のスキルによってネイリストの職場は変わる

下積みにぴったりなネイルサロン

ネイリストの就職先としてもっとも一般的なのがネイルサロンでしょう。各地に店舗を構える有名サロンから個人経営のサロンまでさまざまですが、どちらもネイリストとしてキャリアを積むためにぴったりの環境です。

美容室やエステサロンで家事と両立させることも

最近は、ネイル専門店よりも美容室やエステサロンの中に併設されたネイルサロンが増えています。ヘアアレンジやエステを受けるために美容室を訪れたお客さんの中には、ついでにネイルもキレイにしたいと希望される方が多く、1~2人ほどネイリストを雇っている美容室やエステサロンもあります。

特にブライダル専門のエステでは、結婚式の前日に行うネイルアートの需要が高まっているようです。美容室やエステサロンに併設されたネイルサロンでは、依頼を受けてからネイルを行う非常勤で働くケースが多いため、育児や家事の都合でフルタイム勤務ができない方におすすめ。美容室やサロンに雇われるだけではなく、派遣スタッフとして登録することも可能です。

美容室やサロンによっては、ブライダルや成人式などネイル需要が高い場所へ出張してネイルサービスを提供しているところもあります。

ネイリストとしての経験を積んだら講師になる道も開ける

ネイリストとして実績や経験を積み重ねていくと、その経験を次の世代に伝える「講師」としてネイルスクールで働くという道を選ぶこともできます。

講師になるためには、ネイリストとしての高い技術と、未経験の学生に分かりやすく教える技術も必要です。さらに、今までどのような経験を積みどんな実績を持っているのか重視されます。例えば、ネイルサロンでマネージャー業務を行った経験や、モデルの専属ネイリストとして働いた経験、あるいは雑誌やCM作成に協力した経験の有無などの実績があれば、講師として申し分ないとしてネイルスクールに受け入れられることでしょう。

講師になると、雑誌のコラムの監修やパネリストとして呼ばれることもあります。講師になるだけの知識とスキルを身につけることができれば、さらに活躍の場は広がるでしょう。

一人前のネイリストとして独立する

独立して自分のお店を開くことは、ネイリストなら誰でも夢みる目標です。しかし、自分のお店を構えるとなると、ネイリストとしてのスキルよりむしろ経営の知識が問われることになるでしょう。

このように、ネイリストはさまざまな職場で活躍できます。とはいえ、ネイリストの中でも華やかに活躍できるのはほんの一握り。ネイリストとして活躍するためには厳しい下積みを経験する必要がありますが、それだけやりがいがある職種だといえるでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。