美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.15

ネイリスト

簡単でおしゃれなネイル!囲みネイルとは?

簡単なのにとってもオシャレなネイル

囲みネイルをご存知でしょうか?爪の周りをカラーやホロなどで縁取るだけでオシャレ度が増す、とても優れたデザインです。

セルフでも簡単に施せるデザインなので、ネイルに纏まりや特徴を出したい時に取り入れてみてはいかがでしょうか?

囲みネイルの方法を紹介

ラメやホログラムを使って縁取る

さまざまな色のラメやホログラムを使って縁取る方法は、もっともメジャーな囲みネイルです。シンプルなワンカラーをもう一歩オシャレにしたい時やアクセントが欲しい時に、ラメやホログラムで囲んでみるとネイルの印象がガラリと変わります。

ラメの場合はクリアジェルに混ぜて伸びを良くすると、綺麗にネイルを縁取ることができますよ。また、ラメの色によって雰囲気が結構変わるので、ベースカラーやデザインを考えてラメを選びましょう。オーソドックスなゴールドは、基本的にどのネイルカラーと合わせても上品に仕上げられます。シルバーだと落ち着いたイメージになりますよ。

カラーネイルで縁取る

ラメやホログラムではなく、カラーで縁取る囲みネイルも素敵です。黒で囲むとアダルティーな雰囲気に、ピンクで囲めば可愛らしい雰囲気に変わります。ベースカラーとの相性が少なからず関係してきますので、あまりにも相性が悪い組み合わせは避けるのが無難です。例えば、パステルカラーベースのネイルを白で縁取れば柔らかいイメージの囲みネイルができますが、ビビットカラーで囲むとデザインが崩れる恐れがあります。

シールを使って縁取る

縁取りに適した細かいデザインのネイルシールを使う方法も◎。小さいシールならそのまま縁取ることができますが、ワンポイントに適した大き目なシールはカットして使っていましょう。

一例を挙げると、バラなどの花のネイルシールの場合はシールを半分にカットし、切り口の部分を外側にしてネイル全体を縁取れば、デザインを活かした上品で可憐な囲みネイルが完成します。

ストーンやパールで縁取る

ホログラムより少し大きいストーンやパールで縁取ると、また違った印象の囲みネイルになります。縁取るというよりは、ネイルにフレームをかたどるイメージです。バランスを考えながら縁取らないと、ごちゃごちゃした印象になりますので、事前にパーツをどう組み合わせていくのかしっかり考えてから挑戦しましょう。

押し花で縁取る

ネイルアート用の押し花で囲みネイルをする方法もあります。最近では、細かいデザインに特化した押し花が簡単に手に入ります。小さな茎や花、そして葉っぱなど、様々な押し花を使ってうまく縁取れば、ガーリーな囲みネイルが楽しめちゃいますよ!

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。