美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.04.14

作成:2017.06.13

ネイリスト

意外と出会いが少ない!ネイリストの気になる恋愛事情

ネイリストは女性を美しくすることが仕事なので、華やかなイメージがあり人気の高い職業です。女子力が高ければ、さぞかし異性にもモテるのでは?と思ってしまいますが、意外と出会いがないと嘆く女性が多いのです。

 

今回の記事では、そんなネイリストたちの恋愛・結婚事情を見ていきましょう!ネイリストが異性と出会うための方法もいくつか紹介するので、これからネイリストになろうと思っている人・今出会いがなくて悩んでいる人も必見です。

INDEX
■ネイリストに出会いが少ない理由
■出会いがあっても結婚に繋がらない理由
■必見!おすすめの出会いの場
■恋人を見つけるための方法は?
■結婚に繋がる恋人選びの、3つのポイント

華やかでモテるのは嘘?!ネイリストに出会いが少ない理由

美容業界は男性との出会いも多く、恋人選びにも困らない?いえ、残念ながらそんなことはないのが現実。それでは、なぜ華やかな美容業界で働くネイリストたちに出会いがなく、恋愛をすることが難しいと言われているのでしょうか?それには、以下のようないくつかの理由があるのです。

 

・職場のスタッフがほとんど女性だけ

まず、ネイルサロンで働くネイリストはほとんどが女性。そのため、もっとも自然な出会い方である「職場での出会い」というものがあまり期待できないという実態。さらに、基本的には少人数のシフト制でサロンをまわすため、「先輩と仕事終わりに合コンへ♪」という機会も残念ながら少ないのです。

・出会うお客様も女性ばかり

働いているスタッフはもちろんのこと、お客様も圧倒的に女性が多いのがネイルサロンの特徴。そうなると、お客様との出会いというのもなかなか期待できないのです。

・休みの日はつい自宅で過ごしてしまう

ネイリストの仕事は、朝から晩まで椅子に座りっぱなし、細かい作業で常に神経を集中させっぱなし、お客様にリラックスしてもらうために気を使いっぱなし、というハードワーク。1日が終わるとぐったり疲れて、休みの日は気づいたら夕方!なんていうことも。「出会いを見つけに行くぞ!…今月は忙しいから来月から!」と後回しにしているうちに、いつの間にか恋愛から遠のいてしまいます。

・男性からアピールされにくい

女性らしく華やかなイメージのネイリストは、男性からも女性からも一目置かれる高値の花のような存在。やはり「ネイリスト=モテる」という印象があるため、男性もついついアピールするのをためらってしまうのです。

出会いがあっても結婚に繋がらない理由とは?

恋人ができてお付き合いをはじめてもなかなか結婚に踏み切れない、結婚に至る前にお別れしてしまう、というネイリストも多いのが実態。では、なぜ結婚に繋がらずに破局を迎えてしまうネイリストが多いのでしょうか?

 

・恋人と休みが合わず、すれ違ってしまう

ネイリストの仕事は土日が忙しいため、お休みは平日になることがほとんど。また、お客様ファーストのお仕事なので指名予約があれば夜遅くまでサロンに残ることも多々。土日休みの恋人と付き合っている場合にはなかなか休みが合わず、生活リズムのすれ違いからお別れを選択するカップルも。

・恋愛よりも仕事を優先してしまう人が多いため

ネイリストの中には、「憧れのあの街で、自分のお店を持ちたい!」という夢を持って働いている女性もたくさん。自分の夢を叶えるまでは仕事を辞めたくない!と考えている人が多いので、夢に向かって全力で進んでいるうちにいつの間にか恋愛が後回しになってしまうのです…。

・結婚をしなくても自立した生活ができるため

毎日たくさんのお客様を接客して、バリバリ働くキャリアウーマンが多いのがネイリストの実態。美容の世界で勝ち残るためにしっかりと自立した女性が多いので、ついつい「結婚はまだいいかな~」と思ってしまうことも多々。

出会いが少ないネイリスト必見!おすすめの出会いの場

他の職業と比べて出会いが少ないネイリストですが、もちろん理想の相手と出会って結婚まで進んでいる先輩たちもたくさんいるのでご安心を!それでは、いったいどこで男性と知り合えばいいのでしょうか?ネイリストにおすすめの出会いの場をご紹介します!

■異業種交流会

男性でも女性でも、年齢や職業に関係なく参加できるのが異業種交流会。人脈作りのために参加している人が多いので、社交的な男性や仕事に熱意を持っている男性がたくさん来るはずです。ここでの出会いが恋愛に発展するケースがあり、ネイリストとして人脈を広げつつ、素敵な男性に巡り会うことができます。

場所によっては美容業界限定の交流会というものも多数開催されているので、同じ業界での出会いを見つけたい人はぜひ一度探してみてくださいね。

■婚活パーティー

結婚願望が強いなら、婚活パーティーもおすすめ。平日の夜に開催されている婚活パーティーに積極的に参加すれば、ネイリストと同じように休みは平日という男性に出会えるチャンスです。ネイリストは、男性にとっては普段の生活ではあまり出会うことのない存在なので、興味を持って話しかけてもらえること間違いなし。社交的で美意識が高い女性であることをアピールできますよ。

あまり個性の強い服装や派手なメイクはせず、初対面でも話しかけやすいような服装を心がけましょう。

■学生時代の同窓会

意外にも交際に発展しやすいのが、中学校や高校時代の同窓会。数年ぶりに会うとは言え、やはり気心の知れた存在であるためすぐに距離を縮めることができますし、共通点も多いので会話も弾みやすいのです。

 

その場に来ていた同級生と交際に発展することがなかったとしても、友達や職場の同僚を紹介してもらえることもあります。身近なところから人脈を広げるにはうってつけなので、これまで欠席に〇をしていた同窓会にも、ぜひ積極的に参加をしてみてくださいね。

■同世代が多く集まる居酒屋やバー

繁華街には、同世代が多く集まっている居酒屋や異性から声を掛けられることの多いバーがたくさんあります。もちろんたくさんの出会いが溢れているので、そうした出会いに抵抗がなければぜひ足を運んでみましょう。その場で出会った人と仲良くなって、その後人脈を広げていけば理想の相手と出会うこともできるかもしれませんよ。

■社会人サークル

共通の趣味の人たちが集まっているため、初対面の相手とでも距離を縮めやすいというのが社会人サークルのメリットです。また、あくまで恋愛目的ではなく趣味を楽しむことが目的で集まっている人が多いため、普段通りの飾らない姿を見ることができますよ。

 

たとえ恋愛に発展しなくとも気の合う友人を見つけることができますし、自分の趣味を楽しむことでリフレッシュにも繋がるので一石二鳥ですよね。最初から恋愛対象として出会うのではなく、友達から徐々に恋愛に繋げていきたいという人にはぴったりの出会い方です。

ネイリストが恋人を見つけるための方法は?


 

外に出て自分から積極的に出会いを探しに行くのが苦手…もう少し自然な形で出会いたい…というネイリストさんには、以下のような方法もおすすめです。大人数の中に足を運ぶわけではないのでハードルも低く、恋愛に奥手な方でも挑戦しやすいはず。

友人に紹介してもらう

一番信頼できてうまくいく方法が、友人に紹介してもらうという方法です。あなたの好みを知っているので、趣味や価値観のあう男性を紹介してくれるでしょう。紹介してもらう前にある程度の希望条件を伝えることができますし、1体1ではなく友人を交えて会うことでお互い普段通りに話すことが出来るというメリットがありますよね。

常連のお客様に紹介してもらう

いつも自分を指名してくれる、仲の良いお客様に紹介してもらうというのも一つの方法です。お客様からの紹介と言うと友人からの紹介よりも少しハードルは高くなりますが、交際に発展した場合にはその後の恋愛相談にも乗ってもらいやすいのが嬉しいポイント。施術をしている時に「誰か素敵な人がいたらぜひ紹介してくださいね♪」とさりげなく伝えてみても良いですね。

婚活サイトを利用する

婚活サイトでは、結婚を意識した男性がたくさん登録しています。年齢や職業、年収など、様々な条件からぴったりの男性を探すことができるため、忙しい方や出会いの場は苦手という方におすすめです。無料で、というのはなかなか難しいため費用が掛かってしまうのがデメリットではありますが、その分安心して出会うことができるという大きなメリットがありますよ。

恋活アプリを利用する

婚活サイトよりも気軽に始められるのが、恋活アプリや婚活アプリ。女性は無料で始められるものが多く、本名を明かさずにやりとりをすることができるのがメリットです。登録をしている人の数も多く、通勤時間や休憩時間にスマホで簡単にやりとりすることができる反面、同時にたくさんの人とのやり取りが発生する可能性もあります。

やり取りの手間を苦に感じず、たくさんの人の中から自分の理想の相手を見つけたい!という人には最適な出会いの場ですね。

男性スタッフも多い美容室併設サロンで働く

同じ美容業界で恋人を見つけたい場合には、美容室とネイルサロンが併設されたトータルビューティサロンで働くのも良い方法でしょう。併設サロンであれば仕事上のやり取りが発生することも多く、サロン合同で食事会やイベントが開催されることも多いはず。美容師には比較的男性の割合が高いので、一緒に働いていく中でより自然に恋愛に発展させたい人にはぴったりです。

同じ業界であれば仕事の悩みも分かちあうことができますし、何より同じ職場であれば休みを合わせやすいというのが嬉しいですよね。

男性客の割合が高いネイルサロンで働く

メンズ専門ネイルサロンの需要も高まっている今日。ビジネス街のサロンでは実は男性のお客様の割合も高く、ネイル=女性だけのもの、という常識が年々変化してきています。そうしたサロンで働くことで、自然に男性との出会いを見つけることが可能に。向かい合った状態で会話をしながら施術をするので距離も縮まりやすく、恋愛に発展することも多いのです。

転職活動の際には、事前にサロンの公式サイトでお客様層を調べてみたり、面接の際にお客様の男女比を質問してみたりしましょう。

結婚に繋げるために!ネイリストの恋人選び、3つのポイント


 

ネイリストの恋愛が、平日休みの一般企業で働くOLとは少し違うことが分かったはず。それでは、そんなネイリストが長続きする恋愛をするためにはどんな相手を選べば良いのでしょうか?

ここでは恋人選びの際の3つのポイントを挙げるので、ぜひそのポイントをおさえておきましょう!

①自分と同じ、平日休みの相手を選ぶ

お休みが同じ、というのは交際していく上でとても重要なポイントです。2人でいろいろな場所に出かけてお互いのことを少しずつ知っていくためにも、なるべく同じお休みの相手を選ぶようにしましょう。

 

平日休みの仕事には、ネイリストと同じ「美容業界」以外にも「不動産」「消防士や警察官」「百貨店などの販売員」「鉄道会社や航空会社勤務」「ホテルスタッフ」「旅行代理店」「飲食店」「医療関係」など、意外と多くの人が含まれるのです。

 

「自分と休みが同じ人は少ないから…」と悲観的にならず、ぜひ同じお休みの相手を探してみてくださいね。ちなみに、平日休みと言っても二交代制や夜勤のある仕事はまた少し生活リズムが異なるので注意が必要です!

②遠距離恋愛はNG!なるべく近くに住んでいる相手を選ぶ

まとまったお休みがなかなか取れないネイリストにとって、遠距離恋愛は大敵。せっかく貴重なお休みが合っても、移動だけで1日が終わってしまう…なんてことになりかねません。遅番の日でも、サロンが終わる時間に合わせて一緒に夕飯が食べられるくらいの、近い距離に暮らしている相手を選ぶと良いでしょう。

 

1日中一緒にいられる日が少ない分、空いた時間に少しでもデートをしてお互いの距離を縮めたいですよね。近くに住んでいれば喧嘩をしてもすぐに話し合うことができますし、仕事のストレスも恋人と会うことで軽減されるはず。お互い忙しくて2人の時間をなかなかつくれない場合には、思い切って近くに引越したり一緒に暮らしたりすることで結婚に一歩近づくかもしれませんよ。

③美容の仕事を理解してくれる相手を選ぶ

美容業界の仕事は、お客様があってこそ成り立つ仕事。もちろん、時には恋人よりもお客様の予約を優先させなくていけない事態も発生してきます。そんな時にも仕事への理解を示してくれる相手ならば、お互いストレスなく交際を続けていくことができます。

 

また、ネイリストとして常にお客様の憧れの存在でいるために、自分の美容代や洋服代にある程度お金を掛けなくてはいけません。そのため、「自分のためにお金を使ってばかりいないで、2人のためにも使ってほしい!」と不満をぶつけてくるような相手だと長続きしません。「夢のために頑張っていて偉いね。応援しているからね!」と背中を押してくれるような相手を選ぶことで、2人の将来も見えてきやすくなるはず。

まとめ 積極的に動けば、ネイリストの恋愛は上手くいく

今回見てきたように、確かに何もしなければ一般企業で働く女性たちよりも出会いが少ないのがネイリストの仕事の実態。しかし、積極的に出会いの場に足を運び、友人の紹介や婚活サイトなどをフル活用して素敵な男性を探しに行くことで出会いの可能性は無限大に広がっていきます。

忙しいネイリストの仕事ですが、恋愛や結婚ができないということは決してありませんよ。むしろ、ファンを増やして自宅サロンを開業すれば、結婚後も出産後も自宅で無理なく続けることのできる理想的な仕事なのです!

 

ネイリストとしての夢を応援してくれるような、理想のパートナーを見つけるためには、待っているだけではなくぜひ一歩踏み出してみましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。