美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.04.08

作成:2017.06.27

ネイリスト

簡単なのに本格的♡大理石ネイルのやり方

大理石ネイルとは

大理石ネイルとは、白と黒のネイルカラーを使って大理石のような模様を描くネイルです。白をベースカラーとし、黒のネイルカラーで本物の大理石のような柄を描いていきます。季節を問わず年中楽しむことができるので、サロンでも人気のデザインです。最近では、白と黒のみならず色んなカラーで大理石ネイルが作られています。
 
コツさえつかめば、セルフでも簡単に大理石のようなアートを描くことはでき、若い人からご年配まで広い世代で楽しまれています。ベースの色をブルーにするとターコイズネイルにもなったり、アレンジ次第で全然違ったイメージになりますよ。基本の描き方をマスターして、大理石ネイルを楽しみましょう。

 

大理石

 

用意するもの

ジェルネイルで大理石模様を描くために、必要なものをご紹介します。

 

  • ベースジェル
  • カラージェル(白、黒)
  • トップジェル
  • 細筆

マニキュアで挑戦したいときは、

  • ベースコート
  • マニキュア(白、黒)
  • トップコート
  • ドットペン

を使用して、ジェルネイルと同じような方法で大理石ネイルを描きましょう。ターコイズネイルにしたいときは、白の代わりにターコイズカラーのカラージェルまたはマニキュアを用意しておいてくださいね。

大理石ネイルのやり方

ジェルで大理石ネイルを描く方法を見ていきましょう。

 

  1. ベースジェルを塗って硬化します。
  2. カラージェルの白を1度塗りして硬化します。
  3. カラージェルの白をもう一度塗ったら、硬化させずに細筆にカラージェルの黒をとります。大理石のような模様となる細い線をランダムに描いていきます。2~4本ほどで十分です。
  4. 細筆を拭いたり、液を足したりせずに、そのままの状態で描いたラインの周りをぼかしていきます。すると、にじんだような大理石模様になります。あまりぼかしすぎると大理石のように見えないので、ほどほどにしておきましょう。
  5. トップジェルを塗って、硬化したら完成です。

マニキュアの場合も、基本的には上で紹介した方法を真似てみて下さい。

 

大理石ネイルは、すべての指を同じデザインにするほか1本だけワンポイントとして楽しむこともできます。大理石ネイルをした後に、天然石のパーツをつけたり、ラメ入りのトップジェルで仕上げてもかわいいです。コツがつかめるまでは、何回も練習が必要ですが描けば描くほど、本物の大理石のような模様に仕上がりますよ!

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。