美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.03

作成:2017.08.02

ネイリスト

爪剥離とは?原因や予防法を調査

爪剥離とは

爪剥離とは、爪が浮き上がりピンク色の部分(爪床)が剥がれてしまう病気。

症状の重さは人によって異なりますが、爪の中央部分から爪先にかけて起こるケースが多いようです。爪剥離になってしまったところは、白や黄色に変色したり、患部から出血して痛みを感じたりとさまざまな症状があらわれます。

指先は外部からの刺激を受けやすい部分でもあるため、爪先から根元部分に進行していくことも。爪に異常を感じた場合は、すぐに対処するようにしましょう。

爪剥離の原因

爪剥離は、かぶれなどの接触皮膚炎やカビの一種であるカンジダの感染が原因で起こる症状です。その他にも尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)という病気で、爪剥離を伴うことも。外因として、爪と爪床の間に異物が挟まってしまうなど、指先で細かい作業を行う職業の人に発症するケースが多いようです。

例えば鉛筆の芯やボールペン、料理をしている際に貝殻や魚の骨などが考えられます。また、爪剥離はネイルで頻繁に使用するマニキュアや除光液、洗浄力の高い洗剤による刺激などでも発症してしまう可能性があるのです。セルフでジェルネイルをする人が最近多くなってきていますが、オフする際に専用のリムーバーを使わずに無理やり剥がしてしまうと、爪に負担をかけてしまい爪剥離の原因になりかねません。

爪剥離の改善法と予防法

残念ながら、一度剥がれてしまった爪は、元に戻すことができません。そのため日頃から正しいネイルケアをして、爪剥離を防ぐことが大切です。ここでは、爪剥離の治療法と症状を進行させないための予防法について紹介していきます。

爪剥離の治療法

外因性爪剥離の治療法

外因性の爪剥離は、主にマニキュア・洗剤・異物などの使用が原因。そのため、まずはそれらの使用を控えることが大切です。外傷で爪が剥離した場合は、傷口を流水でしっかり洗い、消毒して清潔にしましょう。そのまま放置しておくと傷口から細菌が感染してしまいます。消毒したあとはガーゼや包帯で患部を守り、新しい爪が生えるのを待ちましょう。

カンジダ感染症が原因の爪剥離の治療法

カンジダ菌は、湿度と温度が高いところに生息します。特に水仕事の後、手指や爪が蒸れていると要注意。すぐに乾燥させてください。もしカンジダ菌に感染したらすぐに病院へ行き、飲み薬や塗り薬を処方してもらいましょう。

爪先を塗る

 

紫外線が原因の爪剥離の治療法

紫外線が原因の爪剥離は、とにかく太陽に爪をさらさないことが大切。外出する際は、UVカット効果のある手袋を着用しましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。