美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.08

作成:2017.08.04

ネイリスト

ブリオンの使い方【ネイルアレンジ術】

ネイルアートに欠かせないアイテム「ブリオン」とは?

ブリオンとは、ネイルアートでよく使用されるデコパーツの1つ。金属のような光沢のある小さな丸い粒のことです。このデコパーツの使い方をマスターすれば、セルフネイルのアレンジ幅が大きく広がります!ブリオンの特徴を活かしたネイルアレンジや種類別の使い方をまとめているので、ぜひ覚えていってくださいね。

ブリオンを使ったネイルアレンジ方法

ワンポイント

もっとも簡単な使い方です。普段のネイルに1粒だけブリオンを乗せてみましょう。乗せる場所によって印象が変わります。爪の先端に乗せるも良し、根本に乗せるも良し、中央に乗せるのもアリです。ブリオンは小粒なので、ネイルデザインの邪魔になりにくいパーツ。大ぶりのストーンと違い、上品な印象を与えられ、まとまりのあるデザインにしてくれます。

3Dドット柄

ベースカラーを塗った爪全体に、等間隔でブリオンを並べれば完成。たったそれだけで、3Dドット柄ネイルが完成します。簡単なのに、セルフとは思えない高級感のあるネイルに仕上がるので、ぜひチャレンジしてみてください。

ラインどり

ラインを引きたい場所にブリオンを並べるだけ。真っ直ぐなラインを引くのが苦手な人におすすめです。マニキュアでラインを描くと、ほんの少しズレただけでも手描き感が出てクオリティが下がってしまいます。対して、ブリオンで作ったラインは多少並びがズレてもクオリティは高く見えるんです。

ふちどり

ハートや星、リボンなど、何らかのモチーフの周りをブリオンでふちどるだけで、キュートさは一気に上昇!やり方も、モチーフの周りにブリオンを乗せるだけなのでとっても簡単ですよ。

ブリオンの種類と使い方

定番ブリオン

定番のブリオンは小粒でメタリック、形状は球体になっており、1粒ずつ分かれて袋やケースに入っています。カラーはシルバーとゴールドが定番です。目立ちやすいので、ワンポイントで使用すると良いでしょう。

ブリオンチェーン

チェーン状になっているブリオンです。粒はすべて繋がっているので、ブリオンを綺麗に並べるのが苦手な人に最適!ブリオンチェーンは、とくに「ラインどり」で使用すると、美しく仕上がります。

半球状ブリオン

定番のブリオンを半分にカットした状態のブリオンです。定番のブリオンと違い平らな面があるので、ネイルアート時に固定しやすいのが特徴。定番のブリオンよりも取れにくいので、ネイルデザインが長持ちします。「ふちどり」で使用するのがおすすめです。

カラーブリオン

基本はシルバーとゴールドですが、最近ではカラーブリオンも販売されています。ネイルデザインに合わせて、赤やピンク、水色などいろいろ試してみると楽しいですよ。とくに「3Dドット柄」を作る際、カラーブリオンを数色使用すると、ポップで可愛いネイルに仕上がります。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。