美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.06.03

作成:2017.08.29

ネイリスト

ネイルハードナーっていったいどんなもの?特徴は?

ネイルハードナーっていったいどんなもの?

ネイルハードナーとは、爪を補強して健康な状態するためのコーディング剤。

 

このネイルハードナーは、「ネイルを守り、ケアする」という特長を持っています。そのため、爪が乾燥したり、割れやすくなったりしている人にとって必需品です。特に、「爪のトラブル」があるけれど、ネイルを楽しみたいという人は持っておくことをおすすめします。

 

ネイルハードナーの原材料は、各メーカーによって大きく異なります。ただ、基本的には「油分」を主体として作られているものがほとんど。

 
この「油分」とは、ゴマ油やアボカドオイルなどがあります。それ以外にも、オレンジやアーモンド、マカデミアのオイルなどを使用したものもあります。オイルは「乾燥」から爪を保護する役割があるので、ネイルハードナーに含まれるオイルには、油ビタミンEが配合されケアとしても効果があると注目されているのです。

ネイルハードナーの使い方について

オリーブオイル

 


 

基本的には、爪に塗るだけでOK。塗るタイミングは、1日~3日に1回程度がよいといわれています。ネイルハードナーは塗った後、1~2日で落ちていくため、3日に一度は塗りなおすとよいでしょう。

 

ネイルハードナーは、継続して使用することで、効果を得ることができます。最低でも1か月はネイルハードナーを使い続けるようにしましょう。

 

また、ネイルハードナーを自分で作る方法もあるのだとか。ニンニクやレモンを使って作れると言われていますが、場合によっては皮膚に強い刺激を与えることになるため、最初は市販品のネイルハードナーを使うのをおすすめします♪

 

楽しく美しいネイルアートをするには、健康的な爪である事が第一条件。ケアをしっかり行えば、ネイルを長く楽しむことができますよ。

そもそもネイル・マニキュアは良くないもの?

確かに、マニキュアやジェルネイルをすることでデメリットもあります。一見、手元が綺麗で華やかに見えるので気分も上がり、色によっては元気が出てきますが、爪は健康状態を表す鏡とも言われており、大切なサインを見逃す恐れもあるんです。

病気のサインがわからない

爪には過去数カ月の、健康状態の記録が残っています。マニキュアやジェルネイルをしていると、一切、健康状態がわかりません。

入院する方や手術を受ける方は、お医者さんに外してくるよう告げられます。体の調子が悪かったり、病院にかかる可能性がある時は外しておくと良いでしょう。

薬剤使用やオフの際のやすりが危険

マニキュアを落とす除光液の影響で、爪の成分が溶けてしまうことがあります。また、爪の先端が剥がれて白く濁る「爪甲剥離症」という病気を引き起こす事もあるのです。

 

また、ネイルサロンに行った際、日の浅いネイリストや知識不足のネイリストにあたってしまうと災難です。オフする際や施術内で、必要以上に爪の表面を削られてしまい爪が薄くなってしまう事があるのです。初めて行くネイルサロンでは特に注意しましょう。

爪の健康のために

爪の大敵は「乾燥」と「外部刺激」なのです。このせいで次々とトラブルが起こります。

  • 爪が薄くなった
  • 爪が割れやすくなった
  • 爪を噛む癖があって爪が短い

このように、日常生活の中でどんどん爪を痛めてしまっています。

「乾燥」と「外部刺激」から爪を守るため、根元をキューティクルオイルやクリームで保湿し、ネイルハードナーやトップコートで外部刺激から爪を保護していきましょう。

 

ネイルハードナーは市販品で1000円弱で購入できるので、乾燥が進む寒い季節には1本持っていると良いですね。ハードナーの持ちを良くするには、トップコートと一緒に使用するのがおすすめです。

 

爪は、髪の毛と同様、死細胞なので髪の毛をトリートメントしたりカットしたりしているのと同じく、ケアが最も大事になるのです。ネイルケアを怠らず「爪美人」になりましょう!

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。