美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.05.22

作成:2017.09.21

ネイリスト

ブライダルネイルの選び方と人気のカラー・デザイン紹介!

決められない!ブライダルネイルのデザイン

女性にとって憧れの舞台、結婚式。一生に一度の機会だからこそ、指先までこだわって美しい花嫁になりたいですよね。でも一生に一度と思えば思うほど、絶対に後悔したくない!という気持ちが強くなって、ネイルのデザインを決められなくなっていませんか?

 

こちらではブライダルネイルの人気カラーとデザイン、そしてネイルデザインを決める際に注意するポイントをまとめました。悩んでいる花嫁さんはぜひ参考にしてください。

 

どんなデザインがおすすめ?

どんなブライダルネイルにするか決めるポイントは、主にカラーとデザインの2つです。

人気のカラー紹介

清楚な雰囲気がぴったりのホワイトカラー

ブライダルネイルは結婚式の定番カラーであるホワイトを選ぶ方が多いそう。清楚な雰囲気が花嫁にふさわしく、純白のウエディングドレスとの相性もぴったりです。ホワイトでも色味の違いでイメージが変わり、真っ白なピュアホワイトは華やかな印象に、アイボリーなら優しい印象に仕上がりますよ。

サムシングブルーの青系統

花嫁が身につけると幸せになれるといわれる4つの「サムシングフォー」。そのうちの1つである「青いもの」をブライダルネイルに取り入れてみてはいかがでしょう。水色は上品なイメージに、青なら落ち着いた大人のイメージになります。ウエディングドレスとの相性も良く、差し色としても素敵です。

 

女性らしさが溢れるピンク

可愛く女性らしいイメージがあるピンクも人気があるカラーの1つ。淡いピンクならより愛らしく、濃いピンクは元気な印象を与えてくれます。派手ではないのに、全体を華やかにしてくれるカラーです。

おすすめのデザイン紹介

人気のあるレースデザイン

レースはブライダルネイルの定番デザイン。細かなデザインが女性らしい繊細さをイメージさせてくれます。1つの指だけレースの総柄にしても、すべての指に控えめにレースを入れてもオシャレ。シンプルなレース柄はパールやストーンとの相性も◎です。

愛を象徴するハートのデザイン

愛をイメージさせるハートのデザインも可愛らしくて素敵です。普段は「可愛すぎてちょっと照れるかも」という方も結婚式なら挑戦しやすいのではないでしょうか。フレンチのハートなら、可愛くなりすぎず、オシャレな印象にしてくれますよ。

 

カラードレスに合わせたデザイン

結婚式で着るカラードレスに合わせてブライダルネイルのデザインを決めるのも素敵です。統一感が出て、センスの良さが光る仕上がりに。この場合は、ネイルサロンにカラードレスの写真を持ち込んで、ネイリストと相談してみると良いデザインを提案してもらえるかもしれません。

素敵な結婚式にするために!ブライダルネイルの注意点

一生に一度の後悔しない結婚式にするために、ブライダルネイルを選ぶ際に注意する点は以下のものです。

安いネイルサロンは使わない

高いネイルサロンのほうが良いとは一概には言えませんが、安いネイルサロンでは仕上がりが少し不安。せっかくの機会だからこそ、適正な価格のネイルサロンで綺麗に仕上げてもらいましょう。

デザインにきちんとこだわる

悩み過ぎて決められないからといって、投げやりになってはいけません。後から後悔しないためにもデザインはきちんと決めましょう。どうしても決められない場合はネイリストに相談してみるのも1つの手ですよ。

希望のデザインをしっかり伝えよう

イメージしていた仕上がりと違った、なんてことにならないよう、希望のデザインはしっかり伝えましょう。特にカラーは大切。まずは1つの指にだけネイルを塗ってもらい、理想通りのカラーか確認してみるのがおすすめです。パールやストーンを乗せる場合、その大きさによって仕上がりの印象は大きく異なります。「ちょっと大きいかも」と思った場合は、ちゃんとネイリストの方に伝えてください。

 

指先まで美しい花嫁になるため、ブライダルネイルはこだわって選びましょう!

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。