美容スペシャリストな自分になるために

2016年9月6日更新

特集

デートや女子会で口が臭かったら最悪! 今日から実践できる口臭の予防法とは


自分ではなかなか気づかない口の臭い。あなたの口臭は大丈夫ですか? とくに女子会や彼氏とのデートでもし口臭がきついと思われたら…と想像するだけでもイヤですよね。そうならないためには口臭の原因を確認し、適切な口臭ケアを行う必要があります。
 
口臭の原因は、自然な体の反応として出るものと病気が原因のものがあります。自分の口臭が気になった時には、まずその原因を確認するようにしましょう。今回は口臭の原因や、今日から実践できる予防法や対策について紹介していきます。口臭は体臭の一部なので、セラピストを目指す人にとっても大切な知識ですよ。

まずは自分の口臭チェック!

あまり自分の口臭を気にしたことがない人もいると思いますが、もしかしたら気づかないだけで他人には不快に思われているかも…。そこで、手軽にできる口臭チェックの方法を試してみると良いでしょう。たとえば鼻まで覆うマスクをすれば、自分の口臭を確認することができますよ。また、舌が白く汚れる“舌苔”も口臭の原因と言われています。そのため鏡で舌を確認して、健康なピンク色を保てているか見てみるのがオススメ。そのほか歯と歯茎の間の汚れをデンタルフロスで掃除すると、その臭いで口臭チェックができますね。

口臭の原因は2種類

口臭をチェックして、もし強い臭いを感じてしまった場合には、その原因を確かめましょう。口臭の原因には大きく分けて、生理的口臭と病的口臭の2種類があります。生理的口臭は緊張や疲れで口が乾燥したり、臭いのきつい食べ物を食べたりといったことが原因で引き起こされる、自然な口臭です。それに対して病的口臭は、歯周病や胃潰瘍などの病気が原因となって引き起こされる口臭。こちらの場合だと簡単には解決できないことが多いので、病院に行って専門医の診察を受けたほうが良いでしょう。
 

すぐできる! 生理的口臭の予防と対策

臭いの強い食べ物を控える

ニンニクなど臭いがきつい食べ物を食べると、腸から出るガスが悪臭を放つだけではなく汗や口臭が臭ってしまう原因にもなります。放っておけば自然に消えていく臭いではありますが、一般的に16時間ほどの間、完全には臭いが消えないと言われています。そのため、次の日に大事な予定があるときなどは、夕食に臭いのきついものを食べるのは控えましょう。

市販の口臭予防商品を使ってみる

ブレスケアやマウスウォッシュを使って、一時的に口臭を予防する方法もあります。突然用事ができたりして、すぐに口臭対策をしなければいけなくなった場合のために、あらかじめ持ち歩いておくと便利ですよね。

口の乾燥を防ぐ

初めての職場や人前に立つイベントなどで緊張して口が乾く経験は誰にでもあると思いますが、口の乾燥も口臭が生まれる原因の一つです。そんなときは深呼吸で体をリラックスさせましょう。リラックスすることで口の中の唾液の量が増えて、乾燥が収まりますよ。また、うがいや歯磨きをしたり、ガムを噛んだりすることでも唾液の分泌量が増えるもの。口が乾燥していると感じたときにはうってつけです。

病的口臭は専門医にかかるのが大切

病的口臭は病気が原因で口から悪臭が漂っている状態です。強い口臭を引き起こす病気としては、たとえば歯周病や虫歯といった口内の病気や、胃腸炎や胃潰瘍といった胃腸の病気などがありますね。そうした病気にかかるとブレスケアなどの簡単な口臭対策が効かず、しかもそのままにしておくと病気が進行していく危険性もあるので、口臭がなかなかとれないと感じたときには念のため病院で診察を受けてみましょう。
 

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント