美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月8日更新

特集

何の変哲もないお湯で脂肪を撃退!? 「白湯」の驚きの美容効果とは!

 
 本格的な冬がやってきて、寒さがより一層深まるこれからの季節。冷えが原因で血行が悪くなり、さらに外に出るのが億劫でなかなか脂肪が燃焼されず、毎年「たった一冬で体重がすごいことに…」なんて目に遭う人も多いはず。今回はそんな事態を避けるためにおすすめの美容法を紹介。やり方は単純で、なんと「白湯を飲む」だけ。たったそれだけで驚きの効果を期待できるのだ。
 
 「白湯」とは、何も手を加えていないただの水を一度沸騰させたもののこと。「特になんの変哲もないお湯なのに本当に効果があるの?」と思われるかもしれないが、この白湯を飲むという行為、実はインドの伝統医学に基づいているちゃんとした健康法なのだ。
 
 さっそく白湯美容法のやり方を紹介しよう。まずは白湯の正しい作り方。綺麗な飲み水をやかんで沸かし、沸騰したらふたを取って湯気が上がるようにする。次に火を弱めて10~15分ほど沸かし続けたら、火を止めて飲める程度まで冷ましたら完成。そして飲むときはすするように、時間をかけてゆっくり飲むのがポイントだ。
 
 また白湯を飲むタイミングにもコツがある。ベストなタイミングは、起床後すぐに飲むこと。それによって寝てる間に活動が滞った胃腸が温められて、全身の血流がよくなるし、基礎代謝も上げてくれる。他には1日3回、食事中に飲むこともおすすめ。食事一口につき白湯を一口すするという飲み方が効果的だ。それでも体が重く感じる人は、食間にも20~30分おきに白湯を二口すすってみよう。胃腸をさらに元気にしてくれ、体調を整えてくれる。
 
 やり方としてはたったこれだけのお手軽な白湯美容法だが、その効果は絶大。胃腸などの内臓を温めることで機能を回復し、血流を良くしてくれる。その結果、基礎代謝が上がって脂肪を効率よく燃焼できる痩せやすい体に。また、血流やリンパの流れが良くなることによって尿量アップも期待でき、便秘やむくみの解消にも効果的だ。
 
 ただ飲むだけでダイエットのためにも効果的な白湯。そのまま飲む以外にも、レモンと塩を入れることで美肌効果がプラスされたり、しょうがを入れることで冷え性を防止できたりとアレンジ方法も様々。今年の冬は白湯で体の中から温まろう。
 
画像出典:KARL-SEBASTIAN SCHULTE / Tea for one (from Flickr, CC BY 2.0)