美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月9日更新

特集

放置していたらもったいない! コスメサンプルを100パーセント活用する方法とは?


 道で配っていたり、コスメカウンターで買い物をした時に渡されたりして、何かともらう機会の多いコスメのサンプル。気になるものならばすぐに使ってみるけど、「今はストックがあるからいいかな」「ちょっといい物だからいざという時に使おう」なんて具合にとりあえずとっておき、放置してしまうのは“サンプルあるある”だ。でも実は、コスメにも使用期限があるのは知っているだろうか? せっかくもらったものを期限切れでムダにしないためにも、今回はサンプルの活用法を見ていこう。
 
 まずは、自分が何をもらったかを把握するためにきちんと整理することが重要。薄っぺらいパッケージや小さなボトルのサンプル商品は、収納場所を作っておかないといつの間にかどこかへ行ってしまい、「あ、この間もらったやつ使おう!」と思い立った時には行方不明になっていることもある。そこでオススメなのが、100円ショップなどで購入できる仕切り付きのクリアケースに並べておくという方法。化粧水、乳液、ファンデーションなどカテゴリー別に分けて入れておくと、いざ使う時に取り出しやすい。さらに、もらった日付を記入したラベルシールを貼っておけばより完璧になる。
 
 そして、せっかく整理整頓したサンプルは棚にしまい込むのではなく、洗面所や化粧台など「目に見える場所」に置いておこう。目につく場所にあるだけで、「よし使ってみるか」と思う回数も増えるはず。
 
 また、「新商品は肌に合うか分からないから使うのを尻込みしちゃう」という人は、顔以外の場所に使ってみるのも一つの手。人目につきにくい場所ならば、万が一トラブルがあっても隠しやすい。肌に合ったら顔にも試してみて、気に入ったら購入してレギュラーメンバー入りさせよう。
 
 もし手に入れたサンプルが目新しい新商品ではなく、すでに使ったことがあるものだった場合は普段使いの化粧ポーチに入れておけば良い。メイクをする時に毎回見るものに入れておけば嫌でも目に入り、もらったことを忘れないはず。また、サンプルを旅行に持って行こうと考えている人も、普段使いの化粧ポーチに入れておけば「持って行こうと思ってたのに家に置いてきちゃったよ…」という事態を避けられる。
 
 サンプルを使いこなすポイントはとにかく「忘れない場所・よく見る場所に保管する」こと。せっかくキレイになれるチャンスをみすみす逃すのはもったいないので、サンプルをゴミにしないよう期限内に上手に使いきろう。
 
画像出典:takako tominaga / Cosmetics (from Flickr, CC BY 2.0)