美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月9日更新

特集

永遠の悩みだった黒ずみが改善する!? 「リップクリームで乳首が美しくなる」という説


 ピンク色でツヤツヤの乳首は女性の憧れだが、「なんで私の乳首はカサカサなの!?」「悲しいほど黒い…恥ずかしい!」といった声があちこちで上がっているのが現実。そんな中、最近世間では“リップクリームを塗ると乳首が美しくなる”という説がまことしやかに囁かれている。だが、本当にリップクリームをつけるだけで乳首がキレイになるのだろうか?
 
 リップクリームはオリーブオイルやホホバオイルといった油脂や、ワセリンのような鉱物油がベースとなっていることが多いため、保湿効果が高い。そのため乳首に塗った際にも、乾燥を防げるのは確かなようだ。実際にリップクリームを乳首に塗り続けた人からは「4カ月塗り続けたら、粉ふくくらい乾燥してた乳首がプルプルになった!」「カカトみたいに固かった乳首の表面がこんなにしっとり柔らかくなるとは驚愕」と、効果を実感する声も上がっている。
 
 では“黒ずみ”についてはどうだろうか。リップクリームには保湿成分は入っているが、美白効果が謳われているものは少ない。時折「UVカット」と表記されている製品もあるが、それは直接日差しを浴びる唇だから有効なのであって、衣類に覆われて紫外線にさらされる機会の少ない乳首にはあまり効果がないようだ。黒ずみ解消のためにリップクリームを試した人からは「乾燥しなくなったけど、色の変化は微塵もない!」といった声から「毎日塗ってたら逆に黒ずんできた気がするんだけど…」と、かえって悪化したという意見まで聞こえてくる。
 
 乳首が黒くなる原因は様々だが、その内の一つに“外的刺激”がある。乳首に摩擦などの刺激が加わると、皮膚を守るためにメラニン色素が分泌されて黒ずんでしまう…とも言われている。そのため、「毎日リップクリーム塗ってたら、逆に摩擦で黒ずんでいきそう」という意見があるようす。また、香料やスーッとするメンソールの成分などもデリケートな乳首にとっては刺激になってしまいそうだ。
 
 乳首へのリップクリームの使用は、乾燥には効果があるようだが、黒ずみに効くかどうかは人によって意見が違う。むしろ悪化するという見方もあるので、試してみたい人は是非とも自己責任でお願いしたい。
 
画像出典:frankieleon / staying chapped (from Flickr, CC BY 2.0)

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント