美容スペシャリストな自分になるために

2016年9月18日更新

特集

美容にトレンドチェックに余念のない内田理央が語った“本当の女の子らしさ”とは?


ドラマや雑誌で活躍を続け、注目を集めている女優・モデルの内田理央。内田は美容についての意識が高く、自身のSNSで実際に使っているメイクやファッションについて語り、多くの女子から反響を呼んでいます。
 
そんな内田が今度は、自身のTwitterですっぴんを披露しながら“女子らしさ”についての考え方を述べました。これに対して、すっぴんの美しさを称賛する声はもちろん、語られた内容に共感する女子からの声も数多く寄せられているようです。

内田の考える“女の子っぽさ”に共感の声続々!

9月10日にTwitterを更新した内田は「家帰って簡単にメイク落として保湿して、適当に髪くくってキャミになったくらいのスタイルが、くまがあってもテカっていたとしても一番女の子っぽくて好きだよ」「女の子が好きだからこそ自分の好きな女子になりたい」と自身の考えを明かしました。これには「言いたいことすごいよくわかる!」「たしかに女の子の本当の顔って感じでいいよね」と共感する声が続出。
 
さらに内田自身の写真もアップし、すっぴんに黒いキャミソール、ラフなまとめ髪という、コメント通りの姿を披露すると「理央ちゃん、すっぴんかわいすぎるでしょ!」「普段からスキンケア頑張ってるからこんなキレイなすっぴんなんだよね」「メッチャ憧れる! 私も理央ちゃんみたいにお肌ケア頑張ろう!」といった声が多数寄せられました。
 

かわいいすっぴんはスキンケアの賜物

女子からの声にもあった通り、キレイなすっぴんを披露した内田は普段からスキンケアに気をつかっているんですね。もともと肌が健康というわけではなく、メイクさんに驚かれるほど乾燥しやすいという内田。そのため、保湿にはとてもこだわっているそうです。
 
たとえば内田は乾燥肌対策として、お風呂上りに化粧水をつける際には美容オイルを活用しているようです。その方法は手のひらに数滴のオイルを馴染ませて、その手で顔を押さえるようにするというもの。通常、化粧水の後につけがちな美容オイルですが、内田が言うには“肌が乾燥しすぎると化粧水すら吸い込まない”そうです。彼女が自分の経験から編み出した技なんですね。また、冬の朝の洗顔では洗顔料を使用せず、水だけで顔を洗うという乾燥対策もしているんですよ。
 
さらに他のスキンケアとして、クレンジングで落ちない汚れには美顔器を使用しているという内田。最近では“マイクロバブルウォーマー”という濃密な泡を作り出すポンプを購入したりと、よりキレイな肌を保つことにこだわっているようです。
 
また、彼女は外側からのスキンケアだけでなく内側からのケアも行っているそう。肌のために意識的にビタミンBとCを摂るようにしているんです。その際もなるべくフルーツを食べるようにして、足りないときはサプリメントで補うらしいので、スキンケアにかなり高い意識で取り組んでいることが分かりますね。キレイなすっぴんはそうした日々の努力あってこそなんです。

旬のメイクもしっかりチェック!

すっぴんのありのままの姿が「女の子っぽくて好き」という内田ですが、メイクもしっかり研究しているんですよ。9月11日に更新したInstagramでは「今日はEMODAの紫リップシャドウはヴィセアヴァンで秋メイクでした」とのコメントと共に、秋らしいメイクを施したキュートで色っぽいな写真を投稿しています。今年の秋は落ち着いた深みのある赤リップがトレンド。内田は怠けているどころか、普段から美容について熱心に研究していて、トレンドもしっかりチェックしているからこそ、女性から支持されているんですね。