美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月19日更新

エステティシャン

クライアントと信頼関係を築くために! エステティシャンにとってのカウンセリングの重要性


あなたは普段、どんな基準でエステサロンを選んでいますか? 施術内容や予算など、サロン選びには様々な基準があると思いますが、エステティシャンが信頼できるかどうかという点を重視する人は多いのではないでしょうか。そのためエステティシャンにとっては、信頼を得るための方法“カウンセリング”が大切になってきます。
 
クライアントとコミュニケーションをとり、その要望を汲み取ったり、施術内容を伝えたりするカウンセリング。直接施術に関わってこないとはいえ、そこでもエステティシャンとしてのスキルが問われます。エステティシャンにとって必須となるカウンセリングについて知っておきましょう!

なぜカウンセリングが必要なの?

エステサロンで行う施術は、一般の人には馴染みのないものがほとんどです。そのため店舗に訪れたクライアントは不安を感じたり、さまざまな疑問を抱いたりしているもの。そうした人に施術内容を説明して、不安を取り除いてあげるためにカウンセリングが行われます。
 
詳しくは以下の見出しで説明しますが、カウンセリングには大まかに分けてプレカウンセリングとアフターカウンセリングの二種類があります。その日の施術について、施術を行う前と後にクライアントと話し合うのですね。
 
そこでは専門用語を多用せず、伝わりやすい話し方を意識しましょう。信頼を得れば得るほど、クライアントからの反応や質問も引き出せるはず。それによってさらに深く信頼を築いていけるようになるため、良い循環が築けるでしょう。
 
また、クライアントが説明に不満を抱いたり、疑問点が残っているように感じたりしないように気をつけましょう。そのためにもクライアントの態度や目を見て、たしかな意思疎通を図ることがオススメです!
 

プレカウンセリングで信頼を得よう!

エステサロンでまず最初に行われるのがプレカウンセリング。現在の体の状況やアレルギー、体質などが分かるように、クライアントにカウンセリングシートを記入してもらいます。カウンセリングシートは、エステティシャンがクライアントの状態を把握し、施術の内容を決めていく際の大切な材料。加えて、口頭でコミュニケーションをとってクライアントの要望や悩みを汲み取ることも重要です!
 
また、エステティシャンはそれを踏まえて、クライアントに提供できるサービス内容を説明します。体質によっては使用できない化粧品があったり、使えない施術法があったりするもの。可能な範囲で、クライアントの要望を最大限叶えられる方法を模索しましょう。
 
プレカウンセリングを通して、クライアントにその日どんな施術を行うのか伝えることができます。その内容を十分に理解してもらった上で施術に入ればトラブルが起きるリスクを下げられますし、クライアントの満足度も高くなりますよ。
 

アフターカウンセリングの重要性

施術後にはアフターカウンセリングを行います。エステサロンに訪れる人の中には、アフターカウンセリングについて「この化粧品を買わないと肌荒れが良くならない」といった強引な営業をされるのではないかと心配する人もいるようです。
 
ですが、アフターカウンセリングは本来クライアントの満足度を高めるためにとても重要なもの。エステティシャンにとっては、リピート客を増やす貴重なチャンスでもあります。その日の施術によってどんな効果があったのかを説明したり、クライアントの体がどんな状態にあるのかを伝えてあげましょう。また、それを踏まえて今後どのようなケアを行っていくのがいいのか、どんな化粧品を用いると効果的なのかといった点も説明します。
 
リピート客を増やすのが上手いエステティシャンは、ここでクライアントに次回以降の来店が必要だと納得してもらうスキルを持っています。「定期的に通わないとこんなことになる……」といった言い方ではなく、クライアントが納得して自分から通いたくなるような言い回しを心掛けましょう。きちんと予算や施術の目的などを説明すれば、真剣にクライアントのことを考えているという姿勢も伝わるはず。また、自宅でできるケアの方法などを説明してあげると、より親切な印象を与えることができますよ。
 

カウンセリングのスキルはどこでも学べる!

カウンセリングの基礎は、クライアントの信頼を得るためのコミュニケーション能力。それは専門的な場所でなくとも、日常的に鍛えることができるスキルです。常日頃から人の考えを理解しようとしたり、伝えたい内容を分かりやすく表現する方法を模索したりすることで、カウンセリングに必要な技量も身についていくはず。
 
またエステティシャン向けのスクールでも、大抵はカウンセリングに関する講座が開かれています。そこではカウンセリングについての具体的な技術から心構えまで、専門的な勉強を受けることができるでしょう。
 
さらに知識を深めたい場合には、熟練のエステティシャンが開いているカウンセリング講習会などに通うことをオススメします。そこでは長年の経験で蓄積されたノウハウに触れることができるので、スキルアップのきっかけをつかめるはず! そのほかにも、総合的な接客スキルを向上させたいという人には、実務技能検定協会の認定する「サービス接遇検定」というものもあるので、興味がある人はぜひ調べてみましょう。
 


 
 
エステティシャンとして働いていくには必須のスキル、カウンセリングについてご紹介しました。目に見える技術ではないため、その良し悪しを判断するのはなかなか難しいものがあります。ですが、スキルが確かであればリピート客が増えるなど、必ず結果につながるはず。もしあなたがエステティシャンを目指すのであれば、カウンセリングのスキルアップに努めてみては?

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。