美容スペシャリストな自分になるために

2016年9月5日更新

エステティシャン

シンメトリー美人は作れる!? 左右非対称の顔を左右対称にする方法とは!


女優やモデルには美しい顔立ちの人が多いですよね。実は美しく見える人たちには共通点があるんですよ。それは顔が左右対称(シンメトリー)であるということ。美人になりたいと思う人は、左右対称の顔になればいいんです!
 
ですが本当にそんなことできるんでしょうか? ここでは顔が左右非対称になってしまう原因や、左右対称に近づけるための具体的な方法をご紹介します。お客様を美人にする専門家・エステティシャンにとっても知っておくと便利ですよ。

どうして美人に見えるの?

左右対称の整った顔立ちは、美しく見えるものですよね。ですが、それはなぜなんでしょうか? 多くの人は生まれた時には左右対称の顔を持っていて、年をとるにつれて環境や生活習慣によって顔にゆがみが生じていくと言われています。健康な遺伝子を持っていたり、成長期に栄養をしっかりとっている場合には顔が左右対称になりやすいので、左右対称の顔は健康の証だという説も。そのため、無意識のうちに左右対称な顔の異性を健康的だと思い、魅力を感じるのではないかとも考えられているんですよ。
 

こんな生活習慣はNG!

顔が左右非対称になる原因は様々ありますが、その多くは生活習慣によるものと言われています。たとえば歯やあご回りの形は、食事の際の噛み方で変わっていきます。ものを噛むときにいつも左右どちらか一方の歯で噛んでいると、あごの筋肉が片側だけ発達してゆがみが生じてしまうんですね。また、食事中でなくても普段歯を噛みしめる癖がある人は、あごに不要な負担がかかるので左右非対称のリスクが生じます。
 
さらに頬杖を突く習慣は、顔の筋肉をその部分だけ圧迫してしまうのでNGです。これと同様、顔に偏った重圧のかかるうつ伏せや横向きでの就寝も、左右非対称な顔になってしまう原因の一つだとされています。そして意外かもしれませんが、体のゆがみも顔のゆがみと関係しているんですよ。とくに足を組んだり、いつも同じ側の肩に鞄をかけるのが癖になっている人は要注意! 偏った力が体に加わることで、体の骨格が歪んで顔のバランスにも悪影響が出てきてしまいます。

顔を左右対称にするには?

顔を左右対称にする方法としては、上述したNG習慣を控えることはもちろん、生活の中でちょっとした工夫をすることが大切です。口角が片方だけ下がっている人は、普段から意識的に下がっている口角を持ち上げるようにして、顔の筋肉を鍛えましょう。また、普段から姿勢を良くして、両足の中心に重心がかかるように意識して歩くことも大切です。
 
さらにメイクで左右対称の顔に近づけることもできます。眉の形ひとつで顔のバランスは変わってくるもの。左右対称の形を意識して描くようにするだけでもシンメトリー美人に近づけます。その型に沿って描くだけでキレイな眉が作れる、眉用のテンプレートというものもあるので、眉を描くのが苦手…という人は使ってみると良いでしょう。
 
また、目の幅が左右で違う場合は、幅の狭い方の目だけアイラインを長めに引くようにしてみましょう。同様に、唇の厚さが左右で違う場合には、薄い側を口紅でオーバーリップ気味に描くことで、印象がぐっと左右対称な美人に近づくはずです。
 

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。