美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月23日更新

エステティシャン

エステサロンのモニターってどんなことをするの? その魅力と注意点とは


全身美容のプロフェッショナル・エステティシャンが最新の技術や知識を用いて施術してくれるエステサロン。ですが良質なサービスを提供してくれる分、費用もかかるので「エステサロンに通ってキレイになりたい…でもお金がない!」と悩んでいる人もいるんじゃないでしょうか?
 
そんな時に便利なのが、「モニター」という制度です。エステサロンではとくに痩身エステのモニターをよく募集していて、お得に施術を受けることができるんです。今回はモニターとはどんなことをするものなのか、その内容や注意点、体験談などを見ていきましょう。

そもそもモニターって何?

モニターとは本来なら料金がかかる施術を、料金の全額か一部だけエステサロン側に負担してもらって受けられるというシステムです。その種類は大まかに二つに分かれていて、サービスを試しに体験してみるタイプとそのサービスの効き目を宣伝するために広告モデルを務めるタイプがあります。モニターを引き受けると、施術を受けた後アンケートに答えたり、データを測定したりしてお店に協力することが求められ、広告モデルになる場合には写真などの掲載許可も必要に。この場合、施術の効果が発揮されていく過程を明らかにしないといけないので、長期間に渡ってサロンに通うことになります。また、こまめに食事内容を記録したり、採寸なども行わなければいけないので、イメージほど気楽に受けられるものではないようです。
 

モニターになる際気をつけるべきこと

ここではとくに広告モデルとしてのモニターについて説明しますが、実は誰にでも受けられるわけではありません。サロンによって異なりますが、まずは書類審査や面談、カウンセリングなどによってモデルとして適切かどうか審査されるんです。そしてモニターは施術を受けたことによってどんな変化があったのか明らかにするものなので、途中で解約するのは難しいと言われています。サロンによっては解約しようとすると、違約金などが発生してしまうこともあるようなので注意しましょう。
 
また、モニターを引き受けた以上、サロン側としては痩せてもらわなくては困るので、食事内容などについて指導されることもあります。それだけならまだしも、悪質なサロンでは別のコースに加入するように勧誘されたり、別の商品を売りつけられたりする場合もあるようす。モニターとしてお得なサービスを受けていたつもりが、いつの間にか色々と出費がかさんでしまっていた…なんてこともあるんです。

実際にモニターを体験した人の声

そんなエステサロンのモニターですが、実際に体験した人はどんな感想を持っているのでしょうか? 調べてみたところ、好意的な声としては「スタッフが熱心に協力してくれるのでやる気が出る」「効果が劇的だったし、勧誘も受けなかったしとてもよかった」といったものがありました。とはいえ、スタッフ側が体験者をおだててコースを継続するように促すケースもあるので、注意は怠らないようにしましょう。
 
また、否定的な意見としては、「最初は良かったけど、だんだん別の商品も薦められるようになってきて、怖いから止めてしまった」「毎回体調がわるくなって、けっきょく返金を考えるようになった」といったものが。上でも書きましたが、エステのモニターはサロンによってはしつこく別のコースへと勧誘されてしまうことがあります。そのため悪質なサロンと出会わないように、ネットなどを使ってそのお店の評判を調べておくのも一つの手です。また、施術内容が合うか合わないかは人によって違います。いざというとき返金に対応してもらえるかどうか、できれば事前に調べておきましょう。
 

どこでできるの?

エステサロンのモニターは様々なところで募集されていて、安全でお得なものから悪質なものまで様々な種類があります。そのため危険な目に合わないためにも、事前調査はとても大切。できればネット上などで口コミが調べやすく、解約方法がはっきりと書いてあるところを選ぶのがオススメです。大手エステサロンの「たかの友梨ビューティクリニック」や「ラ・パルレ」などでもしばしば、体験型のモニターを募集しているようなので、気になる人は調べてみてはいかがでしょうか。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。