美容スペシャリストな自分になるために

エステサロンのモニターってどんなことをするの? その魅力と注意点とは


 

全身美容のプロフェッショナル・エステティシャンが最新の技術や知識を用いて施術してくれるエステサロン。ですが良質なサービスを提供してくれる分、費用もかかるので「エステサロンに通ってキレイになりたい…でもお金がない!」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

そんな時に便利なのが、「モニター」という制度です。エステサロンではとくに痩身エステのモニターをよく募集していて、お得に施術を受けることができるんです。今回はモニターとはどんなことをするものなのか、その内容や注意点、体験談などを見ていきましょう。

そもそもモニターって何?

モニターとは、商品の性能などについて実際に試してみてもらい、その感想を伝えたりアンケートに答えたりしてサービスの向上を目指すためのものです。本来なら料金がかかる施術料金の全額か一部をエステサロン側に負担してもらって受けられるというシステムです。

 

店舗で働いているスタッフの実情を知るためにサロンを運営する本社が行う場合や、効果をデータとして公表することによってサロンの技術力を宣伝するために行う場合などがあります。

モニターの種類は大まかに二つに分かれていて、サービスを試しに体験してみるタイプとそのサービスの効き目を宣伝するために広告モデルを務めるタイプがあります。モニターを引き受けると、施術を受けた後アンケートに答えたり、データを測定したりしてお店に協力することが求められ、広告モデルになる場合には写真などの掲載許可も必要に。

 

この場合、施術の効果が発揮されていく過程を明らかにしないといけないので、長期間に渡ってサロンに通うことも。また、こまめに食事内容を記録したり採寸なども行わなければいけない場合もあるので、しっかりと続けられる忍耐強い方に適しています。

 

モニターになる際に気をつけること

たびたび広告を目にするモニターですが、実は誰にでも受けられるわけではありません。モニターになるに当たって気を付けるべきことやあらかじめ知っておくべきことがいくつか存在するのです。

モデルに適しているか、審査がある場合も

サロンによって異なりますが、書類審査や面談、カウンセリングなどによってモデルとして適性かどうか審査されることもあります。学生かどうかは問題がありませんが、20歳以上であることやサロンで定めた以上の体重があること、施術に影響のあるような病気や怪我がないことなど、いくつかの最低条件が必要になってくるのです。

途中での解約は原則NG!

モニターは施術を受けたことによってどんな変化があったのか明らかにするものなので、途中で解約するのは難しいと言われています。サロンによっては解約しようとすると、違約金などが発生してしまうこともあるようなので注意しましょう。

 

また、モニターを引き受けた以上、サロン側としてはしっかりと効果を出したいため、食事内容などについて指導されることもあります。

 

モニターとしてお得なサービスを受けていたつもりが、いつの間にか色々と出費がかさんでしまっていた…なんてこともあるので、軽い気持ちでモニターを引き受けるのではなく、モニターとしてもしっかりやり遂げられるかを考えてから引き受けましょう。

顔や名前を広告に使用されることもある

サロンのサービス向上のためではなく広告を出すことを目的とする場合、名前や年齢、顔写真の使用が必要になる場合があります。「会社の人や友人にばれたくない・・・!」という場合には、顔写真の掲載が必要かどうかを事前にしっかり確認しておきましょう。

自分が通えるような場所・日時であるかどうか

審査を通過して、いざモニターに挑戦!という段階で、サロンに行く日時が仕事の日と被っていた・・・なんてことも。サロンに通う頻度や日時、サロンの住所などは申し込みをする前にしっかり確認して、自分が無理なく通うことのできる範囲で申し込むようにしましょう。あまりにも自宅から遠すぎるサロンだと、途中で通うことが負担になってしまう場合もあるので注意が必要ですよ。

実際にモニターを体験した人の声

そんなエステサロンのモニターですが、実際に体験した人はどんな感想を持っているのでしょうか?これからエステのモニターを予定している方のために、実際の声をいくつか見てみましょう。

プロから熱心にアドバイスがもらえる

エステに通うのが初めての場合、ダイエットをしたいけれど何から始めたら良いのか分からない、という人が多いのです。

ただ、モニターになるとエステティシャンから自分の身体の状態や効果的なダイエット方法などを教えてもらえるため、その熱心さや的確さに感動する人も多数。今の身体の状態をプロから教えてもらえるのは、とても良い機会になるはず。

今後も続けていきたいと思えた

エステのコースと聞くと、やっぱり値段が高くて気軽には始められないという人がほとんど。ですが、モニターとして1度試してみることによってその効果を実感することができて、少し高いお金を出してでも通いたい!と思うようになることも多いのです。

「契約をするか迷っていたから、モニターに挑戦して本当に良かった!」という声も多いのです。

ちょっとしたお小遣い稼ぎが出来る

モニターにもいくつか種類があり、中には覆面調査のアルバイトとして報酬がもらえることも。実際の施術を受けて美しくなれるだけではなく、空いた時間を有効活用してお小遣い稼ぎができるのなら一石二鳥ですよね。アルバイトの場合には感想文の提出などが求められるので、エステティシャンの方とのやり取りなどをしっかり覚えておくことが必要になりますよ。

勧誘をされて、断り切れずにその場で契約してしまった

モニターとしてサロンに行く場合でも、コースや商品を提案されることがあります。もちろん、自分の意思で契約をしたり購入をしたりするのなら何も問題はありませんが、「エステティシャンさんの勢いに負けて不本意ながら契約してしまった…」なんてことにならないように注意!もちろん、しっかりとNoと言えば無理矢理契約をさせられることもないので、迷いがある場合にはその場でしっかり断るようにしましょう。

一度だけなので、あまり効果を実感できずに終わった

脱毛や痩身といったエステの施術は、何度か通い続けることで効果が表れてきます。ただ、モニターの場合は1度きりという場合もあり、効果を実感する前に終わってしまうことも。「契約をするためには、やっぱり少しでも効果を実感してからじゃないと嫌!」という方には、単発のモニターはあまり向かないかもしれません。

 

エステのモニターはサロンによって目的が違う事もあるようなので、ネットなどでそのお店の評判を調べておくのも一つの手です。また、施術内容が合うか合わないかは人によって違います。いざというとき返金に対応してもらえるかどうか、事前に調べておきましょう。

 

どこでできるの?

エステサロンのモニターは様々なところで募集されていて、実際の施術よりも安い料金で受けられるものから覆面調査として報酬をもらえるものまで様々な種類があります。サロンのサイトで直接募集をしているものもあれば、モニター募集のサイトでまとめて募集がされているものもあるので、自分が行きやすい場所や条件によって探してみましょう。

 

口コミや解約方法がはっきりと書いてあるところを選ぶのがオススメです。大手エステサロンでも体験型のモニターを募集しているようなので、気になる人は調べてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するキーワード

エステティシャンの関連求人

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。