美容スペシャリストな自分になるために

2017年2月3日更新

エステティシャン

エステティシャンは他業種でも重宝される!? エステティシャン経験者の就職事情


アルバイトやパートとして働くエステティシャンの方も、いつかは「正社員」として働きたいと思う事も多いはず。しかしせっかく就職するのなら、これまでアルバイトやパートとして働いてきた経験も活かしたいものですよね。
 
そこで今回はエステティシャン経験者の就職事情についてご紹介。エステサロンが正社員を採用する際に実務経験をどれだけ重視しているのかということや、エステティシャンとしての経験を活かした他業種への就職についても取り上げていきます。

実務経験のあるエステティシャンは就職に強い!

「正社員」としてエステティシャンの仕事に就く場合、アルバイトでも良いのでエステサロンなどでの実務経験があると有利に働くことが多いです。技量に関わらず、実務を経験しているというだけで、応募できるサロンの数がだいぶ多くなるんです。実際にエステティシャンの求人を見てみると「経験者優遇」と応募資格に書いてあるエステサロンが数多くあることがわかるでしょう。

 
さらに、「資格不要」と書かれていたり、スクールを卒業しているかどうかを問わないサロンの場合でも、「実務経験〇年以上」などの条件があったりするようです。正社員のエステティシャンに求められるのは、やはり即戦力として活躍できる実力。実際に様々な客と接しながら、施術した1人1人に満足してもらえるように努力した経験が重視される傾向にあるようですね。
 

エステティシャンとして経験を積むと転職にも有利?

また、エステティシャンの実務経験を積んでおけば、他業種に転職する際にも役に立ちます。特にエステティシャンの経験が生きるのは、意外かもしれませんが「営業職」です。エステティシャンの仕事内容には施術の前に客からの要望を聞く「カウンセリング」や、施術中の会話なども含まれており、何かとコミュニケーション技術が求められるお仕事です。また、施術後にはサロンで取り扱っている化粧品などの商品を「最近乾燥してますね」などと言ってさりげなく売り込む営業も行うもの。営業職はそうしたエステティシャンとして培ったコミュニケーションを存分に活かせる仕事なので、転職を考えている人におすすめです。
 
営業職と同じようにコミュニケーション技術を発揮できる「接客業」に就職する人も多いとのこと。なかでもホテルでの接客の仕事は「顧客に満足して帰ってもらう」といった点で、エステティシャンの仕事に通じるものがあるという話も。最近ではホテル内のスパやサロンにエステティシャン経験者を積極的に採用しているところもあるそうなので、狙い目ですよ。
 
また、エステティシャンは女性を美しくするための知識を備え、化粧品などの美容用品にも詳しくなる職業。その知識を活かして百貨店の美容部員や化粧品メーカーへの就職をする人もいるようです。
 

エステティシャンの経験を活かした志望動機

他業種で働くことを考えるにしても、エステティシャンとして培った経験を存分に発揮できる仕事に就職したいものですが、就職活動の時の志望動機欄にエステティシャンの経験を活かした内容を書いたほうが、採用される確率がアップします。
 
そのためにはまず、エステティシャンの経験を積んだことの“強み”を整理する必要があるようです。先ほど紹介した「接客業」を例に考えると、エステティシャンの経験を持つ自分が接客業で発揮できる強み、この場合は「コミュニケーション力」や「カウンセリングの経験」などの経験が該当しますね。
 
次はそういった強みを志望理由に結びつけます。「コミュニケーション技術」や「カウンセリングの経験」はエステティシャンの仕事のなかの「会話」や「おもてなし」に当たる部分。なので、「様々なお客様に施術をしていくなかで、お客様との会話やおもてなしやりがいを感じ、より接客のスキルを磨きたいといった理由から志望しました」といったように、自分が今まで経験してきたことをはっきりとした動機に結び付けると良いでしょう。また、エステティシャンは最新の化粧品や痩身、脱毛など美容関連の知識も豊富なので、化粧品の実演販売など美容系の接客業を就職先として選ぶと、志望動機を考えやすくおすすめです。
 
画像出典:Unique Hotels / Zen SPA Japanese pool(from Flickr, CC BY 2.0)sportsandsocial / Chair Massage by Farley-fd0019(from Flickr, CC BY 2.0)Chor Ip / Waters of the Caribbean (from Flickr, CC BY 2.0)

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。