美容スペシャリストな自分になるために

2017年2月16日更新

エステティシャン

「どんな資格が必要なの?」未経験者がエステティシャンを目指すには


「ボディケア」や「脱毛」などの施術をしてくれるエステティシャンは、女性から人気の高い職業ですよね。では、実際にエステティシャンになるにはどうすればいいか知っていますか? エステティシャンになるためには、専門学校に通ったり、エステティシャンの資格を取得したりと様々な方法があります。
 
そこで今回は、「未経験からエステティシャンを目指す方法」をご紹介。専門学校に通ってからサロンで働く方法以外にも、未経験のままサロンに就職する方法やエステティシャンに必要な資格なども取り上げていくので、参考にしてみてください。

未経験者はエステティシャンのスクールに通うのが定番

エステティシャンとして働くためには、必須となる資格はありません。そのため未経験者でもサロンで働くことは可能なのですが、実際には専門的な技術や知識が必要になるもの。多くの人は専門学校に通って、エステティシャンの基礎を学んでからエステティシャンとして働き始めることになります。とはいえ、一口に専門学校と言っても二つの種類があるんです。
 
まず人気があるのは、「認定スクール」ですね。認定スクールとは、その名の通りエステ協会の認定を受けている学校のことを指します。通常の学校を卒業した場合には、資格試験を受ける際に実務経験を求められますが、認定スクールに通っていると実務経験が免除されるというメリットがありますよ。またその他にも、様々な専門学校が各地に開かれています。それぞれ「就職に強い」「資格取得の実績が多い」「有名な講師に教えてもらえる」といったセールスポイントを謳っているので、最も魅力を感じる学校を選ぶと良いでしょう。
 
通うスクールによって費用は変わってきますが、1年間通うところでは大体100~140万円ほどの学費が相場。「エステティシャン基礎コース」「エステティシャン基礎別コース」のように一つのコースだけ通う場合は、3~4カ月通って30~40万円といった学費が必要になります。
 
また、仕事に勤めていたり、居住地の問題で学校に通えない場合は、「通信教育」を利用するといいでしょう。通信教育なら毎日通学する必要がなく、時間に融通が利きますし、さらに学費も半年から1年の期間で30~40万円と、比較的安く済ませることができるのも魅力です。
 

エステティシャンの未経験者が取るべき資格は?

エステティシャンの国家資格はありませんが、民間団体から発行されている資格はたくさんあります。中でも一般社団法人日本エステティック協会が発行する「認定エステティシャン」という資格が有名です。未経験からエステティシャンを目指す人は、まずこの資格を目指すことが多いようです。
 
認定エステティシャンとは、「エステティックに関する理論・技術を理解し、修得した」と認められることによって取得できる資格。協会認定校で300時間のカリキュラムを修了するか、実務経験を3年以上有していると資格試験を受けることができます。試験では実技試験としてフェイシャルとボディの施術を試され、筆記試験としてマークシート式の問題を100問答えることになります。晴れて合格すると、資格証明書と資格バッジが交付され、「認定エステティシャン」を名乗れるように。就活の際にこの資格があると、未経験でもあなたの技術の証明の代わりになるので、優遇されるはずですよ。
 

未経験のままエステティシャンとして働くには?

中には専門学校に通わず、すぐにエステティシャンの現場で働く人も。研修制度が整っているエステサロンなら、入社後にエステティシャンとしての技術や知識を学ぶことができます。そこで必要最低限の技術を学んで、サロンのオーナーに認められると、どんどん現場の施術を任せられるようになります。お客様の施術を行っていくうちに、体で覚えた、というエステティシャンもいるようです。
 
しかし、エステティシャンには専門の技術や知識が多くあるので、研修についていけなくなる人もいるとか。そういった場合は、サロンでの仕事と並行して、通信教育を利用して技術と知識の幅を広げたり、資格取得を積極的に行うことをオススメします。また、資格取得を支援してくれたり、資格を取得できたら手当てを発行してくれるサロンもあるので、すぐに現場に立ちたい人はこういったサロンを探すといいでしょう。
 
画像出典:LDC HOTELS & RESORTS / A.ROMA Lifestyle Hotel Rome (Italy) (from Flickr, CC BY 2.0)Sandra Vallaure / Arab Baths 013 (from Flickr, CC BY 2.0)wegodi bookinghotel / wegodi – dat phong khach san Aroma-beach-resort-spa (5) (from Flickr, CC BY 2.0)

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。