教えて!アイリストのお休み事情

教えて!アイリストのお休み事情

アイリストにおける平均休暇

アイリストという職業は、美容業界では高待遇といわれています。給与面はもちろんのこと、就業環境・実働時間・お休み・福利厚生に至るまで、待遇面がしっかりしているサロンも多いようです。その一方で、就業環境やお休みの面を不安視する声も多く聞かれます。

たとえば休日の少ない職種を調べてみますと、美容師・エステティシャンなどの美容関連、いわゆる不定休のお仕事の中でも、販売サービスに関わるお仕事が全体の上位を占めていることがわかります。

 

休日の少ない職種トップ5

1位 美容師・エステティシャン(販売サービス系)……90.3日

2位 施工管理(建築系)……98.5日

3位 調理スタッフ(販売サービス系)……100.8日

4位 ホール・サービススタッフ(販売サービス系)……103.0日

5位 スーパーバイザー・エリアマネージャー(販売サービス系)……108.2日

 

アイリストのお仕事も当然、上記美容師・エステティシャンなどの、美容関連の中に含まれます。「アイリスト 大変」などネットで検索する方が多いのも、こうした情報を受けてのことかもしれません。

 

しかしながら、アイリストの仕事は、現在美容師さんやアシスタントさんの転職先の業種として、とても人気のある職種となっています。それはなぜでしょうか? どのようなお仕事でも大変な部分はあります。ただ、アイリストのお仕事は美容業界の中でも頑張れば頑張っただけ、やりがいを感じるお仕事だともいわれています。今回はそんなアイリストの休日事情をみていきましょう。休暇に関する疑問や不安を払拭し、アイリストライフの充実を目指しましょう。

土日が休めなくても平日休みがある

アイリストの仕事は接客業のため、土日・祝日などの世間的な休日が稼ぎどきになります。そのため、自分の休暇は平日に取るというスタイルが基本になります。ですが、「平日休みで良かった!」と思える有意義な過ごし方のコツを知っているアイリストも少なくありません。

平日休みのメリット

どこに行っても空いている

平日休みの人にメリットを聞くと、真っ先に挙がる定番のメリットが「どこへ行っても空いている」です。朝晩以外は交通機関も空いていますので、平日ならスイスイ移動ができてしまいます。人混みを避けて、移動も到着した先も、比較的快適に過ごすことができるでしょう。

 

また、テーマパークや観光地など、休日は行列ができて何時間も並ばなければいけないようなお店も、平日なら並ばずOKということもあります。土日定休の銀行や市役所、病院などは、お昼休みや仕事帰りに行って、長時間待つということもありません。平日休みの人にとっては、この上ない優越感を味わえる瞬間です。

安く旅ができる

さらに、旅行に関してもメリットの一つとなっています。比較的値段が安く、また、観光先でも混雑することなく快適に過ごすことができます。

ゆっくり一人旅が好きという方には、とてもおすすめです。

土、日が休みの求人もあることの紹介

平日休みのメリットを紹介してきましたが、サロンによっては「土日休みOK」「土日休み可」など、土日休みの条件をウリにしている求人広告も少なくありません。さらには、シフトを自分の都合に合わせて調整できる店舗も多く、自由シフト制を採用しているところもあります。休みがすべてではありませんが、「土日は空けておきたい!」と考える方は、そのような条件から職場を探してみるのも一つです。あなたの理想の働き方に合ったサロンを探してみてください。

休みの最中は何をしているの?

ここまでアイリストの休日に関して色々とみてきましたが、社会人であれば、予定を入れず一人でダラダラと過ごしてしまい、特に何もしないまま、せっかくの休日が終わってしまったことのある方もいるのではないでしょうか。働く女性たちが、休みの最中何をしているか気になりませんか?実際はどんな休日を過ごしているか、詳しくみてみましょう。

話題のレストランでランチ

平日休みの一番の特権は何より、どこに行っても空いているということ。土日だったら2時間行列に並ばないといけないレストランだって、平日なら並ばずに入れるなんてことももちろんあります。

せっかくのお休み、他の人が忙しく働いている中でゆっくりビジネス街を散歩しつつ、今話題のレストランやカフェでランチを楽しむというのも良い過ごし方の一つですね。

一日中何もせずに家で過ごす

意外に思うかもしれませんが、「寝ていたら一日が終わった」「起きたら暗かった」など、一日を寝て過ごしてしまったという方はとても多いようです。似たような過ごし方としては、「部屋着のままずっと家でダラダラと過ごしてしまった」「ゴロゴロと何もせずに過ごしてしまった」という方も多いようです。

アイリストの仕事は目や神経を酷使する大変な仕事。せっかくの休みだからといってあちこちに出かけるのではなく、たまにはゆっくり家で過ごすのもおすすめです。

おすすめな休みの過ごし方(一人のとき)

友人や恋人と休みがなかなか合わず、一人で充実した休日を過ごすにはどうしたら良いのでしょうか。家にいるとどうしてもダラダラしてしまうという方にもおすすめの、一人で行っても楽しめる場所、過ごし方をご紹介します。

買い物

まず一つ目におすすめなのが、「買い物」です。一人の方が自分のペースで買い物ができてはかどるという意見が多いようです。買い物の際、あまり悩まずに買う物を決められるという人は良いですが、じっくり悩んでから買いたいという人は、誰かと一緒だと気を遣ってしまいがち。一人の方が、気兼ねなく悩みながら、買い物に集中できるという意見も多いようです。

映画

二つ目は「映画館」です。買い物同様、ここでも一人の方が楽という意見が多いようです。「カップルや友達同士で来ている人が多い中、一人で行くのはちょっと気が引ける」という人でも、たとえば比較的人が少ない朝一の回や、レイトショーなどの時間帯に行ってみてはいかがでしょうか。「自分が観たいと思った時、すぐに行ける」「相手に趣味を合わせず自分の観たい映画を選べる」など、多くのメリットがあるようです。

カラオケ、温泉

三つ目がカラオケと温泉です。一人で行った方がゆっくりと自分のペースで楽しめるという理由で、カラオケや温泉などもおすすめです。みんなでワイワイ休日を楽しむのもいいですが、一人で充実した休日を過ごす方法は沢山あります。

まとめ

目元という繊細な場所を施術するので、とても神経を使うのがアイリストの仕事。また、接客業なのでお客様に気を使って会話をするため気疲れもあります。

貴重な休みの日には、一人で映画を観たり話題のお店にランチに行ったりするのも良い過ごし方。でも、もったいないからとついつい遠出をしたくもなりますが、たまにはゆっくり家で過ごしてみてもいいですね。

疲れがとれて、リフレッシュした状態でまた仕事を頑張れるような過ごし方をしてみて下さい。

アイリストになるための情報まとめ

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
  • 山梨県
  • 新潟県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
関西
中国・四国
  • 岡山県
  • 広島県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄
その他
  • 海外