アイリスト希望者へ向けた面接対策!業界ならではの質問など

アイリスト希望者へ向けた面接対策!業界ならではの質問など

面接

まつげエクステを施すことで、お客様に喜んでもらう「アイリスト」。そんなアイリストはまつエクブームが来て以来"売り手市場"が続いていますが、即採用されるわけではありません。面接ではどんな受け答えをすれば良いでしょうか。

アイリスト業界ならではの質問

ここでは、アイリストの面接ならではの「質問」とその「答え方」について見ていきましょう。「何を答えるか」をじっくり考えるのも大事なことですが、「どのように答えるか」ということも意識できると良いですね。

アイリストはどんな仕事だと思いますか

「アイリストはどんな仕事だと思いますか」という質問で面接官が知りたいのは、アイリストという職業に対してのギャップが無いかです。実際に入社して思っていた業界と違うとすぐに辞められてしまっては会社としては困ります。

なので、この質問に対していかにも「華やかそうだから就活しています」と思われる答え方をするのはNGです。

アイリストは美容業界なので、華やかな業界といったキラキラしたイメージだけで就職してくる学生もなかにはいます。しかし、実際勤めてみると「思っていたのと違う」と短期間で辞めていくケースも少なくはないのが実情です。

入社してもすぐに辞められてしまうと、せっかく学生がたくさん就職してきてもその「採用コスト」は全部無駄になってしまいます。そのため、サロン側は「地味」「努力」「華やかではない」「頑張り」などのワードを使った地に足の着いた回答を求めています。

将来はどんなアイリストになりたいですか

「将来はどんなアイリストになりたいですか」という質問で面接官が知りたいのは、あなたが将来に対してどんな考えを持っているかです。なので、この質問で一番ダメな返答は「まだ何も考えていないです」のあとに何も言葉がないことです。将来のビジョンが定まっていないのであれば、その返し方を考えましょう。

「店長になって集客やスタッフ教育に力を入れたい」「将来は独立開業したいと思っている」などといった回答もOKです。また「アイリスト講師を目指している」でもいいでしょう。あくまでもサロンが入店後の指導方針を決めるためにする質問なので、ざっくりとした目標を答えていきましょう。

将来のビジョンがない人も「まずは一人前のアイリストになれるように頑張ります」「アイリストの仕事を体験するうちに将来のことも考えたいです」などと返せばサロン側の印象もバッチリです。

なぜこのお店に興味を持ったのか?

「なぜこのお店に興味を持ったのか?」という質問で面接官が知りたいのは、あなたのサロンに対する就業意欲の高さです。お店に対する関心度が問われているので、しっかり答えられないとマイナスになってしまいます。

あらかじめ店舗の公式サイトなどで情報を仕入れるのはもちろんですが、お店によってはブログやSNSなどで情報を発信しているところもあるので要チェック。サロンの雰囲気を掴むために、実際にお客としてお店に足を運ぶのも1つの手段です。

  面接の準備

アイリストの面接で見られていること

清潔感

アイリストは、美容関連の仕事なので清潔感が感じられることはとっても重要です。、お客様に好印象を持っていただけるように髪型だけではなく化粧、服装にも気を配らなくてはなりません。あまり派手な印象だったり、だらしのない恰好をしていたり、乱れた髪型をしているとセラピストとしてはマイナスポイントです。

一人ひとりのスタッフの見た目は、サロンの印象になるという事を忘れずに、常に清潔感に気を付けましょう。

笑顔で挨拶ができるか

一対一でお客様と向き合い接客するアイリストにとって、笑顔できちんと挨拶ができるかどうかは重要なポイントです。施術してくれるアイリストがせかせかと落ち着きが無く、冷たい態度だとお客様も離れてしまいます。お客様の居心地の良い空間を作ってあげられるような素敵な笑顔の持ち主かどうか、面接官はチェックしています。

質問にハキハキと答えられているか

どのような質問でも“明るくハキハキ”答えるのが最重要ポイントです。

アイリストはお客の要望をうかがう“カウンセリング”も仕事の1つです。コミュニケーションスキルの高いスタッフはお店から重宝されます。面接官は、あなたが質問に対してハキハキと答えられているかどうかを見ています。接客業ですので、お客様へのメニュー説明や施術内容などについて、わかりやすい説明ができる人が求められています。たどたどしいしゃべり方だったり、逆にすごく早口でしゃべったりすると、この人は接客に向かないのではないかと思われてしまうので気を付けましょう。

アイリストの志望動機

面接に挑む際には履歴書を書く場合がほとんどですが、中でも悩む人が多いのが“志望動機”の欄。面接本番で深く掘り下げられることもあるので、しっかりとした動機を記入しておきましょう。

 

志望動機の欄には当然自分の率直な気持ちを書くべきなのですが、「給与が良かったから」などといった直接的な待遇を動機として書くのはNG。「他に給与が良いお店があればすぐに辞めてしまうのかな?」などと思われてしまいます。店舗によっては充実した研修期間を設けているところもあり、お店側としてはせっかく育てた従業員には辞めてもらいたくないもの。そのため他の店舗との比較になりそうな待遇には触れない方が無難ですが、“バースデー休暇”などお店独自のユニークな福利厚生は志望動機として書いても良さそうです。

 

また「そもそもなぜアイリストになろうと思ったのか」は、志望動機に書くべき重要なポイント。「美容学校の授業でアイリストの施術方法を学んで向いていると思った」など、実際の経験を交えた動機を書くと、面接当日の受け答えもスムーズになります。

 

そして他の美容業界の仕事からアイリストに転職する人は、志望動機に「美容師免許を活かしたかったから」などと書きがち。アイリストは美容師免許が必須の職業なので確かに活かすことは出来ますが、これでは肝心な“アイリストになりたい理由”が伝わりません。単純な資格の有無ではなく、「サロンでマツエクの施術を受けてアイリストの仕事に感動したから」といった具体的なエピソードを中心に据えた方が良いでしょう。

 

アイリスト面接に着ていく服装

アイリストの面接では私服でもOKですが、なるべくお客様に親しみやすさを持ってもらえるような見た目を意識して服装を整えていきましょう。

アイリストが着ている洋服は、そのサロンの象徴ともいえます。お客様に、好印象を持ってもらえるよう、髪型だけではなく化粧、服装にも気を配りましょう。

また、アイリストは美容関連の仕事なので清潔感ももちろん大切です。また、季節感やトレンド感を取り入れているかどうか、センスがあるかどうかもポイントです。春〜夏は明るい色の服装、秋〜冬は寒色系の服装などといったトレンドや季節感に合わせた工夫も必要です。

また、サロンの雰囲気にもよりますが、面接ですのであまり派手な格好や露出の多い服装は避けた方が良いでしょう。施術時にじゃまになりそうな派手なネイルや好き嫌いの出やすい強い香水なども避けた方が無難です。

本気度が重要

アイリストの面接で質問されるのは「どれだけ本気かどうか」に集約されたものばかりです。

 

世間的に美容業界は「華やか」なイメージを持たれているため、若い世代がそのイメージに憧れて目指すのも少なくありません。

 

ただ、サロン始め美容業界からすれば「華やかなイメージで就職してすぐ辞めるのは採用コストが無駄になるから控えて欲しい」が本音です。そのため、面接ではあなたの本気さをアピールしましょう。

アイリストになるための情報まとめ

アイリストのお仕事を徹底解析!

アイリストのカウンセリングでは、まずお客様の健康状態とまつ毛の状態を確認します。多くのサロンではカウンセリングカルテというものがあるので、それにお客様の今の状態を記入していきます。

教えて!アイリストのお休み事情

アイリストという職業は、美容業界では高待遇といわれています。給与面はもちろんのこと、就業環境・実働時間・お休み・福利厚生に至るまで、待遇面がしっかりしているサロンも多いようです。その一方で、就業環境やお休みの面を不安視する声も多く聞かれます

アイリストの給料はどれくらい?ボーナス事情も含め徹底紹介

美容業界で高収入と言われているアイリスト。今回はアイリストの賞与・ボーナスについてご紹介。ボーナスの支払われ方や歩合制の給料システム、様々な種類の手当についても取り上げるので、アイリストの収入に興味があるという人はぜひ読んでみてください。

アイリストに向いている人、向かない人。不器用さに悩むアイリストは練習の積み重ねを

アイリストは不器用な人には勤まらないと思っていませんか。しかし、実は不器用でもアイリストとして多くの人が活躍しているのをご存じですか?今回は不器用な方でもアイリストが務まる方法をご紹介します。

「服装自由」はどこまで自由? アイリストとして働く時・面接の時に向いている服装とは

まつ毛エクステ専門店や美容室などで働くアイリスト。今回はアイリストとして働く際にふさわしい服装について説明します。アイリストの面接を受けたり、サロン見学へ行く際の服装についてもご紹介しますので、就職活動中の方も是非参考にしてみてください。

アイリストになるには資格が必要!?未経験者がアイリストを目指す方法とは?

目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」。今回は「未経験からアイリストを目指す方法」についてご紹介していきます。アイリストになるために必要な資格や就職する際に持っていた方が優遇される資格、スクールの種類などを見ていきましょう。

アイリスト志望者向けのスクールってどんなところ?学費や授業内容、取得できる資格まで

まつ毛美容の専門家・アイリストを目指す人が通う、アイラッシュスクールの費用の相場から学べる内容、卒業するまでにかかる時間や取得できる資格まで紹介していきます。

アイリストの民間資格とディプロマの違い

アイリストとしてサロンで働くにあたって美容師免許の他にも持っていて役立つ資格は複数あります。その中でもディプロマとは何か。民間資格だけでなくディプロマ取得の証明書をサロンに飾っていることでお客様にも安心感を与えられるはずです。

美容師になるための最終ステップ「美容師国家試験」について、一から学んじゃおう!

美容師になるために絶対に必要なのが“国家資格”です。美容学校での勉強や、サロンで仕事をいくら頑張ったとしても、国家資格がなければいつまでもアシスタント止まりになってしまいます。

上手くなるコツでお客がつくアイリストに

スキルアップを目指すアイリストの方は、上手くなるコツをおさえておくとスムーズに上達できます。そのためのポイントを、こちらでご紹介しています。

アイリストの魅力・やりがいとは?

アイリストは、女性の目元をより美しくするためのお手伝いをする職業です。目元の印象で、女性の表情は大きく変わってきます。その目元のオシャレを担うアイリストは、とても重要な存在なのです。アイリストについてもっと詳しく知りたい人は必見ですよ!

アイリストの本音が知りたい!

アイリストのお仕事って実際はどうなのでしょう。華やかな業界というイメージのあるアイリストですがその本音についてのぞいてみましょう。

アイリストになって良かったこと、大変なこととは?

どんな仕事にも「大変なところ」と「楽しいところ」があります。先輩アイリストの意見から、この仕事のやりがいや大変なところを学びましょう。

アイリストにおすすめのクレーム対応方法

アイリストが直面することの多いクレームについて、対応方法も交えて解説します。あらかじめどんな内容のものが多いか知っておくことで、対策しやすくなります。

未経験者歓迎のアイリスト求人一覧

アイリストは、美容師免許を持っている方なら未経験でも積極採用している場所が多数あります。また、美容師資格を持っていない方でも基礎からみっちり指導してくれる研修制度があるため、技術を学びながら資格取得に向けて勉強することも可能

土日休みOKのアイリスト求人一覧

実は、アイリストは平日と土日祝日で来客数の差が少ないため、まとまった休みを取りやすい職種。シフトも比較的自由に組めるため、自分のライフスタイルを崩さずに働くことができます。

研修制度ありのアイリスト求人一覧

【研修制度あり】アイリスト、まつげエクステの求人・転職・募集の一覧ページ。アイリストの求人情報探しなら【美プロ】。研修制度ありのアイリスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

歩合ありのアイリスト求人一覧

【歩合あり】アイリスト、まつげエクステの求人・転職・募集の一覧ページ。アイリストの求人情報探しなら【美プロ】。歩合ありのアイリスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

アイリストが転職するおすすめの時期ってあるの? 転職市場の動向を知ろう!

アイリストが転職するおすすめの時期はあるのでしょうか? おすすめの時期を知る前に、まず、アイリストの繁忙期がいつなのかと、忙しくなる理由についてご紹介します。まつ毛エクステの需要がもっとも高まるのは夏の時期。その理由は

アイリストの履歴書の書き方マニュアル!これを書くと内定に近づくかも?

アイリストの履歴書の書き方について、志望動機欄の例文なども踏まえながらポイントを押えてご紹介していきます。

アイリストの職務経歴書ってどう書いたらいいの?

自分の今までの職務経験を応募企業に上手く伝える為に、どんな書き方をしたらよいのでしょうか。ここでは、アイリストの職務経歴書について書き方のポイントを見ていきましょう。

アイリスト希望者へ向けた面接対策!業界ならではの質問など

アイリストとしてお店に採用されるための面接では、主にどのような質問が行われるのか、気になる方へ。どのような意図があり、どんな答えが求められているのかも、こちらで解説しています。

アイリストの志望動機って?ライバルから一歩抜き出す志望動機の答え方

面接でいまいち自分の良さをアピールしきれなかったという人こそ、この「逆質問」の時間を有効に使って採用まで一気に王手をかけて行きましょう!どんな逆質問をすれば有利になるのか、逆に何を聞いてはいけないのかなどを見ていきましょう。

アイリストの面接で重要な逆質問のポイントってなに?

「アイリストとして活躍したい!」。今回は、そんな人のために、就活で役に立つ志望動機や自己PR方法をご紹介いたします。

アイリストの自己PRはコレが大事!面接や履歴書に活用したいポイント

採用担当者が志望動機を質問する理由は回答の内容よりもその人の答え方を見ている場合がほとんど。履歴書の限られた枠の中に記入された内容以外にも「なぜここで働きたいか」「どんな仕事がしたいのか」を自分の中でしっかり考えているかなどを確認しているのです。

アイリストの面接で聞かれる質問はコレだ! 実践に役立つ回答例をチェック

アイリストの面接で聞かれる質問や面接で重視されるポイントなどについてみてきましょう。面接で役に立つ回答例やつい見落としがちな基本的なマナーについてもご紹介していきます。

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
  • 山梨県
  • 新潟県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
関西
中国・四国
  • 岡山県
  • 広島県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄
その他
  • 海外