アイリストの職務経歴書ってどう書いたらいいの?

アイリストの職務経歴書ってどう書いたらいいの?

 

職務経歴書とは、これまであなたがどんな会社やサロンでどのような業務に携わっていたかを具体的に記すものです。単に時系列順に職務履歴を並べるだけでなく、応募する企業に向けてアピールできる点について面倒がらずに丁寧に書いていきましょう。

ここでは、アイリストの職務経歴の書き方について詳しく見ていきます。

アイリストの職務経歴書におけるアピールの方法

自分の今までの経験を応募企業に上手く伝える為に、どんな書き方をするのが良いのでしょうか?

技術力について書く

技術力に自信があるという人は得意な技術やどんなメニューを強みにして働いていたのかといったことをアピールして下さい。「ボリュームラッシュ」や「3Dラッシュ」などできる技術があればそれも書いていきましょう。

指名のお客様がいる場合などは、お客様に好評だったポイントや接客の時に気を付けていることなど具体的に記していきます。

もし何か受賞歴があるようであれば、賞の名前も出して積極的にアピールしていきましょう。

カウンセリング能力について書く

アイリストとして働くためには技術力だけではなくコミュニケーション力をはじめとしたカウンセリング能力もとても大切です。採用担当もカウンセリングの力のある人材が欲しいと考えている人が多いので、「自分はカウンセリングの能力が高い」ということをしっかり面接官にアピールできれば採用が有利に進むでしょう。

何気ない会話の中からもお客様の希望を拾って、心から満足していただけるスタイルに仕上げていく能力は、アイリストにとって不可欠な能力です。

お客様の心の中に眠っている悩みも聞き出し、女性の美しくなりたいという気持ちを叶えてきたという事を書いていきましょう。

マネジメント経験について書く

店長やマネージャーなどのマネジメントの経験があれば大きなアピールポイントになります。また、役職はなくても新人の教育係やバイトリーダーのようなことをしていたのであれば、それはあなたの強みになります。責任のある仕事を任されていたという事は採用する企業からすれば即戦力で働いてもらえる貴重な人材です。評価の高いスキルなので、一番に伝えていきたいポイントですね。

アイリストの転職理由

アイリストの転職理由はさまざまです。「人間関係のストレス」や会社の「待遇」などに不満を持つ人も多いでしょうが、転職理由を聞かれたときにそのようなマイナスな理由を述べてしまうのはNGです。

「人間関係や待遇などが問題で転職活動をしています」と言うと、面接官はあなたが入社したとしても、また同じような理由で辞めてしまうのではないかと思ってしまいます。「スキルアップのため」「成長したいから」など、できるだけポジティブな転職理由を述べていきましょう。

幅広い仕事をしたい

前職よりもメニューが充実しているサロンに応募する場合には、「自分の今までの経験を活かし、得意なメニューのスキルアップをしたい」「幅広い経験を積みたい」というような転職理由も良いでしょう。

積極的に新しいことを学んでいきたいというあなたの熱意を面接官にしっかり伝えましょう。また、今まで大きなサロンに勤めていてなかなか入客のチャンスが少なかったというような場合には、少人数制サロンで幅広い経験を積みたい、もっともっと入客したい、といったことがアピールになります。

マネジメントをしたい

今まで働いてきたサロンでもマネジメントの経験がある、もしくは今まではそのような経験はないが挑戦してみたくて勉強中、というような人はそのことを転職理由に挙げてみましょう。

マネジメント経験がある人なら即戦力として歓迎されることはもちろん、勉強中の人もやる気を買われて採用に繋がりやすくなる場合があります。

丁寧な接客がしたい

毎日人数をなるべく多くこなすことを目標としているサロンの場合、1人のお客様に対してかける接客時間が短い場合があります。

流れ作業のようになってしまう接客ではなく、1人とじっくり話して深い悩みまで聞きだすことができるような接客スキルを磨きたいという考えの人は、一人一人のお客様にじっくり時間を取れるようなサロンに行って接客を学びたいという理由を書いてみましょう。

志望動機

新しいメニューを身に着けたい

「エクステだけではなくまつ毛パーマやトリートメント、眉のメニューも取り扱っているという点に魅力を感じました」「自分の今までの経験を活かし、新しい技術を習得したいと思い御社を志望させていたがきました」といったワードを織り交ぜながら、積極的にスキルアップしていきたいという姿勢を面接官にアピールしていきましょう。得意な技術や覚えたいと思っている技術とその理由も合わせて書いていくと良いでしょう。

「多くのお客様の目元の悩みを解決するため」「なるべく多くの資格を取得して信頼されるアイリストになるため」などアイリストとしての目標があれば、それも伝えましょう。

マネジメントをしたい

前職でマネジメント経験があればその経験を書き、「お店の運営やスタッフの教育に積極的にかかわっていきたい」「もっとマネジメントの仕事にも力を入れたいと思うようになりました」「ゆくゆくは店長としてサロンを引っ張っていけるような存在になりたい」というように施術者としてだけでなく、マネジメントとしても頑張っていきたいという想いを伝えましょう。

接客スキルを磨きたい

アイリストとして働くためには技術力だけではなく接客力もとても大切です。接客力を磨くために転職を考えている方は、「人の話を聞くことが大好き」「コミュニケーション力を活かして御社に貢献したい」など接客力があることも志望動機に盛り込みましょう。

また、「私が御社を志望した理由は、お客様を第一に考えているサロンだと感じたからです」「一人一人のお客様の話をじっくり聞いて施術できるようなサロンで働きたいと考えています」など、どうしてその会社を志望しているのかという理由も合わせて書いていきましょう。

まとめ

ここまで、アイリストの職務経歴書の書き方をみてきました。「新しいメニューを身に着けたい」「マネジメントをしたい」「接客スキルを磨きたい」など、まずは転職する理由を考えた上で働きたいサロンへの志望動機やアピールポイントを考えていきましょう。

自分の今までの経験の中で活かせるスキルは何か、足りないスキルは何かをしっかりと伝えることがポイントです。

アイリストの仕事は、美容業界の中でも人気の職種になってきています。

ライバルも多い中で、何を伝えたら選考が有利になるのかポイントを押さえて面接に臨むようにしましょう。

アイリストになるための情報まとめ

お役立ちコンテンツ

就活講座

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
関東
甲信越・北陸
  • 山梨県
  • 新潟県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
関西
中国・四国
  • 岡山県
  • 広島県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄
その他