アイリストの面接で聞かれる質問はコレだ! 実践に役立つ回答例をチェック

アイリストの面接で聞かれる質問はコレだ! 実践に役立つ回答例をチェック

面接を受けることになった、アイリスト志望のあなた! 面接当日まで、どのような質問が行われるのか、どのような準備をして臨んだらいいか、とても気になりますよね? 面接官の質問のウラにはどのような意図があり、どんな答えが求められているのか、実際の回答例を中心に紹介していきます。

アイリスト面接で聞かれること

それでは質問に対する、実際の回答例をみていきましょう。

なぜ、美容業界を選んだのか?

学生時代にサロンでサービスを受けたことが、「美容業界」への転職を決めるきっかけになりました。前職では健康食品を販売する営業職に就いていましたが、学生時代に受けた丁寧なサービスと、そこで働いていたスタッフの生き生きとした姿が忘れられず、いつかは自分も美容業界に身を置きたいと考えるようになりました。前職で学んだお客様へのホスピタリティ精神を活かして、お客様だけでなく、スタッフにも信頼されるアイリストになっていきたいと思います。

なぜ、アイリストになろうと思ったのか?

現在、美容専門学校に在学しており、美容師免許を取得しております。入学当時は美容師を目指して日々勉学に励んでおりましたが、まつげエクステを施術してもらった際、自分の表情が激的に変化し、表情が以前よりも明るくなったことに感動し、この経験からアイリストという仕事に魅力を感じ、応募を決意致しました。実務経験はありませんが、貴社の充実した研修やカリキュラムでしっかりと技術を身に付け、お客様にも自身と同じような感動を与えられるようになりたいと考えています。

なぜ他のサロンではなく、うちのサロンを選んだのか?

一人ひとりの想いを大切にし、丁寧なカウンセリングを行っている御社の経営理念に共感したからです。都心の駅近にお店を構えながらも、サロンの雰囲気、スタッフの方の接客がとても落ち着いており、癒しを与える空間づくりを目指している点にも魅力を感じております。また、研修制度も充実しており、新人教育や全体のさらなる技術の向上などを目指す姿勢にも共感いたしました。

退職理由(転職の場合)

この4年間、私は無我夢中で美容師のお仕事を続けていました。4年が経ったとき、「はたしてこのままのキャリアプランでいいの?」と将来設計を見つめ直し、サロンを退職することを決意いたしました。美容の世界は好きだったので、この業界で新たな仕事を探そうと思ったときに出会ったのが、アイリストの求人広告でした。アイリストの道ならこれまでの経験を活かせると思い、挑戦することにしました。

アイリスト面接で重視されるポイント

アイリストになりたいという本気度

自己PRや志望動機、転職理由など、転職面接における基本的な質問を一通り聞いた後は、面接官はあなたに、「本当に転職できそうですか?」、「本当に大丈夫ですか?」など、本気度を聞く質問がある場合があります。

面接官からすると、いかに経験や能力が優れていても、転職や環境の変化に対する不安、現職からの引き留め、家族の反対などから入社しないケースもあるため、あなたの本気度を確かめようとしているのです。面接の後半に念押しで確認されることも多いので、その時は気持ちを込めてあなたの本気度を伝えられるようにしておきましょう。

志望動機

面接官があなたのスキルやキャリア、人柄のほかに、志望動機を重視するのはなぜでしょう? 一つにはその人が「ウチで長く活躍してくれる人かどうか」を見極めたいからです。多くのサロンが研修などにコストをかけています。そのため、すぐに辞めてしまう人はなるべく採用を避けたいのです。その会社で長く活躍するのは、サロンの目指す方向性や価値観をよく理解し、共感している人です。ですので、面接官はそれが端的に表れるあなたの志望動機を重視するのです。

コミュニケーション能力があるかどうか

一人前のアイリストになるためには、技術力だけでなくコミュニケーション能力も重要になってくるため、面接でもそこが重視される傾向にあります。接客業なので当然といえば当然ですが、お客様が「またこのお店に来たいな」と思うかどうかは、お客様との関係性をしっかり築くことができるかどうかにかかっています。もちろん技術力に満足してリピートに繋がることもありますが、サロンに来たお客様が施術時間を心地よいと思えたかどうかが、リピートのカギとなります。それをわかっている面接官はあなたの雰囲気や話しぶり、コミュニケーション能力をよくみているのです。

忍耐力があるかどうか

面接で技術と同じくらい重要視されるのが、あなたの集中力と忍耐力です。未経験者募集の場合、技術力は問われませんから、尚更顕著になるといえるでしょう。まつげエクステは、どちらかというと地味な作業です。1日何百本ものエクステをつけるお仕事は、細かい作業を集中して行う力と、単純作業を根気よく続ける力が必要となります。そのため、面接官にはあなたの忍耐力をアピールできるエピソードを話してみてください。

アイリスト面接での注意点・NGポイント

奇抜過ぎるネイルはNG

面接で注意しなければならないのが、ネイルです。アイリストは目元に触れるお仕事です。そのため、あまり伸びすぎていると危険です。ネイルについて規定のないサロンも多いですが、採用面接では、安心して施術を任せられるような指先にしておいた方が無難といえます。

清潔感のあるファッションを

服装面でも注意が必要です。面接ではあなたの普段の雰囲気を確認するために、「私服でお越しください」と言われる場合があります。その際は、清潔感のある格好を意識しましょう。服装に制限を設けているサロンも多いので、せっかくの面接で悪い印象を与えないためにも、予めサロンの服装規定をしっかり確認しておくことをおススメします。前以て、実際に見学しておくのも手ですね。

つい見落としがちな基本マナー

面接が始まると、表情がこわばり、声が上ずる、視線が定まらないなど、非常事態に陥ってしまう応募者は少なくありません。初対面の相手を前に、誰でも少なからず緊張するものです。採用担当者はそうした状況を想定しているので大目に見てくれていますが、最低限のマナー・ルールを理解していないのはNGです。面接当日の入室から退室までの立ち振る舞いに不安がある方は、事前に面接のマナーについておさらいしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 面接当日まであまり時間がなくても、まだまだ対策は打てます。少しでもよい印象につなげ、希望のサロンに入社するためにも、面接で聞かれそうな質問やチェックされそうなポイントを知っておくことが大切です。土壇場であたふたしないように、準備を進めておきましょう。

アイリストになるための情報まとめ

お役立ちコンテンツ

就活講座

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
  • 山梨県
  • 新潟県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
関西
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 京都府
  • 滋賀県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国・四国
  • 岡山県
  • 広島県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄
その他