アイリストの面接で聞かれる質問はコレだ! 実践に役立つ回答例をチェック

アイリストの面接で聞かれる質問はコレだ! 実践に役立つ回答例をチェック

面接を受けることになった、アイリスト志望のあなた! 面接当日まで、どのような質問が行われるのか、どのような準備をして臨んだらいいか、とても気になりますよね? 面接官の質問のウラにはどのような意図があり、どんな答えが求められているのか、実際の回答例を中心に紹介していきます。

アイリスト面接で聞かれること

それでは質問に対する、実際の回答例をみていきましょう。

なぜ、美容業界を選んだのか?

学生時代にサロンでサービスを受けたことが、「美容業界」への転職を決めるきっかけになりました。前職では健康食品を販売する営業職に就いていましたが、学生時代に受けた丁寧なサービスと、そこで働いていたスタッフの生き生きとした姿が忘れられず、いつかは自分も美容業界に身を置きたいと考えるようになりました。前職で学んだお客様へのホスピタリティ精神を活かして、お客様だけでなく、スタッフにも信頼されるアイリストになっていきたいと思います。

なぜ、アイリストになろうと思ったのか?

現在、美容専門学校に在学しており、美容師免許を取得しております。入学当時は美容師を目指して日々勉学に励んでおりましたが、まつげエクステを施術してもらった際、自分の表情が激的に変化し、表情が以前よりも明るくなったことに感動し、この経験からアイリストという仕事に魅力を感じ、応募を決意致しました。実務経験はありませんが、貴社の充実した研修やカリキュラムでしっかりと技術を身に付け、お客様にも自身と同じような感動を与えられるようになりたいと考えています。

なぜ他のサロンではなく、うちのサロンを選んだのか?

一人ひとりの想いを大切にし、丁寧なカウンセリングを行っている御社の経営理念に共感したからです。都心の駅近にお店を構えながらも、サロンの雰囲気、スタッフの方の接客がとても落ち着いており、癒しを与える空間づくりを目指している点にも魅力を感じております。また、研修制度も充実しており、新人教育や全体のさらなる技術の向上などを目指す姿勢にも共感いたしました。

退職理由(転職の場合)

この4年間、私は無我夢中で美容師のお仕事を続けていました。4年が経ったとき、「はたしてこのままのキャリアプランでいいの?」と将来設計を見つめ直し、サロンを退職することを決意いたしました。美容の世界は好きだったので、この業界で新たな仕事を探そうと思ったときに出会ったのが、アイリストの求人広告でした。アイリストの道ならこれまでの経験を活かせると思い、挑戦することにしました。

アイリスト面接で重視されるポイント

アイリストになりたいという本気度

自己PRや志望動機、転職理由など、転職面接における基本的な質問を一通り聞いた後は、面接官はあなたに、「本当に転職できそうですか?」、「本当に大丈夫ですか?」など、本気度を聞く質問がある場合があります。

面接官からすると、いかに経験や能力が優れていても、転職や環境の変化に対する不安、現職からの引き留め、家族の反対などから入社しないケースもあるため、あなたの本気度を確かめようとしているのです。面接の後半に念押しで確認されることも多いので、その時は気持ちを込めてあなたの本気度を伝えられるようにしておきましょう。

志望動機

面接官があなたのスキルやキャリア、人柄のほかに、志望動機を重視するのはなぜでしょう? 一つにはその人が「ウチで長く活躍してくれる人かどうか」を見極めたいからです。多くのサロンが研修などにコストをかけています。そのため、すぐに辞めてしまう人はなるべく採用を避けたいのです。その会社で長く活躍するのは、サロンの目指す方向性や価値観をよく理解し、共感している人です。ですので、面接官はそれが端的に表れるあなたの志望動機を重視するのです。

コミュニケーション能力があるかどうか

一人前のアイリストになるためには、技術力だけでなくコミュニケーション能力も重要になってくるため、面接でもそこが重視される傾向にあります。接客業なので当然といえば当然ですが、お客様が「またこのお店に来たいな」と思うかどうかは、お客様との関係性をしっかり築くことができるかどうかにかかっています。もちろん技術力に満足してリピートに繋がることもありますが、サロンに来たお客様が施術時間を心地よいと思えたかどうかが、リピートのカギとなります。それをわかっている面接官はあなたの雰囲気や話しぶり、コミュニケーション能力をよくみているのです。

忍耐力があるかどうか

面接で技術と同じくらい重要視されるのが、あなたの集中力と忍耐力です。未経験者募集の場合、技術力は問われませんから、尚更顕著になるといえるでしょう。まつげエクステは、どちらかというと地味な作業です。1日何百本ものエクステをつけるお仕事は、細かい作業を集中して行う力と、単純作業を根気よく続ける力が必要となります。そのため、面接官にはあなたの忍耐力をアピールできるエピソードを話してみてください。

アイリスト面接での注意点・NGポイント

奇抜過ぎるネイルはNG

面接で注意しなければならないのが、ネイルです。アイリストは目元に触れるお仕事です。そのため、あまり伸びすぎていると危険です。ネイルについて規定のないサロンも多いですが、採用面接では、安心して施術を任せられるような指先にしておいた方が無難といえます。

清潔感のあるファッションを

服装面でも注意が必要です。面接ではあなたの普段の雰囲気を確認するために、「私服でお越しください」と言われる場合があります。その際は、清潔感のある格好を意識しましょう。服装に制限を設けているサロンも多いので、せっかくの面接で悪い印象を与えないためにも、予めサロンの服装規定をしっかり確認しておくことをおススメします。前以て、実際に見学しておくのも手ですね。

つい見落としがちな基本マナー

面接が始まると、表情がこわばり、声が上ずる、視線が定まらないなど、非常事態に陥ってしまう応募者は少なくありません。初対面の相手を前に、誰でも少なからず緊張するものです。採用担当者はそうした状況を想定しているので大目に見てくれていますが、最低限のマナー・ルールを理解していないのはNGです。面接当日の入室から退室までの立ち振る舞いに不安がある方は、事前に面接のマナーについておさらいしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 面接当日まであまり時間がなくても、まだまだ対策は打てます。少しでもよい印象につなげ、希望のサロンに入社するためにも、面接で聞かれそうな質問やチェックされそうなポイントを知っておくことが大切です。土壇場であたふたしないように、準備を進めておきましょう。

アイリストになるための情報まとめ

アイリストのお仕事を徹底解析!

アイリストのカウンセリングでは、まずお客様の健康状態とまつ毛の状態を確認します。多くのサロンではカウンセリングカルテというものがあるので、それにお客様の今の状態を記入していきます。

教えて!アイリストのお休み事情

アイリストという職業は、美容業界では高待遇といわれています。給与面はもちろんのこと、就業環境・実働時間・お休み・福利厚生に至るまで、待遇面がしっかりしているサロンも多いようです。その一方で、就業環境やお休みの面を不安視する声も多く聞かれます

アイリストの給料はどれくらい?ボーナス事情も含め徹底紹介

美容業界で高収入と言われているアイリスト。今回はアイリストの賞与・ボーナスについてご紹介。ボーナスの支払われ方や歩合制の給料システム、様々な種類の手当についても取り上げるので、アイリストの収入に興味があるという人はぜひ読んでみてください。

アイリストに向いている人、向かない人。不器用さに悩むアイリストは練習の積み重ねを

アイリストは不器用な人には勤まらないと思っていませんか。しかし、実は不器用でもアイリストとして多くの人が活躍しているのをご存じですか?今回は不器用な方でもアイリストが務まる方法をご紹介します。

「服装自由」はどこまで自由? アイリストとして働く時・面接の時に向いている服装とは

まつ毛エクステ専門店や美容室などで働くアイリスト。今回はアイリストとして働く際にふさわしい服装について説明します。アイリストの面接を受けたり、サロン見学へ行く際の服装についてもご紹介しますので、就職活動中の方も是非参考にしてみてください。

アイリストになるには資格が必要!?未経験者がアイリストを目指す方法とは?

目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」。今回は「未経験からアイリストを目指す方法」についてご紹介していきます。アイリストになるために必要な資格や就職する際に持っていた方が優遇される資格、スクールの種類などを見ていきましょう。

アイリスト志望者向けのスクールってどんなところ?学費や授業内容、取得できる資格まで

まつ毛美容の専門家・アイリストを目指す人が通う、アイラッシュスクールの費用の相場から学べる内容、卒業するまでにかかる時間や取得できる資格まで紹介していきます。

アイリストの民間資格とディプロマの違い

アイリストとしてサロンで働くにあたって美容師免許の他にも持っていて役立つ資格は複数あります。その中でもディプロマとは何か。民間資格だけでなくディプロマ取得の証明書をサロンに飾っていることでお客様にも安心感を与えられるはずです。

美容師になるための最終ステップ「美容師国家試験」について、一から学んじゃおう!

美容師になるために絶対に必要なのが“国家資格”です。美容学校での勉強や、サロンで仕事をいくら頑張ったとしても、国家資格がなければいつまでもアシスタント止まりになってしまいます。

上手くなるコツでお客がつくアイリストに

スキルアップを目指すアイリストの方は、上手くなるコツをおさえておくとスムーズに上達できます。そのためのポイントを、こちらでご紹介しています。

アイリストの魅力・やりがいとは?

アイリストは、女性の目元をより美しくするためのお手伝いをする職業です。目元の印象で、女性の表情は大きく変わってきます。その目元のオシャレを担うアイリストは、とても重要な存在なのです。アイリストについてもっと詳しく知りたい人は必見ですよ!

アイリストの本音が知りたい!

アイリストのお仕事って実際はどうなのでしょう。華やかな業界というイメージのあるアイリストですがその本音についてのぞいてみましょう。

アイリストになって良かったこと、大変なこととは?

どんな仕事にも「大変なところ」と「楽しいところ」があります。先輩アイリストの意見から、この仕事のやりがいや大変なところを学びましょう。

アイリストにおすすめのクレーム対応方法

アイリストが直面することの多いクレームについて、対応方法も交えて解説します。あらかじめどんな内容のものが多いか知っておくことで、対策しやすくなります。

未経験者歓迎のアイリスト求人一覧

アイリストは、美容師免許を持っている方なら未経験でも積極採用している場所が多数あります。また、美容師資格を持っていない方でも基礎からみっちり指導してくれる研修制度があるため、技術を学びながら資格取得に向けて勉強することも可能

土日休みOKのアイリスト求人一覧

実は、アイリストは平日と土日祝日で来客数の差が少ないため、まとまった休みを取りやすい職種。シフトも比較的自由に組めるため、自分のライフスタイルを崩さずに働くことができます。

研修制度ありのアイリスト求人一覧

【研修制度あり】アイリスト、まつげエクステの求人・転職・募集の一覧ページ。アイリストの求人情報探しなら【美プロ】。研修制度ありのアイリスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

歩合ありのアイリスト求人一覧

【歩合あり】アイリスト、まつげエクステの求人・転職・募集の一覧ページ。アイリストの求人情報探しなら【美プロ】。歩合ありのアイリスト求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

アイリストが転職するおすすめの時期ってあるの? 転職市場の動向を知ろう!

アイリストが転職するおすすめの時期はあるのでしょうか? おすすめの時期を知る前に、まず、アイリストの繁忙期がいつなのかと、忙しくなる理由についてご紹介します。まつ毛エクステの需要がもっとも高まるのは夏の時期。その理由は

アイリストの履歴書の書き方マニュアル!これを書くと内定に近づくかも?

アイリストの履歴書の書き方について、志望動機欄の例文なども踏まえながらポイントを押えてご紹介していきます。

アイリストの職務経歴書ってどう書いたらいいの?

自分の今までの職務経験を応募企業に上手く伝える為に、どんな書き方をしたらよいのでしょうか。ここでは、アイリストの職務経歴書について書き方のポイントを見ていきましょう。

アイリスト希望者へ向けた面接対策!業界ならではの質問など

アイリストとしてお店に採用されるための面接では、主にどのような質問が行われるのか、気になる方へ。どのような意図があり、どんな答えが求められているのかも、こちらで解説しています。

アイリストの志望動機って?ライバルから一歩抜き出す志望動機の答え方

面接でいまいち自分の良さをアピールしきれなかったという人こそ、この「逆質問」の時間を有効に使って採用まで一気に王手をかけて行きましょう!どんな逆質問をすれば有利になるのか、逆に何を聞いてはいけないのかなどを見ていきましょう。

アイリストの面接で重要な逆質問のポイントってなに?

「アイリストとして活躍したい!」。今回は、そんな人のために、就活で役に立つ志望動機や自己PR方法をご紹介いたします。

アイリストの自己PRはコレが大事!面接や履歴書に活用したいポイント

採用担当者が志望動機を質問する理由は回答の内容よりもその人の答え方を見ている場合がほとんど。履歴書の限られた枠の中に記入された内容以外にも「なぜここで働きたいか」「どんな仕事がしたいのか」を自分の中でしっかり考えているかなどを確認しているのです。

アイリストの面接で聞かれる質問はコレだ! 実践に役立つ回答例をチェック

アイリストの面接で聞かれる質問や面接で重視されるポイントなどについてみてきましょう。面接で役に立つ回答例やつい見落としがちな基本的なマナーについてもご紹介していきます。

アイリストの求人・転職情報を探す

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
  • 岡山県
  • 広島県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄
その他
  • 海外