美容スペシャリストな自分になるために

2017年2月6日更新

セラピスト

セラピストの海外勤務&留学はメリットが多い!? 必要な資格や制度とは


一口にセラピストと言っても、その施術内容は様々。女性に人気の「アロマセラピー」や「ハーブセラピー」をはじめとして、「リンパセラピー」や「カラーセラピー」など、多くの種類がありますが、その多くが海外で生まれたものです。そのため本場のセラピーを学びたい、身につけたいという思いから、海外勤務や留学を希望するセラピストもいるようですね。
 
とはいえ日本でセラピストの仕事をする場合、セラピーに関する学校に入学したり、関連講座を受講するだけで必要な資格やスキルが身につきます。けっきょく海外勤務や留学を諦めてしまう人も多いでしょうが、海外でのセラピー経験にはメリットもたくさんあるんです。そこで今回は海外勤務や留学の特徴について見ていきましょう。

セラピストにとっての海外勤務や留学のメリットとは

現地の本格的な知識&スキルが学べる

セラピストにとって海外勤務や留学の最も大きなメリットは、より深いセラピーの知識・スキルを身につけられること。最初に紹介したように、セラピーはその多くが海外発祥のものなので、自分が学びたいセラピーの発祥地や盛んに行われている地域に行くことで、本格的なセラピーの知識やスキルを学ぶことができます。例えば、アロマセラピーやリフレクソロジーなどはイギリスではセラピーという領域に留まることなく、医療の一部としても取り入れられているそうなので、よりヒーリング効果の高いセラピーを学ぶことができるのではないでしょうか。

日本では学びにくいセラピーに触れられる

観光地として人気のハワイでは、「ロミロミ」という伝統的なマッサージが有名。癒し効果が高いセラピーで、日本でもロミロミをメニューに取り入れているサロンが増えていますね。そんなロミロミですが、日本ではまだまだその知識を学べるところが少ないのが現状…。しかし、ハワイ州が公認しているマッサージスクールなどを通して、現地に留学することができるので、一足先に最先端のスキルを学びたいという人にはうってつけです。
 

スキルアップにつながる

海外での勤務経験や留学経験は、日本で仕事をする場合にも有利に働きます。会社によっては海外での勤務経験がある場合に、給与や待遇の面で優遇されることもあります。また、英会話が得意であれば、収入アップにつながることも。最近では日本人だけではなく、観光で日本を訪れた外国人などもサロンのお客様となっています。そんな時、英語などの言語で会話することができれば、外国人のお客様を獲得することにつながるので、日本語以外の言語が話せるだけでも重宝されるはずです。
 
ですが、海外勤務や留学をしても、それだけで英語でコミュニケーションできるレベルまで上達できるか不安になる人もいますよね。海外勤務や留学の制度の中には、英会話のトレーニングなどが盛り込まれているケースがあります。無料の場合もあれば、有料の場合もありますが、セラピーに関する知識を学びながら同時に英語の勉強もできるので、わざわざ英語の練習をしなくて良いのが嬉しいところ。

独立の際の手助けになる

セラピストとして働いている人の中には、「いつか独り立ちして自分の店を持ちたい」「フリーのセラピストとして働きたい」など、独立を目指している人もいるかもしれません。そんな時、日本だけでなく海外での施術経験があれば、お客様にとって信頼できるポイントになりますよね。その国で発行されている資格や国際資格を持っていれば、より信頼度がアップするので、独立や開業を考えている人はぜひ、スキルの証明となる資格の取得を目指してみましょう。

海外勤務や留学に必要なスキルや資格

海外勤務や留学は、利用する会社や制度によって必要なスキルや資格が異なります。海外勤務の場合、現地で仕事を探すなら、現地の求人の募集条件を満たしておかなければなりません。また、日本でどこかの会社に就職して、そこから海外勤務をすることもできますが、海外勤務が保証されているわけではありませんし、海外勤務までに数年かかってしまうことも…。さらに、会社の一員として派遣されるため、ある程度高い英語スキルを持っていることが求められるようです。
 
一方で、留学の場合には留学制度の募集条件を満たしていればOK。高校卒業程度の学力や、留学に必要な費用が揃っていれば、留学自体は比較的簡単にすることができますよ。ただし、どちらの場合も海外渡航のためにビザの申請が重要に! 最初から海外勤務を目的として行く場合は、労働をするためにワーキングビザなどが必要になるので、忘れずに手続きを行っておきましょう。
 

セラピストのための留学制度

海外でセラピーのスキルを勉強したいと考えている人にとって、どんな留学制度があるのか気になりますよね。その内容はセラピーの種類や留学地、留学期間によって異なります。そのため、まずは学びたいセラピーの種類を決めてから、どんな制度があるのか調べてみてください。
 
内容と同じように気になるのが留学費用ですが、上記の中で最も費用に関係してくるのが「留学期間」。例えば、1週間なら10万円程度、1カ月なら30万円程度、数カ月~1年の場合は約100~200万円程度といった相場があるようです。期間が長くなればなるほど、学べることも多くなりますが、当然費用は高くなります。
 
そのため、自分がどこまで深く学びたいのか、留学費用をどこまで準備できるかも重要なポイント。セラピー専門ではありませんが、海外留学費用の奨学金制度も用意されているので、それらを利用してみるのもオススメですよ。
 
画像出典:hellocoolworld / Clinic Counselling Session(from Flickr, CC BY 2.0)j van cise photos / Tulip ~ Michigan(from Flickr, CC BY 2.0)storebukkebruse / Burning healing insence(from Flickr, CC BY 2.0)

セラピストの関連求人

セラピストになるための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント