美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.17

セラピスト

アロマを掃除に活用?おすすめの活用方法とは

アロマを活用すれば掃除中も癒される

料理や洗濯などで毎日家事に追われていると、掃除も面倒くさいと感じてしまいますよね。雑巾がけやトイレ掃除は意外と重労働で、疲れているときはさらにテンションが下がってしまいます。そんなとき、少しでも気分が上がるよう、掃除にアロマを活用してみませんか?アロマと言えば、アロマセラピーなどリラクゼーションに使うもの、という印象がありますが、掃除にも取り入れられるのです。いい香りに包まれて掃除が楽しくなるほか、香りがほんのり残って掃除後もさわやかな気分で過ごせますよ。

拭き掃除におすすめ!万能アロマスプレー

拭き掃除をする場所に、シュッとひと吹きで使えるアロマスプレーの作り方をご紹介します。スプレーをかけてから雑巾がけをすれば、床や窓ガラスもピカピカになり、いい香りが漂います。

【材料】

  • 無水エタノール 80ml
  • 精製水     20ml
  • 好きなアロマ  10~20滴
  • 保存容器(スプレータイプ)

【作り方】

材料を保存容器にすべて入れたら完成です。成分が分離する可能性もあるため、使用する前はよく振ってから使いましょう。

ペパーミントやひのき、レモングラスなどさっぱりとした香りのアロマを使用すると、よりリフレッシュできるのでおすすめです。油汚れがつきやすいキッチンでも使ってみてくださいね。冷蔵庫内に使用するときは、中のものに香りが移る可能性があるので、アロマの量を減らすか、アロマだけを入れないようにするなど、工夫してみましょう。

ガンコな汚れも落ちる!トイレ用アロマクリーナー

汚れやすいトイレは、毎日掃除しないとキレイに保てません。トイレ掃除のときには、汚れがしっかり落ちるアロマクリーナーを使いましょう、しっかりこすらなくても汚れが落ちるので、ぜひ作ってみてください。

【材料】

  • 無水エタノール 50ml
  • 精製水 450ml
  • クエン酸 小さじ4
  • 好きなアロマ 50~60滴
  • 保存容器(スプレータイプ)

【作り方】

材料を保存容器に入れ、よく振って混ぜ合わせます。量が多いので、毎日便器に吹きかけてください。

無水エタノールやアロマは引火性があるので、保管するときは、容器のふたをしっかりと閉め、火の近くには置かないようにしましょう。また、ニスを塗ったものや水が浸透する素材に使用したときは、色落ちやシミの原因になる恐れがあります。一度目立たないところで試してから使用してください。

アロマを活用することで、億劫だった掃除も楽しくなるはず。ぜひ、お気に入りのアロマを使って、掃除の時間を楽しくしてみましょう!

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!