美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.02.07

作成:2017.03.07

セラピスト

セラピストにとって「手」は命!手荒れしないケア方法とは

セラピストの手荒れの原因とは


 

セラピストは、毎回オイルなどを使ってお客様をマッサージすることが多いので、手が潤っているイメージがあるかもしれません。しかし、実際には、施術が終わるたびに石鹸で手を洗い、アルコールなどで消毒を行っているため、手に掛かる負担は大きくなるのです。そのため、セラピストの手は、しっかりケアをしていないと荒れてしまいます。

セラピストが手荒れした手で施術するデメリット


 

セラピストは、お客様に直接手で触れることが多いので、荒れた手では施術することができません。荒れた手で施術やマッサージを行うと、お客様のお肌を傷つけてしまうことになります。

セラピストが手荒れしたまま施術するデメリット

  • お客様のお肌を傷つけてしまう可能性がある
  • サロンの売り上げや信用が落ちる可能性がある
  • お客様を施術できなくなり、予約を取ることができなくなる
  • 手荒れは1日2日で治らないこともあり、その間営業ができなくなる

このように、商売道具である「手」が荒れてしまうと、売り上げや信用に直結する大問題に発展してしまいます。セラピストにとって手荒れの問題はかなり大きな問題となってしまうのです。

セラピストが手荒れした手をケアする方法

セラピストにとって手荒れは、大問題に繋がってしまいます。そうならないためにも、普段からハンドケアはとても重要です。では、どのような方法でケアすると良いのでしょうか。

セラピストは普段の生活から、ハンドケアをしていく必要があります。

例えば、家事などで手荒れすることが多い場合は、

  • 食器洗いなどの家事をする場合、ハンドクリームを塗ってゴム手袋を着用して食器を洗う
  • 洗濯物を干したり畳んだりする場合、手袋をはめる

極力、ハンドクリームもしくは手袋(水仕事の場合はゴム手袋)着用するなど、徹底的に工夫しましょう。

普段の生活では、

  • 常にハンドクリームやオイルを欠かさず、乾燥や手荒れを避けるようにする
  • 寝る前のケアを忘れずに行う

特に、冬場はすぐに乾燥しますので、こまめにハンドケアを行う必要があります。

ハンドケアをする際は、塗るクリームやオイルなどにも相性があります。ステロイド、ニベア、ベビーオイル、シアバターなど、人それぞれ肌質が違うためご自身に合ったものを使用しましょう。

セラピストにとって「手」は命です。ハンドケアをしっかりして、潤った手でお客様を癒してくださいね。

 

セラピストなら心掛けたい施術中の手荒れケア

セラピストがハンドケアを怠ると、お客様の肌を傷つけてしまう恐れがあります。そのため、日常だけではなく施術中においてもケアを行いましょう。

 

セラピストはただでさえ手を酷使する職種。タオルを使った施術などで手の油分や水分を吸い取られて、手荒れを引き起こしやすいと言われています。また施術中に使うマッサージオイルや粗いタオル生地が手荒れの原因になってしまうことも。そして手荒れを放置したまま施術を続けると、マッサージの際に最もよく使う親指が切れてしまう可能性もあります。そこでおススメしたいのが、施術時に手袋をつけるという方法。手の保湿だけでなく、タオルとの摩擦を防ぐ効果も期待できますよ。

 

ただし表面がつるつるとした手袋は、指先が滑ってしまうので繊細な施術には向いていません。肌の感触を確かめながら施術を行えるように、しっかりと手に密着するサイズのゴム手袋を選ぶと良いでしょう。

手荒れ対策だけじゃ足りない! セラピストのネイルケアについて

セラピストとしてお客様に心地よいマッサージを行いたいなら、手荒れケアだけでなくネイルケアも必須。手入れを怠っている状態でお客様の素肌に触れると、不快な印象を与えてしまったり最悪の場合には怪我をさせてしまうかもしれません。爪が長い状態で放置しておくのは絶対NGなので、短めになるように日頃から長さを整えておくようにしましょう。

 

またセラピストの爪は繊細なお手入れが求められるもの。一般的に使用される爪切りではなく、爪やすり(ファイル)を使ったほうが安心です。最初にファイルで爪の長さや形を整えた後は、スポンジ状の「バッファー」を用いて爪の表面を整えて滑らかにしていきましょう。ただし爪の削り過ぎには要注意。バッファーで過度に爪を削ると見た目はピカピカになっても、爪が薄くなったり爪を痛めてしまったりすることがあるんです。

 

バッファーは目の粗さによって「グリッド数」が分かれているので、用途や爪の固さに合ったものを選ぶと良いでしょう。ハンドケアや爪のお手入れなど、細かいところまで行き届いているセラピストこそお客様から信頼されやすくなりますよ。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!