美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.22

セラピスト

セラピストへ転職したい!サロンの選び方のポイントとは

ボディセラピーの施術中

 

セラピストには、どんなお仕事があるの?

ピンクの花びら


セラピストと言っても色々なお仕事があります。具体的に挙げると、4つのジャンルに分けることができます。

<セラピストのお仕事>

  • ボディ系セラピスト…アロマテラピー、リンパマッサージ、リフレクソロジー、他
  • 心理系セラピスト…心理カウンセラー、カラーセラピー、心理療法士、他
  • エネルギー系セラピスト…パワーストーンセラピー、フラワーエッセンスセラピー、他
  • 療法士、治療師…フィジカルセラピスト、スポーツセラピスト、他

共通するのは、「薬や医療に頼らず、お客様の不調な部分を癒す」こと。セラピストは、技術や手法で患者を楽にしてあげたり、癒しを与えてあげたりできるステキなお仕事なのです。

あなたの技術を発揮できるサロンの選び方とは?

ボディセラピーの施術中

 

セラピストに転職するときに気をつけたいのが、就きたいサロンの選び方。自分の技術や施術経験を考慮して、サロンを探さなければなりません。ここでは、選び方のポイントを5つご紹介いたします。

<サロンの選び方のポイント>

1.給料は固定給か歩合給か

未経験から始める場合は、実力を積むためにも固定給の方がベスト。逆に経験者ならば、実力を発揮して指名数を伸ばせるでしょう。また歩合給を選べば、モチベーションアップにもつながります。

2.未経験者歓迎かどうか

未経験者歓迎のサロンは、研修や指導の体制が整っていることが多く、施術経験が無い方も安心できます。

3.研修制度はあるか

特に未経験者は、しっかりした研修制度が整っているサロンを選ぶべき。研修中の給料があるかどうかも忘れずにチェックしましょう。

4.自分のキャリアプランに合っているかどうか

資格取得支援制度、技術によってキャリアアップできる、給料も発生しながら幅広い研修制度がある、など、自分のキャリアプランに合っているかどうか。

5.サロンやスタッフの雰囲気は良いか

サロンやスタッフの雰囲気は良いかどうか、自分もそこで働くイメージはできるか。

サロンでの施術経験が無い未経験者であれば研修制度が整ったサロンに転職、経験者は実力を発揮しながらキャリアアップできるサロンを選ぶと◎。サロンをいくつか比較して、自分に合った転職先を見つけてくださいね。

セラピストの施術を客として実際に受けてみる

気になるサロンを見つけたら、実際にそのサロンで施術を受けてみることもおすすめ。サロンの雰囲気・サービス・技術・スタッフ同士の関係を肌で感じて観察してみましょう。「このサロンで働いてみたい」と思うのであれば、あとは行動するのみ。セラピストとしての人生を歩みましょう!

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!