美容スペシャリストな自分になるために

2016年4月16日更新

美容師

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!


試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?
 
大切な試験の時にこんな虚しい思いはしたくないですよね。そのためにも、事前にきちんと持ち物チェックをしておくこと。また美容師国家試験で大事なのが“清潔感”。服装にも厳しいチェックが入るので、当日の持ち物&服装をここでしっかり確認しておきましょう。

美容師国家試験は持ち物が多い!

筆記と実技で日程が異なるので、筆記の場合には筆記用具と受験票程度の持ち物で十分ですが、実技の日が大変。試験で使用する道具などは基本的に自分で揃えなければならならず、荷物は断然多くなってきます。また、持ち物にも細かい規定があるので必ず確認しておきましょう。

作業衣

実技の作業中に着るもの1枚を準備しましょう。色合いは白色か淡色でなければいけないので、注意が必要。ボトムスにはより細かい規定があるので、後で説明する「服装のチェックポイント」で確認しておいてくださいね。

モデルウィッグ

実技で使用するモデルウィッグは支給されるものではなく、自分で持って行ったものを使わなければなりません。この際、著しく汚れているものや既に練習として使った加工済みのものは減点の対象になるので、使わないようにしてください。また、折角持って行っても「美容師実技試験カット用標準仕様適合シール」が貼っているものでないと、使用すら認めてもらえません。共に試験を受ける仲間ですので、購入する際は細かいところまでチェックしましょう。モデルウィッグを取り付けるための金具も持参なので、お忘れなく。

カッティングシザーズ

第一課題のカッティング用のハサミです。カッティングシザーズは、何本も用意する必要は無く1本だけ。セニングシザーズ(すきバサミ)は禁止されているので、一般的なハサミで、自分が普段から愛用しているものを選びましょう。

コーム

コームの場合は特に禁止されているものはありません。計測用の目盛や長さを示す数字が書かれたコームも使用OKなので、こちらも自分の使い慣れたものを使用するのが良いかも。

クリップ類&ピン類

第一課題ではダックカールピンが、第二課題ではシングルピンまたはダブルピンを補助ピンとして持参することが規定されています。また、ボビーピンやオニピンは、オールウェーブセッティングをする際に高頻度で使うので、予備に多めに持って行っておくと安心ですよ。
 

セッティングローション

こちらも、オールウェーブセッティングの必需品になります。オールウェーブを作るときにコームと指でセッティングすることから、フィンガーウェーブローションと言われることも。原液を自分なりに希釈して使用するので、自分で適宜調節しながら使っていきましょう。

スプレイヤー

髪をぬらすときに使う霧吹きのようなものです。第一課題・第二課題ともに必要になってくるので、どちらの課題の時も忘れないようにしてください。

器具皿&ピン皿

ハサミやコームなど、器具は全てこの器具皿に置くことが決まっています。もちろん、ピンはピン皿に。「うっかり忘れて別の所に置いちゃった…」なんてことになると減点になってしまうので気をつけましょう。器具皿はプラスチック製か金属性のもので、毛髪などの付着が分かるように透明でなくてはいけません。さらに、2枚用意しておく必要があり、必ず「消毒済」「使用中」の表示をそれぞれの器具皿に付けることが義務付けられています。

除菌用ウェットティッシュ

器具の清掃や、手指の汚れをとるためなど、何かと必要になるウェットティッシュ。品質表示の成分欄に、「エタノール」と書かれていることがはっきり分かるものを用意しましょう。また「消毒薬」の表示も忘れずに。

その他

他にも乾燥タオル2枚に雑巾1枚は必要に。ビニール製の敷物や汚物を入れる用のビニール袋に、怪我をした時用の救急ばんそうこうも持ち物に含まれています。チェックシートを作ってチェックしながら準備をするなど、自分なりに工夫して忘れ物がないようにしましょう。
 

当日の身だしなみにも気を配って!

筆記試験の時は特に気にする必要はありませんが、実技は服装すら審査対象に。清潔で衛生面に気をつかったもので、さらに作業のしやすさもポイントになっています。「じゃあ何を着ればいいの?」と、不安になるかもしれませんが、細かい指示にしっかり従っていればそんなに気負うものでもありません。

衣服のチェックポイント

上は作業着を着るので問題は少ないですが、問題はボトムス。オシャレをする必要は全くなく、ダメージジーンズやタイトスカート・ミニスカートなど、ちょっと露出の多いものや動きを制御するものを着てしまうと、逆に悪い印象を与えてしまいます。また、長すぎて床に引きずってしまうものもNG。服装によっては減点対象になってしまうので、ナチュラルで清潔感のある服装を心がけましょう。

履物のチェックポイント

靴はなるべく動きやすいものに。高いヒールや厚底靴はもちろんNGですし、またスリッパやサンダルなど、毛髪が素肌に付きやすいものもダメ。靴の色や汚れは審査対象外になるのでわざわざ新しいものを買う必要はありませんが、スニーカーなどの動きやすい靴を持っていなければ、事前に購入しておきましょう。

装飾品のチェックポイント

指輪や腕時計は、作業の邪魔になるため身につけることは禁止されています。ネックレス等をつけること自体はOKですが、作業衣の外から出ていると減点になるので、試験中は身につけない方が無難ですね。
 

美容師国家試験は清潔な身だしなみがポイント

美容師は人を美しくするお仕事なだけあって、何よりも身だしなみが大切。美容師国家試験でも髪型や服装にチェックが入ります。そこで大前提として意識しておくべきは、衛生面。まずは頭髪にフケや汚れがないかどうかといった基本的なところから、自分で意識していきましょう。なお試験では作業の邪魔にならないように、前髪をピンなどで留めたり、モデルウィッグに髪が触れないようにまとめたりする必要もあるので、事前に確認しておいてください。
 
またお客様に触れる手指についても清潔に保っておきましょう。そして清潔な身だしなみを心掛けるべきといっても、マニキュアや付け爪はNG。爪が1mm以上伸びている場合も減点になってしまうので、指先までキレイに保っておきましょうね。
 

美容師は面接でどんな服装をすればいいの?

ちなみに美容師試験当日の服装はもちろん、その後も美容師の服装にはマナーや常識が求められます。以下ではその主なものを見ていきましょう。
 
美容師免許をとった後は美容室などへの就職活動が始まりますが、美容師の面接はほとんどの場合私服で行われるため、当日着ていく服装に悩む人も多いようです。服装の指定がないにも関わらずリクルートスーツを着てしまうと、周りから浮いてしまうこともあるとか。また私服ならばなんでも良いという訳でもないようで、面接では服装のセンスや一般常識などがチェックされるとのことです。
 
女性の場合は明るい印象を与える色使いを心掛けると良いとのことなので、パステルカラーのジャケットやカーディガンで面接を受ける人も多いようです。スカートは膝丈より長いものがベターですが、野暮ったく見えないようにすっきりとしたシルエットのものを選んでください。
 
なお男性の場合は、ジャケットスタイルが無難。下には白のシャツやカットソーを合わせると、清潔感を演出できるのでオススメですよ。一方ボトムスはジーンズやスニーカーなどラフすぎるものは避け、紺やベージュといった大人っぽい色のチノパンを選ぶと、落ち着いて見えて良いですね。
 
ちなみに美容師の面接ではアクセサリー着用が認められている場合もあるので、小物の使い方で美容スクール卒業生ならではのこなれた雰囲気を演出すると良いかもしれません。しかしあまり派手すぎるアクセサリーをつけてしまうと、常識が無いと思われる恐れもあるので要注意です。また美容室によっては志望者のヘアスタイルを見るところもあるようなので、気合いを入れてセットしていくといいでしょう。
 

働き始めても悩みが尽きない美容師の服装

無事就職して働き始めても、服装に悩む美容師は多いようす。美容師の服装には色々なことが求められるようで、まず第一にサロンのイメージを損なわないような、ハイセンスで清潔感のあるスタイルを心掛けたいところです。さらにサロンワークの妨げとならないような機能性も重要で、髪の毛やカラー剤などの汚れも気にしなくてはなりません。そのため美容師の服装は古着やファストファッションをうまく組み合わせて、おしゃれでかつ費用を抑えることも重要になってきます。
 
美容師は「汚れやすい」という理由でハイエンドなブランドを避けてしまいがちですが、予約の状況を確認してから「今日はカラーがないからブランド物着ていこう!」と決める美容師もいるようです。美容師のファッションセンスは、ヘアカットといった技術に説得力を与えるものなので、みんな様々な工夫をしているんですね。
 
コーディネートのポイントとしては、お店のコンセプトとマッチしていることが大切。若者向けなら流行の最先端を取り入れたり、落ち着いたお店ならシックにしてみたりと、他のスタッフやお客様から“浮かない”ファッションを心掛けましょう。
 
美容師として働いていると、カラー剤などによって服が汚れてしまうことは付き物。ですが上で説明したように、美容師は何より清潔感が大切なお仕事でもあるので、衣服を汚れたままにしておくことは言語道断です。清潔でオシャレな服装を心掛けておくことで、指名してもらえる機会も増え、人気スタイリストへの道が近づくはずですよ。

 


美容師国家試験を中心として、美容師の持ち物や服装について見てきました。思っていた以上に厳しい指定に思えたかもしれませんが、準備をしておけば怖いものはありません。知識や技術の面ではなく、持ち物や服装でミスをしてしまうのが一番悔しいことですから、試験の数日前から用意して余裕を持っておきましょうね。

美容師の関連求人

美容師になるための情報まとめ

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

空いた時間で学べる「通信制度」の秘密とは? 美容学校の「通信課程」について徹底分析!

美容学校と聞くと専門学校のように学校に通って、仲間達とヘアカットやスタイリング、カラーリングなどの実技を磨いていくイメージが強いですよね。かなり忙しいし、お金がかかるとも耳にした人もいるかもしれませんが、ちょっとお手ごろな「通信課程」があるのをご存知だったでしょうか?

ハサミは形だけじゃない! 切れ味や長く使えるかどうかは素材が重要

美容師の腕を大きく左右する仕事道具の“ハサミ”。ハサミの形や大きさによって切れ方や特徴が変わってきますが、実はハサミの“素材”にも大きな違いがあることを知っていますか? 素材によってハサミの切れ味が変わったり、どのぐらい持つかということが大きく変わっくるのです。

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”

みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。

自分にぴったりのシザーケースを選ぼう! 選び方とオススメブランド

美容師が仕事をするために必要不可欠な“ハサミ”。カットやヘアスタイルに合わせてハサミの種類を変えることも多いので、何本かを使い分けている人がほとんどですよね。でも、ハサミを変える度に収納場所まで行って取り替えるとなると、ちょっと面倒くさい…。

美容師に必要な最終学歴

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師になるためには専門の資格が必要です! 資格や取得条件など事前に確認しておきましょう

美容師として働くには、国家資格が必要です。そのためには、美容学校へ入って勉強しなければなりません。でも、美容学校に入るには中卒でも大丈夫なのでしょうか?そこで、美容師になるために必要な学歴についてお伝えします。

美容師になるには -美容師のお仕事

美容師というと華やかなイメージのある職業。 一方、生活に欠かせない身近な存在でもあり、人をキレイにする美容のプロとして、代表的な職種といえるでしょう。

美容師免許取得編 -美容師になるには

美容師になるための必須条件は、美容師国家資格を取得しなくてはいけません。受験者数は年々減少傾向にありますが、合格率は上がっています。

「美容師免許をなくした…」そんな時はすぐに再発行! 美容師免許の再交付や変更などの方法とポイント

美容師という仕事をするにあたって、美容師免許は不可欠です。国家試験合格後に申請手続きをしてやっと免許が交付されるので、初めての美容師免許の申請を困惑しながら行ったという人もいるかもしれません。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート! 初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。「これからがんばるぞー!」と意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

美容師のお給料が安いってホント!? 役職別に給与・年収の実態を知ろう!

体力仕事の上、お給料も安いと言われている美容師ですが、その給与が実際にどのくらいなのか正確な数字を知らない人も多いのではないでしょうか? ある程度きちんとした数字を知っておけば、自分の将来計画も立てやすくなりますよ。

国際化の波が美容師にも押し寄せる!? 転職にもプラスになる美容院での接客英語

美を扱う職業として大人気の美容師という仕事。自分の技術を高めるために、ヘアメイクアーティストとして海外に留学・就職する人も多いですね。そんな時に必要なのが“英語力”。

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!

試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

毎年2万人以上が受験する「美容師国家試験」の合格率や基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

実力が今、試される!「美容師国家試験・実技試験」について詳しく解説!

美容師国家試験の本髄とも言える「実技試験」。限られた時間の中で自分の納得いくものを仕上げるのは中々難しいもの。しかも、試験官の厳しいチェックが入っていると思うと余計に緊張しますよね。

過去問つきで解説! 美容師国家試験の“筆記試験”の詳しい内容をチェックしよう!

美容師になるために避けては通れない「美容師国家試験」。その関門のひとつ“筆記試験”は、まさに記憶力との勝負です。2年間、美容学校でみっちり覚えてきたことを何回も復習して覚えなければいけないので、勉強が苦手な人はちょっと憂鬱かもしれません。