美容スペシャリストな自分になるために

作成:2020.10.23

美容師

美容師が使う専門用語!モデルハントやレイヤーとは一体どんな意味?


 

どこの業界にも少なからず存在する、専門用語。もちろん美容師たちの間でもたくさんの専門用語が使われていますよ。普段サロンの中で美容師たちが話している言葉で、「???」と思う言葉もたくさんあるはず。今回は、美容師たちが使う専門用語の種類とその意味についてご紹介します!意味を知っておくことで、美容師さんとの会話もスムーズになること間違いなし。

カットに関する専門用語


 

まずは、美容室のメニューの1つであるカットに関する専門用語をご紹介します!

インレイヤー
内側の髪を短くして、見た目の動きを出すカット技法

ウェットカット
髪を濡らした状態でカットする方法。ドライカットと比べて髪へのダメージが少ない

エフェクトカット
少しずつそぎ落とすようにカットするのが特徴的な、髪の長さや量の微調整をする際に使われるカット技法

グラデーションカット
毛先の長さを変えることで、全体的にまるみをおびたようなシルエットにするカット技法

シャギー
毛先にいくにしたがって細くなるようなカット技法

ストロークカット
ブロッキングした毛束の下側を、毛先に向かって細くなるようにカットしていく技法。全体的に軽い質感に見え、内巻きにまとまりやすくなる

スライス
カットをするためにコームで細かく分け取った毛束のこと

スライドカット
ブロッキングした毛束の下側を、根元に向かって細くなるようにカットしていく技法。髪全体のボリュームをおさえることができる

ドライカット
髪が乾いた状態でカットをする方法。細かな毛量調整が可能でありスタイリングがしやすい

ブロッキング
髪を小分けにまとめて留めること

レイヤー
上の髪が短く、下に行けばいくほど長くなるカット技法。シャギーと違って髪が細くなることはない

レザーカット
かみそりを使って髪をそぐようにしてカットする方法

カラーに関する専門用語


 

続いては、カラーリングに関する専門用語をご紹介します!

アッシュ
グレーがかった透明感のあるカラーリングのこと

暗髪
黒染めまではいかない、暗い色のカラーリングのこと

グレイカラー
白髪を染めるためのカラー剤のこと。ブラウンをベースにしているものが多く、褪色しにくいのが特徴的

褪色
髪のカラーリングが褪せること

ハイライト
髪の毛の一部分のみを細くブリーチし、立体感のあるカラーリングにする技法

ファッションカラー
お洒落染めのこと。白髪染めよりも色のバリエーションが多いのが特徴的

ブリーチ
明るいカラーリングをするために、一度髪の色素を抜くこと

ヘアマニキュア
カラー剤と異なり髪の表面にのみ着色をするため、褪色がはやいものの髪が傷みにくいのが特徴的

メッシュ
ハイライトと同様に一部の髪色を明るく脱色・染色する技法。ハイライトよりもくっきりとベースカラーとの差を出すのが特徴的

リタッチ
伸びてきた髪の根元部分の色を、染めている部分の色に合わせるというカラーリング技法

ローライト
髪の毛の一部分のみをベースカラーより暗く染色し、立体感のあるカラーリングにする技法

ヘアスタイルに関する専門用語


 

続いては、ヘアスタイルに関する専門用語をご紹介!ここで紹介するような名称を伝えることで、美容師さんにも理想のヘアスタイルが伝わりやすくなりますよ。

アシンメトリー
左右非対称にカットされたスタイルのこと⇔シンメトリー

シニヨン
ポニーテールの髪を丸くまとめたヘアアレンジ。お団子ヘアとも言う

ショートカット
耳が隠れるくらいの長さのこと

シースルーバング
透け感のある前髪のこと

触覚
顔のすぐ横の髪、顔に沿うように切りそろえたスタイルのこと

スパイラルパーマ
髪をロッドにらせん状に巻き付け、ボリューム感を出したパーマのこと

ツーブロック
髪の長さに段差が出るように刈り上げるスタイルのこと

マッシュ
髪全体が丸みを帯びたフォルムになるように、前髪~襟足まで同じ長さに切り揃えられたスタイルのこと

ボブ
襟足の長さで髪を均等に切り揃えるスタイルのこと

ポニーテール
髪を頭の後ろで1つにまとめたヘアアレンジのこと

ベリーショート
ショートヘアの中でも特に短く、耳が見えている状態の長さ

前上がり
後頭部から顔側にかけて髪が短くなっていくスタイルのこと

前下がり
顔側から後頭部にかけて髪が短くなっていくスタイルのこと

ミディアム
鎖骨よりも長く、胸よりも短い長さのこと

夜会巻き
髪をねじって髪留めで1つにまとめたヘアアレンジのこと

ロブ
ボブよりも少し長く、肩のあたりで切り揃えられたスタイルのこと

ワンレングス
前髪から後ろの髪まですべて同じ長さに切り揃えられたスタイルのこと

ポジションに関する専門用語


 

続いては、美容師たちのポジションや役職に関する専門用語をご紹介します。美容室で働いている美容師たちもそれぞれ異なる名称があるので、ぜひ覚えておきましょう。

アシスタント
美容師の見習いのことであり、カットをすることができないためスタイリストのサポート的な役割

ジュニアスタイリスト
アシスタントとスタイリストの間の存在。カットはできるものの、まだ駆け出しであり練習中のスタイリストのこと

スタイリスト
お客様に対してカットやカラーの施術を行う、いわゆる美容師・理容師のこと

トップスタイリスト
スタイリストの中でも特に技術が高かったり経験が長かったりするスタイリストのこと。美容室の顔とも言える存在

オーナー
美容室の運営や美容師たちのマネジメントを行う、お店の代表。店長を兼任している場合もあり

レセプション
見送りや会計、予約管理など、施術以外の接客を行う人のこと

フロント
受付のこと。レセプションと同じ意味で使われる

その他、美容師が使う専門用語

その他にも、美容師同士の会話や、何気なく言われる美容師からの説明の中に出てくる専門用語をいくつかご紹介します。「クロスかけますね~」「リップラインまで切り揃えますか?」など、聞いたことのある言葉も多いはず。

イヤートゥイヤー
頭のトップを通り、左右の耳の付け根を結ぶ線のこと

ウィッグ
髪の長さを変えたり色を変えたりするために装着するかつらのこと。ファッション用として取り入れられることが多い

エクステンション
髪につけて長さを変えることのできる人口の毛束のこと

キューティクル
髪のもっとも外側を覆う、表皮に当たる部分

クロス
髪やカラー剤が身体に付着しないようにかぶる、プラスチックのケープのようなもの

コテ
熱によって髪をカールさせるための道具。主に髪をカールさせる際に使用される

ヘアアイロン
コテと同様に、熱によって髪をスタイリングするための道具。主に髪をまっすぐにする際に使用される

コーミング
コームをつかって髪を梳かすこと

サロンワーク
美容室の中でお客様を相手に働くこと

シザー
ヘアカットの際に使うハサミのこと

縮毛矯正
薬剤に熱を加えて、髪をまっすぐに矯正する方法

スリーク
つやがあり滑らかなストレートヘアのこと

ダッカール
髪を留めるのに使うヘアクリップのこと

テンション
髪を引っ張る強さのこと

バング
前髪のこと

ブロー
ドライヤーを使って濡れた髪を乾かすこと

モデルハント
美容師たちのカット・カラー練習に付き合ってくれるモデルを探すこと。街中で立って声を掛ける場合が多々

リップライン
唇の端から延長したラインのこと

ロッド
パーマの際などに、髪を巻きつけてカールをつけるための道具

ワインディング
パーマをかける前に、ロッドに平巻きに髪を巻き付ける方法

専門用語の意味を知って、美容師さんとの会話をスムーズに

専門用語を全く知らない状態だと、美容室で飛び交う会話を理解できないことも多いはず。基本的な専門用語を頭に入れておくだけでも、担当美容師さんとの会話がスムーズになること間違いなし。毎回のカウンセリングの時間も短縮できるかもしれません。美容師との距離を縮めて仲良くなるためにも、ぜひ今回ご紹介した専門用語を覚えておいてみては?

Author:美プロ編集部

美容師の仕事に就くための情報まとめ

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

空いた時間で学べる「通信制度」の秘密とは? 美容学校の「通信課程」について徹底分析!

美容学校と聞くと専門学校のように学校に通って、仲間達とヘアカットやスタイリング、カラーリングなどの実技を磨いていくイメージが強いですよね。かなり忙しいし、お金がかかるとも耳にした人もいるかもしれませんが、ちょっとお手ごろな「通信課程」があるのをご存知だったでしょうか?

ハサミは形だけじゃない! 切れ味や長く使えるかどうかは素材が重要

美容師の腕を大きく左右する仕事道具の“ハサミ”。ハサミの形や大きさによって切れ方や特徴が変わってきますが、実はハサミの“素材”にも大きな違いがあることを知っていますか? 素材によってハサミの切れ味が変わったり、どのぐらい持つかということが大きく変わっくるのです。

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”

みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。

自分にぴったりのシザーケースを選ぼう! 選び方とオススメブランド

美容師が仕事をするために必要不可欠な“ハサミ”。カットやヘアスタイルに合わせてハサミの種類を変えることも多いので、何本かを使い分けている人がほとんどですよね。でも、ハサミを変える度に収納場所まで行って取り替えるとなると、ちょっと面倒くさい…。

美容師に必要な最終学歴

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師になるためには専門の資格が必要です! 資格や取得条件など事前に確認しておきましょう

美容師として働くには、国家資格が必要です。そのためには、美容学校へ入って勉強しなければなりません。でも、美容学校に入るには中卒でも大丈夫なのでしょうか?そこで、美容師になるために必要な学歴についてお伝えします。

美容師になるには -美容師のお仕事

美容師というと華やかなイメージのある職業。 一方、生活に欠かせない身近な存在でもあり、人をキレイにする美容のプロとして、代表的な職種といえるでしょう。

美容師免許取得編 -美容師になるには

美容師になるための必須条件は、美容師国家資格を取得しなくてはいけません。受験者数は年々減少傾向にありますが、合格率は上がっています。

「美容師免許をなくした…」そんな時はすぐに再発行! 美容師免許の再交付や変更などの方法とポイント

美容師という仕事をするにあたって、美容師免許は不可欠です。国家試験合格後に申請手続きをしてやっと免許が交付されるので、初めての美容師免許の申請を困惑しながら行ったという人もいるかもしれません。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート! 初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。「これからがんばるぞー!」と意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

美容師のお給料が安いってホント!? 役職別に給与・年収の実態を知ろう!

体力仕事の上、お給料も安いと言われている美容師ですが、その給与が実際にどのくらいなのか正確な数字を知らない人も多いのではないでしょうか? ある程度きちんとした数字を知っておけば、自分の将来計画も立てやすくなりますよ。

国際化の波が美容師にも押し寄せる!? 転職にもプラスになる美容院での接客英語

美を扱う職業として大人気の美容師という仕事。自分の技術を高めるために、ヘアメイクアーティストとして海外に留学・就職する人も多いですね。そんな時に必要なのが“英語力”。

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!

試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

毎年2万人以上が受験する「美容師国家試験」の合格率や基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

実力が今、試される!「美容師国家試験・実技試験」について詳しく解説!

美容師国家試験の本髄とも言える「実技試験」。限られた時間の中で自分の納得いくものを仕上げるのは中々難しいもの。しかも、試験官の厳しいチェックが入っていると思うと余計に緊張しますよね。

過去問つきで解説! 美容師国家試験の“筆記試験”の詳しい内容をチェックしよう!

美容師になるために避けては通れない「美容師国家試験」。その関門のひとつ“筆記試験”は、まさに記憶力との勝負です。2年間、美容学校でみっちり覚えてきたことを何回も復習して覚えなければいけないので、勉強が苦手な人はちょっと憂鬱かもしれません。