美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.04.26

美容部員

大切なのは“マット”感! 和装の時に映えるメイクのポイントとは

その日の服装や髪型によってメイクを変えるのは、女子にとって当たり前。もちろん着物や浴衣を着て和装した時は、和装に映えるメイクがしたいですよね。そこで今回は、和装に合うメイクのポイントを紹介していきます。

いつもよりしっかり、丁寧に! 和装メイクの肝はベースメイク

和装メイクのポイントは、いつもよりしっかりめにメイクをすること。和装の場合、洋服より派手な色や柄が多いため、ナチュラルメイクだと顔が服に負けてしまいます。そのため“きちんとしたメイク”を心がけましょう。
 
まず大切なのがベースメイク。ハイライトやシェーディングを使わず凹凸の少ない“マット”な肌感を目指すことで、他の部分に施すメイクが映え、しっかりとした印象になりますよ。この時気をつけたいのがベースメイクをしっかり塗りすぎて、顔が白くなってしまうこと。「顔と首の肌の色が違って不自然すぎる」「顔だけやたら白くて出来損ないの舞妓さんみたいになった」なんてことにならないように注意しましょう。

チークはほんのり色づく程度で

ベースメイクが終わったら、次はチーク。チークはアイメイクやリップメイクを引き立たせるために、ほんのり色づくくらいがベスト。粉状のパウダーチークより、クリーム状のクリームチークを使うと、しっかりめに仕上げたベースメイクにマッチするのでおすすめです。

目元と口元は艶やかな色で華やかさを!

和装メイクでは、目元と口元にアクセントを入れることが大切。華やかな色や柄の和装に負けないために、アイメイクとリップメイクは、はっきりと華やかに仕上げていきましょう。
 
アイメイクのポイントは、切れ長の目元づくりを心掛けること。最近のメイクでは少したれ目にナチュラルに仕上げるメイクがトレンドですが、和装の時は目の際に沿ってしっかりとラインを引くことで切れ長の目に。アイシャドウは、着ている和装の一番多くの面積を占めている色に近い色を使い、目のきわは濃いめに、目の外側に向かって薄くなるようグラデーションを作っていくと、華やかさが出ておススメです。
 
リップメイクもなるべくマットに。そして唇を小さめに仕上げることがポイント。実際の唇より内側に輪郭を描くことで、日本の女性らしいおしとやかな印象を与えることができます。ただ、形は小さめでも色は華やかなものを選ぶのがおすすめ。和装は口紅の色が華やかな方が際立って映えるもの。江戸時代の女性は口紅を玉虫色にしていたくらいなので、いつもは使わない色の口紅に挑戦してみるのもいいかもしれませんね。
 
「着物着て、メイクも変えていつもと違う自分完成!」「やっぱり浴衣着ると気持ちまで和になるなぁ。楽しい」といった声が上がるように、いつもと違う服装とメイクでテンションが上がることも間違いなし。今年の夏は、和装をして外に出かけてみてはどうでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード