美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月18日更新

エステティシャン

セラピストは女性だけじゃない! 昨今注目を集める男性セラピストの業界情報


セラピストやエステティシャンと聞くと、きっと女性をイメージする人が多いのではないでしょうか? 実際に日本の美容業界では女性セラピストが多数を占めているのが現状ですが、最近では男性セラピストの数も増えてきています。
 
男性セラピストというだけで敬遠されることもありますが、中には力強く行われる施術のファンになるクライアントも! 今後大注目の男性セラピストについて、その現状や勉強方法、就職状況といった業界情報をまとめていきます。

男性セラピストの現状

男性のセラピストは、実は海外の美容業界では珍しくありません。しかし日本ではまだまだ一般的ではなく、偏見にさらされたり、就職面で不利になることも多くあるようです。ただ、そうした状況がずっと続いているわけではなく、近年では徐々に普及し始める兆しも見せています。
 
というのも、男性セラピストには女性セラピストにはない魅力があるからです。大きな手のひらを使って力強く行われる施術は、男性セラピストならでは! とくに体中のリンパの流れを整えるリンパマッサージやストレッチの動作も含んだタイ古式マッサージなど、ボディマッサージにおいて男性セラピストの力強い施術は需要が高いです。
 

なぜ敬遠されがちなの?

現在の美容業界においては、主なクライアントは女性です。そこでは施術内容にボディマッサージなどの接触を含むこともあり、基本的には同性である女性セラピストの施術を求める声が多数を占めています。すなわち、残念ながら現状では異性であるというだけで敬遠されがちだということです。
 
そのため男性セラピストの場合は、女性セラピスト以上にクライアントとの信頼関係が大切になってくるでしょう。接客スキルを磨いて、様々な心配りを見せていくことで、男性でも気にせず安心して施術を受けてもらえるように信頼してもらうことが第一歩となるはずです。そこから男性セラピストならではの施術を行い、その技量を認められれば、固定客を獲得する道も開けてきます。
 

男性セラピストの勉強方法

それでは、実際に男性セラピストになるにはどうすれば良いのでしょうか? セラピストについては国家資格がなく、民間資格が基本になるので、各種セラピストスクールや通信講座でセラピストとしての基礎を学んでいくのが主要な入口になります。
 
そのほか、男性セラピストを専門的に育成するEMDAや日本メンズセラピスト協会の開講しているスクールといったものもあります。そこでは各種セラピーについての知識から、男性セラピストならではの技法や心構えまでを学ぶことができるのが特徴です。
 
また、男性セラピストにとって最大の懸念点、卒業後の就職について手厚いサポートが受けられるのも大きな魅力。スクールでは、提携サロンへの就職支援や、独立開業への支援を受けられます。そのため、将来を見据えて男性セラピストとして活動していきたいのであれば、断然オススメしたい進路です!
 

男性セラピストの就職について

男性セラピストの存在が徐々に認められつつある昨今、様々なエステサロンで働くチャンスが開かれています。ただし、そこでは制限があり、セラピストが男性でもいいとクライアントから許可が出た場合に限って施術を行うことができるのです。そして、厳しい現実ですが、男性セラピストを断るクライアントがまだまだ多いのも現状……。
 
他方で、男性セラピストにとっては画期的なエステサロンの形もあります。それは、男性セラピストのみが在籍するというコンセプトの店舗。クライアントも元々男性しかいないと分かって来店するため、問題なく施術を行うことができます。
 
そのほか、男性を対象とするメンズエステも、男性セラピストが活躍できる場所の一つですね! クライアントも男性になるため、敬遠される恐れがありません。むしろ同性としてクライアントに共感しながら施術を進めることができるでしょう。
 
上記以外には、独立開業というのも一つの道です。セラピストとしての技術や経験を生かして、女性セラピストを雇用し、店舗を経営する立場に就くのも立派な進路。自分の適性や目指すところをしっかりと考えて、進路を決めるのがオススメです!
 


 
 
日本ではまだまだ一般的に受け入れられていない男性セラピスト。その道は厳しいかもしれませんが、だからこそ成功するために努力の余地がある、やりがいのある仕事です。また、男性セラピストの数は少ないために、上手く需要を見つけられれば一躍大成功という可能性も? もしあなたが男性でも、美容業界に携わりたいと思うのであれば、諦めずに挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。