美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.04.28

エステティシャン

石原さとみもやっていた!? “美リップ”を手に入れるためのテクニック!

石原さとみや北川景子など、唇がキレイな芸能人って憧れてしまいますよね。ですが「あんな唇を手に入れたい!」と思っても、唇の色をメイクだけで変えるのは至難の業。普段の習慣から見直して、ノーメイクでも人をうっとりさせる“美リップ”を目指してみてはいかがでしょうか?

唇の色がくすんで見える原因

唇の色はメイクの出来を大きく左右するもの。元々の色がくすんでいるとリップをつけてもキレイに発色しなかったり、顔全体のメイクがアンバランスになってしまうこともあります。また唇の色が悪すぎて「体調悪くもないのに唇が真っ青で心配される…」という体験をする人も。できれば健康的なピンク色の唇を手に入れたいところですよね。
 
そもそも、なぜ唇の色がくすんでしまうのでしょうか? その原因については諸説ありますが、最もよく指摘されるのが「血行不良」です。唇の皮膚は血色が透けるほど薄いので、血行が良くないと黒ずんで見えてしまうと言われています。
 
そこでお手軽な対処法として“唇マッサージ”がおすすめ。今や“唇美人”の代名詞とも言える石原さとみも、『しゃべくり007』で「唇をスクラブでマッサージする」というケア方法を明かしていました。リップスクラブやハチミツなど、保湿成分の入ったものを指先につけて、ソフトタッチでマッサージしてみましょう。
 
ちなみに石原は「乾燥しないように、寝る前にたっぷり保湿性の高いリップをつける」とも語っていました。乾燥もみずみずしい唇の大敵なので、しっかりケアしてあげてくださいね。

美しい唇を作るには健康第一!?

学生時代には色付きのリップが禁止されていて、唇を噛んで赤く見せていたという人も多いんじゃないでしょうか。ですがこれは唇の美容法としては絶対NG。唇の色がくすんでしまう原因の1つには「色素沈着」があると指摘されています。唇を日常的に噛んだり、メイク落としの際に強く擦りすぎると、色素沈着によってくすんだ色になってしまうとのこと。さらに紫外線を浴びてダメージを受けるのも、色素沈着の原因になります。長時間レジャーをしたり、外出する際には唇用の日焼け止めやUVカット成分が入ったリップをつけるのがおすすめ。
 
また貧血の時には唇の色が白っぽくなってしまうものですが、その他にも唇の変色につながる体調不良は色々あります。普段の生活から見直して、健康的な“美リップ”を目指していきましょう。
 
画像出典:Asja Boroš / red (from Flickr, CC BY 2.0)

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。