美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.04.02

作成:2017.05.18

エステティシャン

ビタミンCたっぷりでも柑橘類はNG!? 日焼け防止にいい食べ物・悪い食べ物


 

気温も暖かくなり、日差しが気になる季節になりました。日焼け止めを塗ったり、極力肌を出さないように気をつけたりと、女性はさまざまな方法で日焼け対策を行いますが、食事の中でも日焼け対策が出来ることは知っていますか? 今回は身体の外から行う日焼け対策とは別に、体の中から「食べ物」を通して出来る日焼け対策を紹介していきます。

お肌の万能薬! イチゴは美白はもちろん日焼け対策にも大活躍

身体の中から日焼け対策をする」ためには、ビタミンCを摂取することが大切です。2015年5月に放送された『林修の今でしょ! 講座』では、ビタミンCが多く含まれたイチゴを食べることが日焼け対策になると紹介。これには「イチゴって日焼け対策にいいのか。知らなかった」「出かける前に普通にイチゴを食べるだけなら、簡単でしかも美味しくてめっちゃいい!」という声が続出していました。
 

イチゴはたった5、6粒で1日分のビタミンCを補ってくれる心強いお肌の味方。そんなイチゴの効果を最大限に発揮するためには、生のままでヘタを付けたまま水洗いして食べることがおすすめ。ビタミンCは熱に弱いため、火を通すとせっかくのビタミンCが壊れてしまいます。また、包丁などで切ってから水洗いをすると、切った部分からビタミンCが流れてしまうので注意しましょう。

日焼けしたな… と感じた時も食べ物で内側から日焼けケア

イチゴは外出前に摂取することがおすすめですが、日焼け後に効果を発揮する食材も。アセロラはビタミンCたっぷりで、さらに活性酸素を抑制してくれるというアントシアニンも含んでいることから日焼け後のケアにぴったり。その他にも、肌の新陳代謝をよくしてくれるホットヨーグルトや、紫外線によって壊された皮膚を修復する酵素を多く含んでいるという卵白などもおすすめ。『林修の今でしょ! 講座』では、卵白のみで作ったホワイトオムレツが紹介されていました。

ビタミンCの代名詞・柑橘類は日焼け防止には逆効果!?

ビタミンCたっぷりといえば、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類が代表的ですが、実は日焼け対策として柑橘類はNG。柑橘類には紫外線に反応して感受性を高め、日焼けしやすくするといわれる「ソラレン」という成分が含まれており、イチゴとは逆に外出前に摂取すると日焼けしやすくなってしまうという説が。また、パセリ、しそなどの香味野菜も「ソラレン」が多く含まれているため、食べるタイミングには注意が必要です。

 
画像出典:Susanne Nilsson / Strawberry (from Flickr, CC BY 2.0)

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。