美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.08

エステティシャン

親戚から代々伝わってきた「美肌の作り方」がTwitter上で大反響! 「先人の知恵」を活かした美容法とは!?

6月4日、Twitter上でとあるユーザーが親戚から代々伝わってきたという「美肌の作り方」を投稿。そのお手軽な方法に「効果ありそうだし、絶対続けていきたい!」と大きな反響が上がっています。

「先人の知恵」を活かした美容法とは!?

投稿者は元・座敷芸者の親戚から教えてもらった美容法として、お家にあるもので作れるお手軽な“スクラブ”について紹介しました。作り方はとても簡単で、粗塩とハチミツを同じ割合で混ぜ合わせるだけ。後はそれをマッサージするように顔へと塗り込んでいき、ぬるま湯で洗い流せばOKです。
 
元々脂っぽい肌質だった投稿者は、化粧水などを使っても効き目が実感できずにお手上げ状態だったそう。ですが手作りスクラブで効果を得られたようで、「鼻の横の角質とか黒いツブツブとか小さいニキビとか消えた!! 1日で!! マジで凄いから試して!」と驚きを語っていました。
 
この呟きはすぐさま拡散され、投稿から3日が経った時点で5万リツイート、13万「いいね」を超える大反響に。Twitterでは「自分もやってみましたが、凄く効果ありますね!」「ハチミツ効果なのか、保湿ばっちり! 私も乾燥肌なんだけど大丈夫だった」と実際に試してみる人が続出し、中には「半身浴の時に首や肩、腕に塗って、身体洗う前にマッサージすればむくみや美肌対策になりますよ」と活用法を紹介する声も上がっています。
 
その一方、「粗塩使うなら毎日じゃなくて、週1くらいでやるのがベスト。敏感肌と赤ら顔の方はNGです」と注意を喚起する声も。不安な方は、まず顔以外のお肌でテストしてみたほうがいいかもしれませんね。

砂糖を使った手作りスクラブも

粗塩×ハチミツのスクラブに対して、ネット上では「顔に使うなら、お砂糖を混ぜたシュガースクラブにしたほうがよさそう」という意見も上がっていました。「シュガースクラブ」とは砂糖をメインで使ったスクラブのことで、様々なお店で市販されているほか、オリーブオイルなどのオイルと砂糖を混ぜれば誰でも手作りできます。
 
使い方は簡単で、清潔にしたお肌に塗って優しくマッサージするだけ。顔だけでなく、手足やリップケアに使うのもおススメで、「シュガースクラブからのリップ、見違える唇になるのすごい!」「シュガースクラブでケアした後にハチミツとリップ塗ってラップつけたら、いい感じにぷるぷるになって満足」といった声が上がっています。ただしスクラブはやりすぎるとお肌が傷つく原因になるので、加減をみながら試していきましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。