美容スペシャリストな自分になるために

2016年8月23日更新

エステティシャン

さっぱりとした気分で美ボディに! 実は絶対に欠かせない“夏のボディケア”


空気が乾燥する冬とは違って、夏場は蒸し暑いからお肌のケアは必要ない…そんな風に考えている人も多いかもしれません。ですが実際には、夏こそしっかりとしたボディケアが必要なんです。
 
今回は怠けてしまいがちな“夏のボディケア”について取り上げていきます。オススメのボディケア用品もご紹介するので、美ボディを手に入れて海やプールなどのレジャーを満喫したいという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

夏場こそボディケアが大切!

湿度が高く、汗ばむことだって多い夏場ですが、実はほかの季節以上にボディケアが大切なんです。というのも夏は日差しが強いため、いくら紫外線対策をしてもお肌がダメージを受けてしまうことが多々あります。ダメージを受けたお肌は乾燥しやすくなるので、しっかりと保湿を行ってあげる必要があるんですね。
 
また、夏にはレジャーを楽しむために水着になったり、薄着になったりとお肌の露出が多くなるもの。そのため、入念にムダ毛処理をするという人も多いはずです。ですがムダ毛処理をするには、カミソリや毛抜きを使う場合でも脱毛クリームを使う場合でもお肌に負担がかかります。ムダ毛処理をした後のお肌は敏感になっているので、そのまま放置しておくのはNG! きちんと保湿をして、肌荒れや乾燥を防いでいきましょう。
 

お肌がベタつくのはいや…という人に

とはいえ、夏場はただでさえジメジメとするもの。そこで保湿のためにボディクリームを使うとベタついてしまいそうで嫌だ! という人もいるんじゃないでしょうか。ですがそんな人にうってつけな、ベタつかないボディケア用品もあるんです。

ボディローション

ボディローションは、ボディクリームよりも油分が少ないさっぱりとした使用感のボディケア用品。水分が多く、肌になじみやすいのも魅力です。化粧水のような感覚で使えるので、お風呂上りなどに全身を保湿してあげるという使い方もできます。海に行って体中を日焼けしてしまった…なんて時に使うのもいいかもしれませんね。

ベビーパウダー

また、夏場のボディケアにはベビーパウダーも有効。赤ちゃんのお肌を守るために作られたベビーパウダーには、水分の量を調整して乾燥を防いでくれる効果があるので、ボディケア用品としても使えるんです。そのうえ汗を吸い取ってくれる効果も期待できるので、制汗剤代わりに使うという活用法も。まったくベタつかず、サラサラのお肌になれるので、夏場にはうってつけですよ。また、お肌への刺激が少なく、敏感肌でも気にせず使えるのもうれしいですね。

バスソルト

暑い夏にはバスタイムがとっても楽しみになりますよね。そこでオススメしたいのがバスソルト。バスソルトというのは入浴剤の一種で、その名の通りお湯に溶かして使う塩のことです。バスソルトの入ったお湯は通常よりも保湿力が高くなると言われているので、汗を流してさっぱりしつつ、ボディケアもできて一挙両得。ぜひ毎日のバスタイムに取り入れてみてください。
 

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。