美容スペシャリストな自分になるために

2017年2月22日更新

エステティシャン

「資格は必要? 待遇は良いの?」気になる新卒エステティシャンの就職事情


美容や健康のために体のケアをしてくれるエステティシャン。手に職を持ちたい女性から人気のある職種ですが、どのような方法でエステティシャンとしてデビューするか知っていますか? 美容学校に通って資格の取得を目指したり、とりあえずサロンに勤めて経験を積んでいったりと、その方法は様々なんですよ。
 
今では多くの美容学校がありますが、その殆どが就職先までサポートしています。そこで今回は、専門学校を卒業する「新卒」のエステティシャン就職事情をご紹介。就職の際に新卒者でも優遇される方法や新卒者の待遇について取り上げます。また、今さら聞けない「履歴書の書き方」のポイントも紹介するので、是非参考にしてくださいね。

新卒エステティシャンになるには在学中に資格を取るべし

エステティシャンには取得必須の国家資格はないので、未経験の人でもエステティシャンとしてデビューすることは可能です。しかしお客様に質の高い施術を提供するため、多くのエステティシャン志望者は美容学校に通って知識や技術を身につけています。またエステティシャン志望者を対象にしたスクールでは、資格取得に力を入れているところも。就職の際にエステティシャンのスキルを証明する資格があると、優遇してもらえる場合があるんですね。新卒者に対しては、どんな資格を持っているのかという評価基準で見ているサロンも数多くあるので、新卒者は在学中にできるだけ資格を取得するようにしましょう。
 
では、数多くあるエステティシャンの資格の中でどれを取得すればいいのでしょうか? オススメしたいのは、一般社団法人日本エステティック業協会(AEA)が発行する「AEA認定エステティシャン」の資格。この資格を取得するにはエステティシャンとしての基本的な知識や技術、さらには接客マナーも問われます。また、試験を受けるには実務経験を1年以上積んでいるか、認定校で300時間相当のカリキュラムを修了しておくことが必須。この資格を取得しておけば、「技術+接客」のスキルを証明してくれるので、サロン勤務を希望する人にとっては有利な資格になるはずです。
 
また中には「就職率100%!」などと謳い、就職先までしっかりとサポートしてくれるところもあります。資格取得の支援や履歴書の書き方まで指導してくれるので、就活の不安も解消してくれるのはありがたいですよね。
 

新卒エステティシャンの待遇は?

晴れて新卒で入社し、エステティシャンとしてデビューすると、それから気になるのは「給与」や「待遇」ですよね。サロンによって給与は違いますが、初任給は平均すると大体18万円といったところ。ただし実務経験がある中途採用の場合だと、20~25万円ほどと高くなるようですね。実務経験は1~2年の経験を求めているサロンが多いようなので、在学中にアルバイトとしてエステ系のサロンに勤めて、経験を積んでおくという方法もありますよ。
 
出勤体制は多くのサロンがシフト制で、早番遅番で交代する仕組みになっていますが、中には一日勤務という働き方も。またエステ業界には女性スタッフが多いので、「産休」や「育休」といった制度が整っているサロンが多くあります。エステティシャンとしてステップアップしたい人に向けて、「資格手当」を発行しているサロンもあるので、職場を探す際はそういった待遇面も調べてみるといいでしょう。
 

「履歴書の書き方」のコツ!

就活を成功させるためには、履歴書も大事な要素です。その秘訣はサロンの採用担当者にあなたの熱意を正しく伝えること。新卒者は学校を卒業した人のことを言うので、基本的に経験がないものとされています。しかし未経験でも「このサロンで働きたい!」という熱意を正確に伝えれば、いい印象を与えられるはず。
 
また、履歴書で最も大切な項目の一つだと言えるのが「志望動機」。ここには学校で学んできたことをどう活かしていくのか、どんなエステティシャンになりたいのか、といったビジョンを具体的なエピソードを交えて書くといいでしょう。例えば「学校では生徒同士で施術を行い、悪いところを指摘してもらって改善するように心がけました。お客様へのサービスが徹底している貴社に入社して、お客様の満足を第一に考えられるエステティシャンになりたいと思っています」というように、自身の経験と努力したことを伝えるようにすれば、採用担当者に熱意が伝わりやすくなりますよ。
 
また資格を持っていたり、講習・勉強会に参加した経験があるならそれを積極的にアピールすることも大切。中には、サロンの体験入店を実施しているところもあるので、そうしたチャンスを活用すれば履歴書や面接に具体的なエピソードとして盛り込めるでしょう。
 
画像出典:Hotel Zora Primosten Hotel Zora Primosten / Massage_02(from Flickr, CC BY 2.0)Golf Resort Achental Team / Finnische Sauna im Golf Resort Achental SPA Saunalandschaft(from Flickr, CC BY 2.0)Tommasi Family / Terme della Valpolicella – Hot Stone Massage (from Flickr, CC BY 2.0)

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。