美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.06.26

作成:2017.06.24

エステティシャン

エステティシャンの大会について

トロフィー

美容師だけでなく、エステティシャンにも大会があることをご存じでしょうか。コンテストでグランプリを獲得するということは、エステティシャンやサロンの信頼度や評価をアップさせることにもつながるのです。では、実際にどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

エステティックコンテスト

一般社団法人日本エステティック協会主催の大会を「エステティックコンテスト」と言います。フェイシャル技術を競う基本手技部門、フェイシャルとボディを競う応用部門があります。

また、日本エステティック協会が認定するスクールの修了生、または受講中の生徒限定のスチューデント部門も。地区大会からはじまって、最終的には全国大会で順位が決められます。

金髪白人女性へのエステ

エステティックグランプリ

一般社団法人エステティックグランプリが開催する大会を「エステティックグランプリ」と言います。フェイシャル技術部門、モデルサロンプレゼンテーション部門、顧客満足サロン部門があります。

フェイシャル技術部門

モニター調査の合計点に基づき、もっとも高得点を取得した各エリアのサロンのみがエリアファイナルへ進出します。

さらに、そこから90サロンに絞られてセミファイナルへ。さらに20サロンに絞られ、審査員評価の高い上位3位に入賞したサロンが、グランプリファイナルへ進出します。ステージでの施術と、セミファイナルの審査員評価や観客からの投票によってグランプリが決定致します。

モデルサロンプレゼンテーション部門

各エリアの1位または、全国上位20位が、顧客満足サロン部門のセミファイナルへ出場可能となっております。サロン紹介ムービーによる選考によって、上位3位がグランプリファイナルへの出場権が獲得できるのです。グランプリファイナルではプレゼンテーションを行い、観客からの投票によってグランプリが決定致します。

顧客満足サロン部門

モニター調査を3回行い、合計得点に応じてランキングが決定します。

背中のエステ

エステティシャンもスキルアップしよう

エステティックコンテストとエステティックグランプリは、エステティシャンの技術を確認するために大変役に立ちます。

自分の力を知っておくことはスキルアップにもつながるので、ぜひコンテストにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

グランプリを目標にすれば、目的も明確になって、より高い技術力を身に着けるのに役立つでしょう。日々進歩する美容業界の知識や技術を身に着けるためにも、大会への参加をおすすめします。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。