美容スペシャリストな自分になるために

エステティシャンに向いてる手とは

ハンドマッサージ
 

手が小さいから、リフレやマッサージの十分な施術ができないのではないか?お客様に満足していただけないのではないかと悩むエステティシャン必見!生まれつきの手の形や大きさをカバーするための施術方法や、お客様のマッサージで気を付けるポイントをご紹介します。

エステティシャンに向いてる手はどんな手?

タオルを握る画像
 

大きくてがっしりした手のほうがしっかりもみほぐしてもらえる、指が太いほうが全体的にしっかり施術できるという意見がある一方で、手の小さなエステティシャンは細かいところまで丁寧に施術してくれる、指が細いとツボを的確に刺激できるという意見もあります。

 

つまり、結局は「お客様の好み」によるところが大きいようです。小さい手には小さい手に合った施術の仕方があり、逆もまたしかりです。手の形や大きさを気にするよりも、技術を磨くことが大切です。

 

また、お客様に満足していただくためには、生まれ持った手の形や大きさに関わらず注意すべき点があります。

手についてエステティシャンが気を付けたいこととは

実は、お客様の満足度を決めるのは、手の大きさ・小ささよりもその感触。特に、温かくすべすべの手で触れられるのはとても気持ちがいいものです。

 

逆に、手がひんやり冷たかったり、ガサガサに荒れていると、お客様を不快にしてしまうことも。ですから、手のケアに気を使うことはエステティシャンとして非常に大切です。冷え性で手が冷たいという方は、直前にお湯で手を温めるようにしましょう。

 

また、手荒れを防ぐためには普段の生活から気を付けることが必要。洗い物のときはゴム手袋をする、肌に優しい石鹸に変える、こまめにハンドクリームを塗る癖をつけるなど、しっとり潤った手を目指しましょう。

 

もちろん、技術を磨くことが最も大切であることは言うまでもありません。手の大きさが似ている人をお手本に、どのように施術をしているかをチェックすることをおすすめします。

小さくても努力次第でエステに向いてる手になれる!

マッサージする手
 

小さな手の方は、エステティシャンに向いていないのでは、と悩むかもしれません。しかし、実はエステに向いてる手というものは特にないのです。

 

自分の体形や手の大きさに合った施術の仕方を研究し、身につけましょう。温かく、すべすべの手で施術すればエステの満足度は高まるといいます。手を温かく保ったり、手荒れを防いだりする工夫と努力を怠らないことが大切です。

この記事に関連するキーワード

エステティシャンの関連求人

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。