美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.06.28

作成:2017.06.23

エステティシャン

エステティシャンの便利な必需品とは

タオルとお花

エステティシャンはお客様の施術をするとき、どのような道具が必要なのでしょうか?ここでは、エステティシャンが施術で使う必需品を調査しました。

エステティシャンの必需品

施術する上で必要なものは、以下の道具です。

制服

私服で行っているエステティシャンは少なく、勤務先から用意される制服や、エプロンを付けるところもあるでしょう。動きやすく、施術のしやすいものを用意しましょう。

化粧品を取るためのヘラ

複数の人が使うものになるので、直接手で取るのは衛生的にNGです。ヘラを用意して、異物を混入しないようにしましょう。

タオル

特にベッドメイキングのタオルはお客様の肌に触れるものなので、柔らかいものを。

どんなプランでも必需品なので、必ず用意しましょう。

施術する上では、開業している人とサロンで働く人が使う道具に大きな違いはありません。

ただエステサロンで働く人の場合、ほとんどの必需品は勤務先が用意しますし、自分で購入するときも勤務先から「これを買ってください」「AはB社のCを買ってください」と指定されることが多いです。

これがあればさらに便利に

マッサージグッズ

好きな香りのオイル

お客様にリラックスして施術を受けてもらうために、オイルを用意しておくとよいでしょう。エステルームに置いたり、タオルに垂らしたり、とさまざまな使い方ができます。

冷蔵庫

お客様にアレルギー反応が出たときは、カモミールティーを凍らせた氷を顔にすべらせることで、反応を鎮められます。また、夏場には厚い中訪れるお客様に対して、冷えた飲み物を提供するおもてなしがあると◎。施術後にわたすお手拭きを冷やしておくのにも役立ちます。

自分のケアに役立つアイテム

ゴム手袋

手荒れを防ぐために、秋〜春にかけて、水に触れるときにつけます。手が荒れていると、お客様にあまりいい印象を持たれないので、自身のケアに役立つアイテムです。

ハンドクリーム

日頃の、手荒れケアのためのアイテムの一つです。お客様は、あなたの手や、肌をよくみています。きれいな人に施術をしてもらいたいという思いがあるので、ケアを意識して行うようにしましょう。
ただし、お客様を施術するときには、化粧品の成分が混ざってしまうのでつけるのはNGです。

エステを受ける女性

エステティシャンの必需品を紹介

今回はフェイシャル、ボディ、脱毛…、どのメニューでも必ず使う道具を紹介しました。施術メニューによっては、道具は異なりますので必ずチェックしてください。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。