美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.23

エステティシャン

エステティシャンのディプロマについて

ベテランエステティシャン

国家試験がないエステティシャンは、知識や技術を習得すればすぐに独り立ちできるのが特徴。けれども、その技術力はどうやって表していくべきでしょうか?今回は、技術力を表す客観的な指標となる「ディプロマ」についてご紹介します。

ディプロマって何?

ディプロマとは、教育課程を修了したことを証明する書類のこと。「ディプロマがなければエステティシャンにはなれない」というものではありません。

ですが、しっかりと勉強しスキルを身に着けたという証になります。機関によっては、単なる修了証ではなく、試験に合格したという認定証の代わりとなるものもあります。

民間団体の研修などを受講し、修了することで誰でもディプロマを取得することができます。数多くの団体がディプロマを発行していますが、それぞれ特色があります。また、実務経験など受講資格が設定されているものも。さまざまなディプロマを確認し、自分の技術を十分に示せるものを受けてみましょう。

クリスタルの人体模型

ディプロマは永久に効果がある?有効な使い方とは

ディプロマが「教育課程を修了した」という修了証であれば、その事実が変わることはありませんので効力は永久です。

しかし、ディプロマが「高い技術を保持している」という認定証の意味合いを持つ場合は、通常の資格と同様に数年ごとに更新手続きが必要となる場合が多いようです。また、何回か更新した後永久ディプロマとなるケースもあります。

エステティシャンのように国家資格が必要ない職業では、専門的な技術力の高さを証明することが難しいという面があります。ですから、ディプロマを持つことは、スキルアップのために転職する場合などで有利になる可能性が高いです。

また、「ディプロマ取得のエステティシャンがいるサロン」ということで店内に掲示したり、ホームページに記載したりすることで、お客様がサロンを選ぶ際の安心材料としても効果があります。

しかし、肩書が立派でも中身が伴わないのではせっかくのディプロマも台無しです。ディプロマだけに頼らず、スキルアップを怠らないようにしましょう。

サロンベッド

ディプロマはエステティシャンにとって技術力の証

ディプロマは、技術習得のために努力した、もしくは高い技術を身に着けたということを証明してくれるものです。就職する際やサロンを開業する際、他のエステティシャンと差別化を図る上で有効なアイテムとなるでしょう。

ディプロマを発行している団体は多数あり、その内容や難易度、認知度などに違いがあります。ディプロマの効力は永久ではなく、数年ごとに更新が必要となることも多いので、常に勉強を怠らず知識や技術をブラッシュアップすることが大切です。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。