美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.26

作成:2017.07.25

エステティシャン

香害にならないために!エステティシャンが気を付けるべきこと

エステティシャンと言えば、あらゆる職業の中でも最も「香り」に気を付けなければならない職業のひとつでしょう。しかし、ときにその心掛けが逆効果となり「香害」となっている可能性もあります。

今回はエステティシャン・エステサロンと香りの関係について詳しく解説します。

エステティシャンの香りが気になる

デオドラントと書いたピンクの瓶

「エステティシャンの香りが気になる」とお客様から指摘を受けることがあります。けれども、体臭や口臭、汗の臭いなどを指摘される場合はあまりありません。多くの場合、サロンで指導を受けている場合が多く、また自身もお客様に近づく接客業として、そういった臭いには気を付けている人がほとんどです。

しかし、体臭を消そうとして香水を用いたり、香りの強いシャンプーやボディーソープを用いたりすると、それもまたクレームに繋がる場合があります。気を付けたいのは、香水、シャンプー、ボディーソープのほかに、制汗スプレーやデオドラントスプレーなどが挙げられます。

また、意外と指摘されることが多いのが柔軟剤です。近年では、海外の柔軟剤が日本に輸入されているほか、国産の柔軟剤でも香りの強いものが販売されるようになってきています。

結果的に、本人やその制服から香る匂いがあるだけでなく、残り香がサロンのファブリックに移ることによって、お客様に不快な思いをさせてしまうことがあるのです。

お客様に心地よく施術を受けて頂くために

お客様に心地よく施術を受けて頂くためには、エステティシャンは日常的に用いるアイテムに気を付ける必要があります。基本的に自分の身体や服を洗うアイテムは、強い香りのするものは避けるべきでしょう。

可能であれば、香水は使わず、シャンプーやボディーソープ、デオドラントスプレー、柔軟剤などは、すべて無香料のものを使うことが理想と言えます。

また、エステサロンによっては、ルームフレグランスの香りにこだわっている場合もあるでしょう。サロン内で敷物やカーテンを洗う場合にも、自分の制服の洗剤・柔軟剤などと同様に、その香りがきつすぎないかを確かめましょう。

香りは、そのままエステサロンのイメージにもつながります。自分の香りがサロンから浮いていないかを、定期的にチェックし、常に考えて行動しましょう。

程よく香るものが良いのであれば、消臭剤でもあるファブリックミストを使うのもよいでしょう。普段から持ち歩く場合は、アトマイザーや小瓶などを用意して小さい容器に入れ替えましょう。

重要なのは「お客様目線」

青い香水

サロンに勤める人にとって、香りについて意識を高く持つことはエステティシャンとして大変重要。けれども、それをひとりだけで気を付けていても、意味がありません。自分の身に纏っている香りが不快なものでないかは、自分自身で確認するのは難しいのです。

同じエステサロンの同僚同士などの仲間内で、お互いの香りをきちんと確かめ合いましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。