美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.24

作成:2017.07.20

エステティシャン

エステティシャン必見!空間と雰囲気の創造

癒されたいと願うお客間が多く来店されるエステサロンにおいて、雰囲気づくりは重要です。

では、エステティシャンは、どのような空間づくりをするべきなのでしょうか。

エステサロンはどんな空間にするべきか

基本的に、エステサロンには「日常の疲れを取りたい」「体型を整えたい」と思うお客様が来店されます。

お客様の悩みは十人十色であり、また居心地の良い空間の定義もお客様によって異なります。

お店のコンセプトに沿い、なおかつ清潔感があり、大多数のお客様が不快に思わないことを最低条件として「居心地の良さ」を考えてみましょう。

エステサロンからは生活臭を遠ざけよう

外出をしたあとに、自分のサロンに帰宅し、生活臭がにおったらNG!

まずは消臭を行い、その後にお店のコンセプトや顧客層にあった匂いに変えましょう。せっけんやミントなど清潔感のある匂いにすれば、多くのお客様にも受け入れてもらいやすく、満足度があがるきっかけになるかもしれません。

騒音・雑音にも注意

エステサロンはお客様にとって癒しの空間であるため、周りの音が不快なものだと全く癒されません。サロンのイメージを作るため、ヒーリングミュージックをかけましょう。お客様をリラックスさせ、雑音(スタッフ同士の会話音、電車が通り過ぎる音など)を消してくれる効果もあります。

普段良く聞くJPOPや、そのJPOPのオルゴールが流れているエステサロンがありますが、それらの音楽は日常を感じさせるかもしれません。南国やリゾート地を連想させる音楽の方が、現実を忘れさせる雰囲気づくりに効果があるといえるでしょう。

エステサロンの看板も空間と雰囲気作りの一環

看板は、初見のお客様にとってファーストコンタクトとなるもの。そのため、看板から入りやすい雰囲気を作りましょう。

  • 値段が明記されている
  • デザインがオシャレで清潔感がある
  • 看板を見るだけで、店内の雰囲気がわかる
  • 初めての人でも、安心感を抱ける文言が書かれている
  • パンフレットが設置されていたり、SNSリンクの記載があり、サロンを検索できる

多くの店で、上記のような工夫がされています。看板を置いているエステサロンでは、看板に親しみやすさがあるか、いま一度確認してみましょう。

エステサロンの空間づくりはお客様視点で

エステサロンはお客様が癒されに来る場所ですので、お客様が「居心地が良い」と思う空間にしなければなりません。

また、エステティシャンから見れば清潔でも、お客様からすれば不潔だったり、エステティシャンからすれば静かでも、お客様は雑音が聞こえるかもしれません。エステサロンの空間づくりはお客様視点で行うようにし、ショッピングに出かける際なども、他の店舗にどのような工夫がされているかチェックしてみましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を都道府県から探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。