美容スペシャリストな自分になるために

エステでアザができる理由と対処法、好転反応との違いを大公開


 

エステで施術を受けたあと、ふと腕や足をみると「アザ」になっていたという人もいるでしょう。ここでは、アザができる原因と、対象法について解説します。勘違いされやすい好転反応との違いも一緒にチェックしていきましょう。

エステでアザができる理由

アザの正体である「内出血」は、外部から圧迫されたときに、血管が破けて出血することによって現れます。皮膚に青または紫色のアザとして現れるのが特徴です。では、なぜエステに行くことによって内出血が起こるのかその理由をみていきましょう。

スタッフの技術が足りないから

アザができる理由の一つに、スタッフの痩身スキルが足りないのが挙げられます。内出血が起こりやすい部位は、脂肪が少なくて皮下組織が薄いところ。適切な力以上に圧力をかけてマッサージを行ってしまうと内出血が出てしまうのです。つまり、原因はスタッフの力の入れすぎであるといえます。特にセルライト除去のマッサージは脂肪をひねる動作をするため、皮下組織に負担がかかる恐れがあり、内出血になる可能性も高くなるのです。

 

内出血のリスクを下げるには、マッサージをする際にエステティシャンの手を肌にしっかり密着させることが重要。すると手に入る力が分散され、適切な圧力をかけることができ、内出血が起こりにくくなります。逆に手が密着していないと力が一点に集中してしまい、血管を痛めて内出血のリスクが上がるでしょう。

 

痩身機器を使う場合も、設定を間違えると脂肪をもみほぐす力が強すぎて、広範囲で内出血を引き起こす恐れがあります。

施術を受けた側の体質の問題

体質によってアザが出る場合もあります。例えば、体に老廃物が溜まりすぎると、内出血を起こしやすい状態に。脂肪細胞が大きいと、血管やリンパ管が圧迫されむくみやすくなります。すると血行が悪くなって血管壁が弱まり、血管が切れやすくなるのです。偏食で血管壁が弱くなる場合もあります。他にも、喫煙によって血管が細くなっている場合や筋肉量が少ない場合、身体が冷えている場合なども、アザができやすい状態になっています。

普段から体がむくみやすい、体が冷えやすいという人はアザができやすいので要注意です。

強くマッサージをしたから

スタッフの技術が十分であっても、施術を受ける側の体調が万全であっても、痩身エステのように大きな力を加えてマッサージを行う場合にはアザが出来ることが多々あります。特に、脂肪の塊であるセルライトをつぶすような施術の場合。

 

脂肪が硬くなって、その周りに老廃物がくっついてできているのがセルライト。そのため非常に分解がしにくく、セルライトをつぶす時に周囲の毛細血管が切れてしまうのです。圧力をかけて痩身の効果を高める分、アザもできやすいのですね。

痩身マシンを使用したから

痛みを伴うマッサージではなく、マシンを用いた痩身の場合もアザができやすいのです。エステティシャンのハンドマッサージでは、体の弱い部分は力を弱めてくれますが、マシンの場合はどの部位も当てる力の強さが同じ。

 

ラジオ波の場合、多くの突起がついたヘッドが特徴的。痛みを感じないくらいの圧をかけて体に押し当てるだけで、アザができてしまうことも。

また、セルライトを吸引してもみほぐすような痩身マシンの場合には、ハンドでのマッサージと違って広範囲にアザができてしまうのが特徴的。効果が期待できる分、皮膚に与える力もどうしても強くなってしまうのですね。結婚式などを控えている場合には、1~2週間以上前に施術をするのが良いでしょう。

 

ただ、カッピングという吸引マシンで出来る跡はアザではないため安心してください。施術を行った直後~3日程度は赤い跡が残りますが、アザのように痛みを感じることもなく、比較的すぐに消えてくれるはず。

好転反応とアザの違い


 

好転反応はだるさ・湿疹・筋肉痛など、痩身エステをした後に一時的に起こる体の反応のこと。血流が悪い人や老廃物が溜まっている人に出やすい症状です。体の中にあった毒素をマッサージで押し流したことによって、体に一時的に様々な症状が発生するのです。

 

好転反応のひとつとして、デトックスやリンパの流れを改善するときにプツプツと赤いアザのような湿疹がでます。ただし、内出血と違って血管が切れているわけでもなく痛みもありません。アザの場合は赤黒く肌が変色してしまいますが、好転反応の場合はよく見ると小さな赤い斑点が集まっているだけの状態です。

好転反応の例

赤い湿疹以外にも、マッサージの好転反応として以下のような症状があらわれることがあります。

  • 熱はないのに、頭がぼうっとして体がだるく感じる
  • 眠気が強く、朝も目覚めにくい
  • 腹痛がないのに下痢の症状が出る
  • 汗が出やすくなり、一時的に肌荒れが起こる

湿疹の場合は、赤くて痛みがないのが好転反応。青くて痛みのあるアザが内出血と見分けるようにしましょう。

人によって症状の出方にも大きく差がありますが、大体1週間程度持続し、その後は元の状態に戻ることがほとんど。もちろん、全く好転反応が出ないという人も多くいます。一時的な体調の変化なら問題ないため、心配する必要はまったくありません。逆に、マッサージの効果があらわれていると思ってOK!

 

ただ、マッサージから1か月以上が経つのに症状が続いているような場合には好転反応以外の原因が考えられるので、一度病院に行って検査してもらう必要があるかもしれません。

アザを早く治す方法


 

アザを早く治すには、内出血が起きた部分の炎症を抑えるため、とにかく患部を冷やすことが大切です。冷やすときは、氷などを布にくるんで直接肌を冷やさないようにしましょう。

 

腫れが引いてきたら患部を温めると血行を促進させ、治りを早めます。通常7日~10日ほどで完治しますが、長い人で1ヶ月ほどアザが消えない場合も。長期間治らない場合は、施術を受けたサロンに相談しましょう。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。