美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.06.21

作成:2017.06.20

エステティシャン

エステティシャンはなぜ忙しいのか

忙しくて頭を抱える

業務内容や勤務時間など、エステティシャンは忙しくて大変なお仕事だとも言われます。実際のところはどうなのでしょうか。エステティシャンの裏側をのぞいてみましょう。

エステティシャンはなぜ忙しいの?

エステティシャンは、お客様に対して施術をするだけではありません。

サロンワークといった道具の準備や片付けお手入れなどの裏方の仕事から、お客様に最適な施術をお勧めするためのカウンセリング業務も行っています。さらに、エステプランの契約内容を説明する受付業務など、エステティシャンは多くの作業をこなさなければなりません。

さらに、サロンによっては、長時間労働を強いられる場合もあります。

給与体系においても、経験やスキルに応じた完全歩合制というところもあり、スキルが身についていないうちは、一人前になるために閉店後に練習をしなければならないのです。

労働体系や給与体系は、各サロンによって大きく違いますので、就職の際は自分のスタイルに合ったサロンを探しましょう。

エステで施術を受ける女性

働きやすい環境は自分でつくる

実際にエステティシャンとして勤務を始めたばかりの頃は、その業務内容を激務と感じる人も少なくないようです。しっかりとした知識や技術を身に付けるまでは、どこのサロンでも、さまざまな研修を受けなければなりません。

この研修はサロンの閉店後、深夜まで行われることもあり、少しでも早くスキルを身につけたいと思えば、休日返上で勉強しなければなりません。

慣れるまで最初が大変なのはどの業界でも同じことです。1人前になるまでは大変であることを覚悟して、少しでも早く楽しく仕事ができるようにがんばりましょう。

言われたことだけを日々淡々とこなすのではなく、自ら積極的に動くことによってより自分の働きやすい環境を作ることができるのもエステティシャンです。

自身の力がついていけばキャリアアップし、マネージャーや店長といった責任のあるポジションを与えてもらうことも可能です。

忙しさの中にやりがいを見い出すことがポイント

フェイスエステを受ける

このように聞くと、エステティシャンは忙しくて大変な仕事のようなイメージを持ちますが、一連の仕事の流れをつかむことも可能となります。そして知識や技術を身に付けることでキャリアアップ転職や独立開業を行うことが可能になるのです。

大変だからこそやりがいがあり、日々刺激を受け、成長することができるのです。

Author:美プロ編集部

関連求人を都道府県から探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。