美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.24

作成:2017.07.21

エステティシャン

ワーホリを使ってオーストラリアでエステティシャンになる

人気の国オーストラリアでは、エステティシャンとしてワーホリで働くことができます。オーストラリアでは、ワーホリ中にエステティシャンの技術を身につけることが出来るためオススメの国です。

ワーキングホリデー大人気のオーストラリア

学生同士の話し合い

ワーキングホリデーとは、若者が異国で休暇を過ごしながら働くことが出来る制度を指します。この若者の年齢制限は、国によって異なります。さらにワーキングホリデーの制度が適用されない国もあるため注意が必要です。オーストラリアはワーキングホリデー制度があるため、日本人も多くワーホリ留学をしています。

ワーキングホリデーは略してワーホリと呼ばれています。日本からワーホリに行く人気の国にカナダやオーストラリアがあります。特にオーストラリアは人気の国であり、理由として、オーストラリアのワーホリビザの年齢制限が18歳から35歳と広く設定されていることがあげられます。

2017年に改訂されるまでは、18歳から30歳までが対象年齢となっていましたが、2017年より上限年齢が35歳に引き上げられたと、オーストラリアから公式にアナウンスがありました。これにより、30歳35歳の人もワーホリに挑戦できるチャンスが広がりました。

オーストラリアで通用する資格

オーストラリアでエステティシャンとして働きたい場合、有利になるのはエステティシャンの国家資格です。オーストラリアの国家資格としては、リメディアルマッサージがあります。この資格は、オーストラリアで資格試験に合格したら得られるものではなく、オーストラリア政府が認定した学校や修了コースを卒業することによって資格を得られます。

さらに、エステティシャンの国際資格であるCIDESCO国際資格というものがあります。これは一流のエステティシャンにのみ与えられる、大変難しい国際資格です。このような資格を取れる学校に通う方法もあります。ワーホリでエステティシャンとして働きたい場合には、資格を取っておくと有利です。

ワーホリ中に、無資格でもエステティシャンとして働くこともできます。しかし、研修期間という事で給料が低い場合や、最終的に正規での雇用が望めない場合もあるので注意しましょう。

ワーホリで経験や語学力もアップ

エステティシャンの仕事

ワーホリでエステティシャンのお仕事をすることで、エステティシャンとしての技術を身に着け、経験を積むことができます。今後日本でエステティシャンとして働く場合も、グローバルに対応することができ、その経験は大きな自信となります。さらに、自然に語学力も身につくため、一石二鳥となるでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。