美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.20

作成:2017.07.19

エステティシャン

不器用だと悩むエステティシャンについて

手先が不器用だと悩んでいるエステティシャンもいるのではないでしょうか?

今回は、不器用だと悩むエステティシャンが、気を付けるポイントや不器用をどうとらえるべきかについてご紹介します。

不器用であることはマイナスではないと考える

悩む女性

お客様が満足いく施術とは、どんなものでしょうか?流れるようなマッサージ・適切な圧のかけ方など…人によってさまざまですが、共通していることが一つあります。

それは、お客様のお悩みに合わせて施術を行うことです。

手先が器用・不器用ということではなく、お客様の肌状態やお体の状態を適切に理解し、それに合ったアロマやスキンケアを選んで施術を行うことが、とても大切になります。

そのためには、日々勉強を重ねることはもちろん、自らお客様に働きかけ、お客様の反応を確認し、それに適した癒しを提供するというコミュニケーション能力やバイタリティが必要です。

不器用であることを言い訳にせず、人一倍お客様に向き合い、丁寧に施術をすることによって、器用なエステティシャンよりもお客様に信頼される可能性が高くなります。

不器用なエステティシャンが注意したいポイント

不器用なエステティシャンが、お客様の満足度をアップさせるには、施術以外にも注目すべきです。

例えば、お待ちいただいているお客様にカウンセリングシートをお渡しする際や、施術後にお茶をお出しする際、さらにお会計のおつりのやり取りの際など、のふとした話し方やしぐさをお客様は意外と見ています。そのため、不快に感じるきっかけになることがあります。

お客様に何かお渡ししたり、誘導したりする際には、きちんと顔の表情や手先にも意識を向けたり、接客が雑にならないように注意しましょう。マナー講座などに通って、美しい身のこなしを習得するのも一つの手です。

また、身だしなみも注意したいポイントの一つ。服装は、清潔感のある控えめな印象のファッションがよいでしょう。

サロンで指定がある場合はその条件を守り、サロンの雰囲気とスタッフの雰囲気に統一感を出していくと自然に印象もよくなります。

ヘアスタイルやネイルもシンプルにまとめ、派手すぎないナチュラルな仕上がりになるように心がけましょう。

不器用でも評価の高いエステティシャンになれる

エステ中の女性

不器用だからといって、エステティシャンに向いていないことはありません。むしろ、不器用な場合は、それ故施術スキルやカウンセリング方法など勉強し、努力するので、高い評価を得られる可能性があります。

そのため、不器用であることを言い訳にせず、メリットとして受け止めることで、一流のエステティシャンになるかもしませんよ。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。