美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.24

作成:2017.07.21

エステティシャン

エステティシャンのお客様へのアドバイス

エステティシャンは美のプロフェッショナルとしてお客様に様々な知識やアドバイスを行う必要があります。

しかし、施術には自信があっても知識を伝えたりお客様に合ったアドバイスをしたりするのは苦手というエステティシャンが多くいます。

そんなエステティシャンのために上手にアドバイスする方法や、伝え方などを紹介していきます。

エステティシャンは美のアドバイザー

サロンの待合室

自分よりも年上のお客様を担当する駆け出しのエステティシャンにとって、お客様にアドバイスするのが難しいというのは、ある意味当然のことかもしれません。

けれども、経験と歳を重ねていくことである程度克服される問題でもあります。しかし、お客様にとっては若くても熟練でもお手本とすべきエステティシャンである事に変わりはありません。

特に初めて来店されるお客様は、非常に緊張しています。お客様の方からは何を話したらいいかわからないので、エステティシャンがうまく話を誘導しながら カウンセリングを行う必要があります。

その際心がけたいのは、悩みを共有することです。お客様の悩みやコンプレックスは恥ずかしいことではなく、女性なら誰もが感じることであり、自分もそのために色々と勉強してきたことを伝えていきましょう。

具体的なイメージがわくアドバイスを

アドバイスだからこそ、上から目線にならないような言い方を心がけなくてはいけません。アドバイスを指図と受け止め気を悪くするお客様もいらっしゃるかもしれません。

そもそもアドバイスされるのを好まないお客様もいらっしゃいます。初めは積極的に質問してくるお客様に応えていくことから慣れていくといいでしょう。

唐突にアドバイスするのではなく、お客様の悩みに寄り添い共感した後、その解決への糸口として自分の知っている方法や知識を伝えていきます。知識を押し付けたり悩みの解決方法を強引にやらせようとあいたりするのは厳禁です。

痩身コースのお客様に「どうやったらそんなに痩せられるの」などと尋ねられる事も多いと思います。

「食事制限をしてジムに通っています」と言うより「電車に乗る時は階段を早歩きで登ったり、歩くときは姿勢を気にしながら少しペースを上げて歩くようにしたりしています」など、ハードルの低い方法をアドバイスすれば具体的にイメージを持ってもらうことができます。

そこから話を膨らまし、「人間の体の筋肉は大半が下半身についているため階段の上り下りは思っている以上に脂肪を燃焼させる効果があるんですよ」と言う感じで知識を伝授していきます。

信頼関係があるからこそ成り立つ関係

アドバイスをしている女の人

イメージしやすい身近な具体的な方法を上げることで、その後に説明する学術的な知識がより身近でわかりやすいものに感じてくれます。

アドバイスする際は自分や知人の経験など身近にある日常的な要素を取り入れながら具体的に行っていくことがポイントです。

さらに知識はひけらかすものではないため、さりげなく伝える言い方が大切です。言い方として敬語であることは必須ですが、お客様との信頼関係ができてお客様がたくさん話してくれるようになった場合は、硬い敬語ではなくきれいな話し言葉を意識して、相槌なども喜怒哀楽を込めて入れるようにしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。