美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.04.11

作成:2017.08.18

エステティシャン

ポップで売上UP!? エステサロンのポップの作り方

エステティシャンがお客様にコースや物販の商品をおすすめしたい時、口頭で説明するよりも効果的なのが「ポップ」です。しかし、ただ漠然と作るだけでは商品の良さは伝わりません。お客様の興味を惹くには、どのような書き方をすればいいのでしょうか。

伝えたいことは一つに絞る

welcomeと書いたサボテン
 

サロンで飾るポップの大きさは限られています。せいぜいA3サイズくらいで、複数の商品を紹介する時は邪魔にならないように小さいサイズで作ることも。また、伝えたい魅力はたくさんあっても、すべてを盛り込むとかえって見づらくなります。

 

そのためまずは、商品の魅力をポップの大きさに納まる範囲に絞り込みます。お客様が興味を示すのはどこか、エステティシャンと対話したくなるきっかけはどれか、効果や価格、付加価値、こだわりなどが候補になりますね。しかし、全てを記載してはアピールポイントがわかりづらくなってしまうので、一番伝えたいことはひとつに決めるのがよいでしょう。一番伝えたいことを大きな文字で目立たせ、その他の情報は小さめに書くと、お客様もポップを読みたくなるはずです。

写真・絵を有効に活用することが大切

コースのように文字だけでは魅力が伝わりづらいポップを作るときは、イラストや写真も取り入れて視覚に訴えます。最近ではインターネット上でもフリーのイラストや写真の素材がたくさんあります。既存の写真をそのまま貼り付ければ立体的なポップになるでしょう。

マーカーと筆ペンで手書きしよう

付箋に書かれた文字
 

ポップはパソコンとプリンターがあれば簡単に作れます。けれどもサロンならではの個性を出したり、他店との差別化を図ったりするなら「手書き」が一番です。

用意するのはポップ用のマーカーです。ペン先が角と丸の2種類あると便利です。さらに文字を書くために筆ペンを使います。筆ペンはポップだけでなく、挨拶状を作る時など様々な場面で活躍します。エステティシャンなら使いこなしておきたいところです。

ポップはエステティシャンの個性

ポップはコースや商品の魅力をアピールするだけでなく、お客様とエステティシャンとの橋渡しにもなります。効果的な書き方をすれば話がはずむでしょう。ポイントはお客様の興味を引くように、強調すべき点を厳選することです。文字の大きさや配色を工夫すれば大きなインパクトを与えられます。手作りのポップはサロンやエステティシャンの個性にもなります。丁寧に作ってお客様の購買意欲を促しましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。